Surfaceが水没!コーヒーなどの水濡れ状態の対処法

パソコンを使用したデスクワークをしている際には何かを飲みながら、というのが定番ですよね。いつもだったら、仕事のお供をしてくれるコーヒーという液体が、使用しているSurfaceにかかってしまうと、そこからどうしていいのかわからなくなってしまうかと思います。
Surfaceを使用している際のトラブルの中でも一番焦ってしまうのが、コーヒーなどの飲み物がかかることによる水没です。
水没したSurfaceの中でも一番厄介なのが、液晶とキーボードが一体型になっている「Surface Laptop」です。Surface Proに関してはタイプカバーを使用していることが多いので、分離することができます。

Surface Laptopが水没!データを消さない方法

Surfaceシリーズの中でもSurface Laptopは液晶とキーボードが一体になっている、ノートパソコン型のモデルです。とても使いやすく、薄型軽量ではありますが、その一方でコーヒーなどの液体をこぼしてしまうととても厄介です。薄型であるがゆえに、とても早く液体がSurfaceの本体内部に行き渡ります。そのため、コーヒーや牛乳などの液体をかけてしまった際に最初にすべきはSurface Laptopの電源を落とすということです。

電源を落とすことでSurface本体の故障を防ぐ

なぜSurface Laptopの電源を切らないといけないのか、と疑問に思う方も多いかと思います。基本的に精密機器や家電に関しては水がかかってしまうことによって、電気が正しく流れなくなることによる故障が発生してしまいます。故障の規模を最小限に抑えることができるのが、電源を落とすという行動なのです。

電源を切った後にどうすれば、良いのか?というのが一番知りたいことかと思います。もちろん、様々なSurfaceの使用環境があるので、できるだけ使用環境におけるベストな選択肢をご紹介いたします。

水没したSurface Laptopの修理はマイクロソフトに

水没してしまったSurfaceをまた使いたいと思う方がほとんどだと思います。毎日のように使っていたデバイスなので、そこから何かしらの変化が起きると不便に感じたり、何となく違和感がありますよね。ただし、データのバックアップが取れている場合にはマイクロソフトの公式交換修理サービスの利用を推奨しています。Surfaceの修理難易度は非常に高いため、純正のパーツを提供することができるSurfaceのメーカーであるマイクロソフトに相談されることをお勧めしています。

データのバックアップがUSBや外付けHDDに取ってあるのであれば、本体をわざわざ直す必要はありません。何故かと言うと、一度何かしらの水分がかかってしまったSurface Laptopの内部の水分を100%正確に除去するのは難しいからです。

デメリット:工場出荷時の状態に初期化される

マイクロソフトのSurfaceの交換修理の一番のデメリットは本体交換になるので、データがすべて消去されるということです。そのため、マイクロソフトの公式修理サービスを利用する場合には必ず重要なデータのバックアップを作成してから依頼をしてください。

街中の非正規修理店は水没時には非推奨

水没してしまったSurfaceの修理を街中の非正規修理業者に持ち込むことはお勧めしません。データのバックアップがないから、データをそのままに修理することができるかもしれない!と考えて非正規修理に持ち込むことで、データが消えてしまう可能性があります。

デメリット:データが消えてしまう可能性も

なぜならば、水没をしたパソコン内部での浸水の仕方は千差万別です。コーヒーをこぼしたSurfaceの本体修理に成功した!と情報公開しているブログがあったとしても、ご自身の今の状況と同じかどうかは、Surface Laptopを開けてみないとわかりません。ショートしてしまって基盤が損傷している場合もあります。そのため、Surface Laptopが水没した際に重要なデータを取り出したい!とお考えの場合には非正規修理業者はおすすめできません。

水没したSurface Laptopのデータ復旧はデータ専門業者へ

Surfaceシリーズの本体修理難易度が高いことはすでにご説明いたしましたが、データ復旧はさらに難易度が高いです。これまでのパソコンであれば、HDDに発生した障害をソフトを使用して主にはデータ復旧をしていましたが、Surface Laptopに関しては基板(マザーボード)の回路修復も必要になってきます。
そのため、高い技術を持った事業者に依頼することができれば、高い確率でデータを取り戻すことができるのです。

デメリット:本体の新規購入が必要

Surface Laptopを一時的に動くように回復させ、データを取り出すので本体としての長期使用をすることは難しいです。また、データ復旧業者のほとんどが本体の長期使用を保証していません。そのため、新しくSurfaceないしはWindowsが動くパソコンの購入が必要になります。

Surface Proのキーボードにコーヒーをこぼしてしまった場合の対処

Surface Proシリーズのユーザーの方々の多くはタイプカバーを使用しているかと思いますが、基本的にはタイプカバーにコーヒー等の液体をかけてしまった場合の対処は拭き取りと乾燥をすることくらいしかありません。水道水で洗浄して、日陰干しをするということも可能かとは思いますが、それらを行って正常に動作するようにならない場合には買い替えがおすすめです。

Surface Pro7には防水機能があるけど、油断禁物

SurfaceProシリーズの中でもSurface Pro7には防水機能がありますが、完全防水ではないので、十分な注意が必要です。また、純正キーボードに関してはタイプカバーを使用しての接続になりますが、タイプカバーの修理はマイクロソフトでも非正規の修理業者でも対応していません。

Surfaceを水没させてしまった際の対処まとめ

Repairs編集部では本体交換をするのであれば、Surfaceを水没してしまった際にはデータのバックアップを作成済みである場合にはマイクロソフトの公式サポートを受けることをお勧めします。また、重要なデータのバックアップが作成できていない場合にはデータ復旧専門業者への依頼を推奨します。重要なデータが特になく、マイクロソフトの公式サポート対象外のSurfaceのモデルを使用されている場合には、新しいサーフェスもしくは、WindowsPCの新規ご購入をお勧めします。

水没したSurfaceのデータ復旧ならDATASMARTへ

日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。姉妹サービスのSMARTFIXではAndroid修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

Surface(サーフェス)のWindowsが起動しない

普段通りに使っているSurface(サーフェス)が起動しなくなったり、くるくるとローディングの表示が続く画面になってしまって困った!という時にどのように対処するのが良いのでしょうか?電源がつかない、電源が入らない状況に関して考えられる原因とその対処方法をまとめます。まずはこのページで解説したように対処してみてください。実際に分解をしたことがある私がご紹介します!

Surfaceが起動しない・・・対処法まとめ

Surfaceが起動しない、電源が入らない状態の方はMicrosoftの公式のヘルプページをご覧になったかと思います。この場合には電源系統のトラブル、ソフトウェア的なトラブル、もしくは液晶のトラブルが考えられます。結論から言えば、基本的に以下の内容を試しても起動しない場合、マザーボードなどの重要な部品に不具合が発生してしまっています。そのため、データが重要でなければ真っ先にMicrosoftの公式サポートに問い合わせされることを推奨します。

このページの対象モデル

このページの内容はSurfaceシリーズの全モデルに対応しています。以下のモデルです。
モデル:Proシリーズ、Surface Book、Surface Laptop、Surface Go

Windowsが起動しない場合

この場合に関しては「強制再起動」が有効です。調査してみたところSurfaceProシリーズ以外のモデルのSurfaceBookやRT等でも対処方法として使えることがわかりました。そして、この強制再起動を行う前に確認していただきたいのが、電池の充電がない場合や、電源ケーブルと接続が正確にされていない場合があります。

まずは電源アダプターをしっかり挿す

電源アダプターが刺さってないことで給電されず、充電がなくなって電源が入らない、もしくは起動しないというケースはよくあります。ケアレスミスですが、これでわざわざサポートセンターに問い合わせたり、パソコン修理屋さんに問い合わせるとかなり恥ずかしい思いをするので、これだけは自分でやっおきたいですね。

強制再起動を試してみる

電源をさしてみても何も変わらない場合には次のステップとして、強制再起動をしてみてください。強制再起動のやり方は下記の4つのステップですぐにできるものなので、ご覧ください。

  • ①電源ボタンを30秒長押しします。
  • ②ボリュームアップキーと電源ボタンを同時に15秒長押しします。
  • ③ボタンから指を離してから10秒程度待ちます
  • ④電源ボタンを再度押してください。

おおよその問題は強制再起動で解決する可能性が高いです。これにより、メモリ情報やソフト的な不具合をリフレッシュします。起動したからと言って油断しないでください!データのバックアップを取得してない方はバックアップを作ってください。いつまた同じような状況になるかはわかりません。

これでも起動しない場合にはマザーボードが壊れてしまっている可能性があります。その際の対処方法としてはデータがある場合は迷わずマイクロソフトに修理(交換)依頼をしてください。データのバックアップを取得してない場合には非正規修理店でデータ復旧サービスを提供している会社に相談されることをオススメします。

参考:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

通電しているかチェック

アダプターの接着部分を綺麗にして装着してみても給電が始まらなければもしかすると電源部分ではなく、バッテリーの劣化の可能性があります。Surfaceのバッテリーの寿命に関してはスマホとあまり変わらないので、2、3年くらいと言ったところでしょうか。Surface等のパソコンの方が急激に稼働処理をさせたりしてしまうと劣化がかなりのペースで進みます。

パソコンの場合は充電をこまめにすることもあるからかそんなに劣化しないイメージがありますが、Surfaceの構造上、バッテリーの劣化によってダメになってしまう可能性が高いです。この場合にデータのバックアップが取得済みの場合はメーカーであるMicrosoftでの電池交換サービスを受けることをオススメします。

くるくるなる・ローディング画面になる

「デスクトップ画面までは起動しても、アイコンが表出されず、カーソルがぐるぐる回っている」状態はシステム・ソフトウェアの問題です。これには特に名称はないので、どのように検索していいか原因の特定も含めてとても難しいです。アプリの立ち上げなのか、操作中に突然なるのかによって原因が異なりますが、基本的にはSurfaceを初期化をすることで改善する可能性があります。ただし、先ほども書かせていただいたように絶対になんとかなるという訳ではないので、ご注意ください。また、データが重要である場合には絶対に初期化はしないでください。

データの紛失は高額な費用がかかってしまうか、全くデータが手に入らなくなるリスクがあります。データ復旧サービスに関してはモデルにもよりますが、マザーボードリペアに強い業者を選ぶことが重要です。ただ、どこが良いかは一般人ではわかりません。パソコン修理屋さんでもわからないところが多いです。

Microsoftの公式修理が基本的におすすめ

データのバックアップが取れているのであれば、メーカーでの公式修理が一番おすすめです。ただし購入したSurfaceの金額にもよって来ますが、基本的にはメーカーに修理依頼することをオススメします。Microsoftへの交換修理の依頼方法はこちらを参考にしてください。Pro3等の比較的古いモデルに関しては場合によってはPro4になったりする可能性もあるので、まずはメーカーに問い合わせることを推奨します。
関連記事:SurfaceProを修理!Microsoft(正規)への依頼方法、値段と注意点

Surfaceのデータが重要!バックアップがない場合

データのバックアップがないSurfaceの電源が入らなくなってしまったり、起動しなくなった時に一番困るのはデータが取り出せるかどうかです。パソコンがどうであれ、データさえ取り出せれば最悪お金を払えば新しい端末が手に入って、データをクラウド等から再度ダウンロードするかクラウドを通して使用すれば良いのです。しかし、データのバックアップ設定ができてない時に限って電源が入らなくなったりしますよね。。ぜひこちらの関連記事をご覧になってください。
関連:故障したSurface Proからデータ復旧・救出!重要なデータを取り出したい

バッテリー交換が難しいと思ったら買い替えも

Surface Pro3などすでにメーカー修理受付が終了したものが出てきています。また、Microsoft Completeに加入してない場合もあるかと思います。そうした場合にはバッテリーの交換ではなく、新品の購入を検討されても良いかもしれません。新規購入をされる際に、短期間で壊してしまったという場合にはMicrosoft Completeへの加入も検討をしてみてはいかがでしょうか。

参考:Surfaceのおすすめモデルまとめ!Microsoft Completeに入るべき?

まとめ

起動しない場合は液晶にエラー等、原因のヒントとなるような情報が出て来ません。それに対して街中のパソコン修理屋さんに依頼をすると分解費用がかかってくる可能性が高いです。実際に問い合わせてみた方が確実ですが、そうなってくるとお金はかかるけど、良い結果に繋がらない場合があります。Surfaceのデータが重要でなければ、メーカーにまずはお問い合わせすることが最適ですので、そちらをオススメします。

起動しないSurfaceのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
日本橋(東京)でSurface修理サービスを展開しているDATASMARTをオススメします。
パソコンよりも細かい部品を使用しているAndroid修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっているSMARTFIXから派生したデータ復旧サービスです。スマートフォンの修理で培った修理技術を他に転用し、Surfaceをはじめとした最新デバイスのデータ復旧サービスを提供しています。全国対応しているので東京以外の方も郵送でのSurfaceのデータ復旧も可能です。詳しくはこちらからご確認ください。

DATASMART店舗案内

営業時間:平日9:00~18:00
電話番号:050-1744-5752
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋小舟町8-6

トップへ戻る