Surfaceの画面がつかない!真っ暗で映らない場合の対処まとめ

いつも通り使っていたSurfaceの画面がつかなくなった、ディスプレイが何も映さなくなってしまってお困りかと思います。SurfaceはこれまでのWindowsのパソコンの中でもかなり薄く設計されているタブレット型のモデルの新しいPCです。最大の長所でもあり、短所にもなり得るのが、この薄さでのタッチパネルとなっている液晶ですね・・・。このページでは画面が真っ暗になってしまったトラブルの解決方法を解説いたします。

このページで紹介しているのは以下のトラブルの解決方法です。

  • サーフェスの画面が真っ暗になった
  • surface proの外部ディスプレイが映らない
  • サーフェス 画面つかない

まずは画面が真っ暗になったSurfaceを強制再起動

画面がつかなくなった時にまず試すのは強制再起動です。Surfaceでトラブルになった時にとりあえず強制再起動を試してみて、立ち上がるかどうかを試す必要があります。

強制再起動の方法

①Surfaceの電源ボタンを30秒間長押し→②ボリュームアップキー+電源ボタンを15秒間長押し→③ボタンから指を離して10秒間待つ→④電源ボタンを再度押すことで強制再起動をすることができます。これでも画面が暗いままで解決できない場合には外付けモニターを試してみましょう。
参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

外部ディスプレイモニターをSurfaceに接続

自宅に外付けモニターがある場合には外部ディスプレイに接続してみてください。それによって、液晶が壊れているのか、液晶出力系のマザーボードの故障なのか、ソフトウェアの問題なのか障害の切り分けができます。Surfaceのモデルによって使用できる端子が異なるので、こちらの対応表を参考にまだ外付けをお持ちでない場合にはご確認ください。

surface pro 外部ディスプレイ 映らない

また、外部ディスプレイを使用してこれまでデュアルディスプレイ環境でSurfaceを使用していた場合に外部ディスプレイが壊れてしまった場合もあるかと思いますが、その場合には外部の液晶モニターが故障したか、Surfaceの外部出力ポートが壊れているか基板系統の故障が原因であることが考えられます。この場合は物理的な故障である可能性が高いので、新規に外付け液晶モニターを購入する必要がある必要があります。

お使いの Surface デバイス デイジー チェーンのサポート 外部ディスプレイ/オーディオ出力ポート
Surface Pro Mini DisplayPort
Surface Studio
Surface Laptop
Surface Book
Surface Book 2 USB-C
Surface Studio 2
Surface Go
Surface 3 X Mini DisplayPort

Surfaceのソフトウェアトラブルの場合、外付け液晶モニターに外部出力してもディスプレイに何も映らないです。また、マザーボード(基板)上の電源系統のチップが故障している場合に関しても正しく液晶に出力されないので、液晶交換をしてもトラブルを解決することはできません。

外部ディスプレイでの出力・強制再起動を試してダメな場合

Surfaceに入っているデータが重要であるとすると、データ復旧サービスの利用を検討することをお勧めします。フリーソフト等を利用できる状態ではないので、分解して基板上のトラブルなのか、どこが問題なのかを調査することでデータが取り出すことが可能です。それなりに費用がかかってくるので、データのバックアップがあるという方は新規購入をお勧めします。
参考:故障したSurface Proからデータ復旧・救出!重要なデータを取り出したい

新規でSurfaceを購入するなら

Repairs編集部で最新のSurfaceを含めた、使い方に応じたおすすめのモデルをまとめたので、ご紹介しています。データのバックアップは手元にある!もしくはデータはそこまで重要ではない!という場合に5年以上サーフェスを使っている方で、これからもSurfaceを使い続ける!という方はぜひ一度ご覧になってください。
関連:Surfaceのおすすめモデルの選び方!購入時にMicrosoft Completeに入るべき?

Surfaceがバックアップから復元できない場合

データのバックアップがまだ作成されてない場合には基本的に修理屋さんに持ち込むのはデータ紛失リスクが高いです。液晶の交換をすれば確実に治る!ということが判明しているのであれば、街中の修理屋さんに持ち込んでも良いかもしれません。しかし、外部ディスプレイでの出力を行っても表示されない場合にはSurfaceの修理屋さんには対応することは難しいので、データ復旧専門業者に依頼することをおすすめします。

本体の寿命やマイクロソフトの公式サポートから外れてしまう古いモデルのSurfaceなどはこの機会に買い替えた方が長期的には良い可能性が高いです。

まとめ

Surfaceの画面がつかなくなってブラックアウト・・・急なトラブルは困りますよね。しかし、強制再起動をしておけばまずはファーストアクションとしては間違いない!ということと、外付けモニターを試すことができれば、もしかしたらSurface自体の液晶が経年劣化で損傷しているという可能性があります。これを機会に液晶を交換購入してみてもいいかも、という場合には液晶交換に出してみてください。特にデータのバックアップを作成済みの場合にはMicrosoftへの修理依頼をされることをおすすめします。

Surfaceからのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課佐々木成三氏推薦
Surfaceからのデータ取り出しならDATASMARTがおすすめです。特にブラックアウトしてしまって、外部ディスプレイでも映らない場合には基板修理を行いデータを取り出す必要があります。そこで日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTに無料相談してみてはいかがでしょうか。
埼玉県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

Surfaceのキーボード修理!故障・壊れた場合の交換方法

Surfaceのキーボードが壊れてしまった。動作がおかしくなって困りますよね。特に仕事で利用される機会が増えてくると思います。会社で新しいパソコンをSurfaceにするなんて話も聞きますし、カフェ等で作業をしている方。営業の方は嫌がったりするようですが、、なんとなく気持ちはわかります。


おかしい?打てない?Surfaceのキーボードの不調

実はSurfaceってパソコンのようなタブレットなんです。新しいコンセプトのパソコンで、キーボードと液晶が別売りになっています。
そして、キーボードではなく、タイプカバーと呼ばれています。これもまた新しいですね。そのため、基本的にはタイプカバーでタイピングが可能なモデルは修理ではなく、新しいタイプカバーの購入をオススメします。

タイプカバーの修理はできるの?できないの?

残念ながら、タイプカバーの修理をすることはできません。タイプカバーが反応しない・・・困ったという場合には家電量販店かECサイトで新規購入しましょう。タイプカバーの値段も1万円台なので出費には変わりありませんが、消耗品ですので新規購入で対応されることをおすすめします。

Surface Laptopはキーボード修理はマイクロソフトの公式サポート

Laptopモデルに関してはMicrosoftに問い合わせが必要です。また、surface laptopはキーボードと液晶が一体になっているので、タイプカバーではない一般的なノートPCと同じ構造になります。そのためキーボード部分だけ交換修理ができれば良いのですが、キーボードの修理が可能なのはマイクロソフトの公式サポートしか存在しません。
キーボード以外の修理も難易度が高いSurfaceの修理。実はバッテリーの交換も非常に困難です。これに関しては別のページにまとめていますのでご覧ください。

関連:電池持ちが悪い?Surfaceのバッテリー交換方法・費用まとめ!

公式サーフェス修理のデメリット

マイクロソフトの公式修理のデメリットとしては初期化されてしまうことが最大のデメリットではないでしょうか。本体交換修理になるためデータのバックアップがない場合にはすべてのデータが消えてしまいます。本体交換修理はリファビッシュ品とキーボードが壊れたサーフェスと交換になります。

修理ではなくタイプカバーの買い替え可能なモデル

Surface book、Surface Pro、Surface Goはタイプカバーが購入時にセットで付いてくるものなので、キーボードを修理しようとしたらボロボロになってしまいます。そのため、買い替え交換を行う必要があります。

買い替えするなら家電量販店かAmazon、楽天で

壊れてしまった場合の購入は買い物に行く時間がなければAmazonや楽天で買うのが良いのではないでしょうか。
Surface3には使えてもPro3には使えない場合があるので、タイプカバーのサイズが異なる場合や世代が異なる場合には注意しましょう。
不安な方はヨドバシカメラやビッグカメラの家電量販店に行って、店員さんに教えてもらって購入されることをオススメします。

まとめ

Surfaceのキーボードが壊れてしまった時の対処はモデルごとに異なります。Surfacelaptopの場合には基本的にはメーカーにまずは問い合わせて交換修理、SurfaceProやSurfacebookなどのモデルの場合にはタイプカバーを新規購入されることで今まで通りにタイピングができるようになります。メーカー公式修理に依頼に出す際にはくれぐれもデータのバックアップは確実に作成してください。

【SurfacePro修理】費用や依頼方法、Microsoftの電話番号

Surfaceの修理はやっぱりメーカー修理が安心、という方のために依頼方法と修理前の注意点をまとめました。一番問題になるのが「データが消えてしまうこと」です。データのバックアップさえしっかりと取っていれば、問題なく修理に出すこともできますし、そのデータを利用して他のPCで作業するなんてことも可能ですよね。

このページではMicrosoftへの修理依頼方法と修理にかかる費用や依頼前に気になる点をまとめました。

Microsoft社の公式Surface修理サポート

故障や不具合を抱えたsurfaceをマイクロソフト社に修理に出す方法を紹介致します。基本的には公式修理を利用される事をおすすめします。液晶が破損して全く映らない場合やデータがどうしても諦めたくなくて何とかしたいという要望をお持ちの方以外は公式サポートではデータが消去されてしまうので、注意が必要です。

Surfaceの公式修理ではデータが消されてしまう

メーカー公式のサーフェス修理においては交換修理となります。部品交換修理でなく、本体やデータが記録されているSSDに関しても交換になりますので、注意が必要です。逆に言うとデメリットとしてはデータが消えてしまう点が大きいのではないでしょうか。

Surface Pro 4やPro5を完璧に直すなら

Surface Pro4やPro5などProシリーズのサーフェスは構造上修理メンテナンス性がとても低いです。そのため、メーカーでも修理をするわけではなく、新品(再生品である可能性が高い)に交換する対応を取られます。Surfaceにおいて修理をして正常に動作するようにするにはMicrosoftの整備品との交換修理サービスを利用することが必要です。

Surfaceの整備済み品(リファビッシュ品)ってどうなの?

Microsoftのサーフェス修理サービスを利用するとリファビッシュ品(整備済み品)との交換修理となります。リファビッシュ品はメーカー基準の動作確認を経た、正常に動作をし、部品も綺麗なものとなります。そのため、完全なる新品ではないので、どうしても新品が良い、もしくは自分がこれまで使っていたものが良いという方にはお勧めできません。

Surfaceの構造はPCじゃない、タブレットだ!

surfaceは非常に複雑な構造をしています。薄型化したことにより、通常のパソコンとは造りが完全に異なっており、ほとんどiPadなどのタブレットと同じような構造をしています。そのため、純正のパーツと正規エンジニアが交換修理を行う公式修理を利用するメリットが大きいのでオススメです。ただし、修理依頼前にデータのバックアップや移行作業は自分自身で行う必要があります。修理を依頼する前にデータのバックアップを必ず行ってください。

気になるSurface修理費用!Surface Pro修理料金表

何かが壊れたらやっぱりメーカー修理ですよね。Microsoft Completeを持っていなくても保証外で下記の料金にて修理を依頼することは可能です。Pro3以外はそれなりに料金が安くなっていますが、本体の代金はそもそもかなり高額なので、適正なのかもしれません。

製品名 料金(税別)
Surface Pro 7 54,157円
Surface Pro 6 54,157円
Surface Pro 5 54,157円
Surface Pro 4 72,090円
Surface Pro 3 修理サービス終了

参考(公式サイト):Surface デバイスやアクセサリの保証期間外のサービス コストはどれくらいですか?

繰り返しにはなりますが、修理ではなくリファビッシュ品(再生品)との交換になります。古いSurfaceに関しては在庫も少なく、交換する料金が高くなっている可能性があります。メーカーとしても修理にかかる時間を考慮すると修理が完了した整備品を交換端末として提供することでスムーズな対応を心がけているのだと思います。

サーフェスの修理、できれば便利な電話で依頼したいですよね。しかしながら、マイクロソフトはパートナー企業への電話番号は公開していますが、個人の方には電話番号は公開していません。そのためまずはオンラインでの問い合わせをすることになります。
公式:マイクロソフトサポートページ

Surface修理を安く抑えたいなら、メーカー以外の修理専門店へ

ここで料金が気になってしまって、少しでも安くしたい、もしくは再生品は嫌だ!という方は街中の非正規修理店への持ち込み修理をオススメします。その時に選ぶポイントとしては、即日修理ができるか、データがそのままで修理ができるか、です。

純正のパーツというのは、公認の修理店でしか提供することはできませんが、日本国内にそのようなサービスを提供できるプロバイダーはいません。
参考記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

Microsoftによる公式修理依頼の準備と依頼方法

1. Surfaceのデータをバックアップして下さい。(バックアップ方法はこちらを確認して下さい。
[スタート]​ ボタンを選択→[設定] →[更新とセキュリティ] →[バックアップ] →[ドライブの追加] の順に選んで、バックアップ用の外部HDDまたはネットワークの場所を指定してください。

これで1 時間ごとにユーザー フォルダー (C:\Users\username) 内のすべてのデータがバックアップされます。 バックアップするファイルやデータバックアップを実行する頻度を変更するには、[その他のオプション]から変更することが可能です。

参考(外部サイト):Microsoft official

2.修理依頼のSurfaceを「デバイス サービスと修理」にこちらから登録して下さい。

「デバイス サービスと修理」を登録するためには、マイクロソフトアカウントが必要となります。まだアカウントを登録されていない方はこちらよりアカウント登録を済ませて下さい。https://login.live.com/

surfaceを修理を出す際には、シリアルの確認が必要となりますので、必ず確認して下さい。確認方法はこちらをご覧ください。https://goo.gl/zdjo6h

3. 修理依頼する Surfaceは特に指定が無ければ、付属品は全て取り外してから梱包・発送して下さい。

【依頼前の注意点】Microsoftの公式サーフェス修理

・基本的に交換対応となるので、データは全て消去されます。バックアップを必ず作成してください。

・Surfaceカバーや充電アダプター、SDカード、SIMカード、保護フィルムなどを取り外せているかのチェックを必ず行いましょう。

・マイクロソフトのアカウント名は必ず本名で登録して下さい。

・ surface修理は基本的にクレジットカード決済となりますので、カード情報も必ず誤りの無いように登録して下さい。

最終的なSurfaceの修理依頼方法

1.「デバイス サービスと修理」にアクセスして下さい。(https://goo.gl/dKtv7P

2.マイクロソフトアカウントでサインインして下さい。

3.画面に表示される指示通りに情報を入力して下さい。

4.入力完了後に修理にかかる費用や契約内容などが表示されますので、確認して了承して下さい。

了承すると決算が完了し、クレジットカード払い処理されます。決算方法はクレジットカードのみとなります。

5.手続きが完了しましたら、 surfaceをしっかり梱包して指定の送り先へ発送して下さい。

Microsoftへ発送前の最終チェック!

発送する前に、もう一度 surface本体のみが梱包されているかチェックしてから送って下さい。

もし、修理品以外が混入していても、紛失に対してマイクロソフト社は一切責任を負いません。修理期間は修理内容や混雑状況によって変動しますが、目安として修理センター到着後1~2週間を想定しておくと良いでしょう。また、officeのプロダクトキーが再発行されますので必ず印刷するかメモを取ってください。

これ以降、購入時に使用されていたofficeのプロダクトキーは使えなくなります。

起動しない・電源が入らない場合

起動しなくなってしまったという方はまずは「強制再起動」を試してみてください。特にデータが重要だという場合には再起動した際に急いでデータのバックアップを作成してください。以下のページに記載されている方法で起動しない場合にデータの復旧ができないということであれば、街中の非正規修理店に持ち込むことをオススメします。非正規修理の注意点等は追ってご紹介いたします。
関連:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

モデルによっては修理受付が終了

Surfaceはタイプやモデルによって修理サービスが終了している場合があります。この場合にも非正規修理がオススメとなります。

データが初期化されてしまう

修理作業にあたっては、サーフェスに入っているデータは消去されてしまいます。またこれまで自分で触っていたものと別のものに交換されます。基本的に提供される修理サービスは交換対応ということです。そのため、データの取り出しや救出はメーカーでは行っていません。データが重要な方はこちらのページをご覧ください。
関連記事:故障したSurfaceからデータ復旧!大事なデータを取り出したい

非公式修理をおすすめできるケース

なんとか修理料金を安く抑えたい、もしくは即日で修理を完了したい!という場合には街中の非正規修理店に持ち込むのをオススメします。また、データがとても大切で仕事で使っている、という場合に関してはデータ復旧サービスの利用をオススメします。

メーカーでの修理は基本的には郵送での対応ですので、即日はできません。さらに、基本的には修理というよりは本体交換になりますので、データは返ってきません。安価に抑えたい、スピードが大事、データも大事という場合には下記の関連記事をご覧ください。
関連記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

公式surface修理に関してのまとめ

無事にMicrosoftへの修理依頼ができていると嬉しいです。データのバックアップが取れていなくて、起動しないという場合にはメーカーに修理を依頼すると消去されてしまいます。それ以外の修理は基本的にはメーカー修理をオススメします。

Surfaceでのトラブル・故障の対処法

Surfaceのトラブルはそんなに何度も体験するものではないはずなので、焦らずに対応することがとても大切です。まずは保証が効くかどうかをしっかりと確認しながらメーカー修理への依頼をしてみてください。まず何か問題が発生した場合にするべきなのは「強制再起動」です。これをやってどうにもならない時に、データが重要でない場合には、新しく買い換えた方が良いと思います。

参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

Surface修理なら

【PR】日本橋(東京)でSurface修理サービスを展開しているSMARTFIXをオススメします。Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっているなど、デバイスサポートをする環境に関しても配慮しているサービスです。スマートフォンの修理で培った修理技術を他に転用し、Surfaceのデータ復旧、取り出し、データ移行サービスを行っています。

店舗案内

SMARTFIX日本橋
営業時間:平日10:00~19:30
電話番号:050-1467-1977
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2−1 新商日本橋ビル5F


おすすめのサーフェイスは?選び方

Repairs編集部で考えているのは、Microsoftのサーフェスの公式修理料金は非常に安いというところです。安いというよりはリーズナブルとでも言うのが適切でしょうか。また、中古で購入するのも使い方によっては「アリ」な選択肢です。しかし、中古だとまた同じ目に遭うのでは?と思う方がいるかと思います。
バッテリー内蔵型のデメリットがどの程度の劣化をしているかわからないということです。そのため、基本的にはSurfaceを購入するには新品で購入するのがおすすめです。よかったらチェックしてみてください!
関連:Surfaceのおすすめモデルの選び方!元パソコン修理屋が厳選

Surface修理:東京都内のおすすめの店舗と費用・見積もり

東京都内でsurfaceの画面が割れてしまって修理をしたい!こんな時にマイクロソフトによる公式メーカー修理と街の修理屋さんという修理依頼の方法があります。地方には店舗が少なかったりしますが、東京には修理店が数多くあります。

Surface修理に関しては、公式修理でなければ対応出来ない修理や本体交換になる修理が多いですが、実は画面割れ修理の場合は、街の修理屋さんの方がお得になる事が多々あります。今回は、皆さんがお得に修理出来る様に、街の修理屋さんのsurface画面割れ修理をご紹介いたします。

Surface画面割れ修理は街の修理屋さんとメーカーどう違うの?

修理を依頼される際に皆さんが気になるのは次の3点だと考えられます。

・修理にかかる費用

・修理にかかる期間

・修理後の中のデータ

街中のSurface修理屋さんであれば、この3点を全て解決できます!

修理にかかる費用が安い

Surface公式修理は使用するパーツが純正(メーカー工場から出荷した)の物のみなので、本体交換もしくは非常に高価なパーツとの交換になります。一方で、街の修理屋さんは互換性のある非純正パーツを使う為、価格を抑える事ができます。

非純正と聞くと不安になられるかと思いますが、修理業者にもよりますが、非常に品質の高いパーツを使用しているので安心して下さい。また、パーツに一定期間保証を付けている業者もあるので、万が一の場合も保証期間内であれば無料で交換してくれます。少しでも安く、データをそのままに修理をしたいという方は、街のSurface修理屋さんをお勧めします。

参考記事:Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

Surfaceの即日修理が可能

マイクロソフトに公式修理を依頼される際は、基本的に修理センターに発送、マイクロソフトのエンジニアが診断、見積り、それからようやく作業開始となります。その為、最短でも2営業日程かかり、混雑具合によっては2週間近く掛かる場合もあります。

しかし、街の修理屋さんのsurface画面交換であれば、当日の受け取りも可能ですので、午前中預けて午後に受け取りなんてことも出来てしまいます。時間の面では、街の修理屋さんが圧倒的にメリットが大きいと言えるでしょう。

マイクロソフト公式修理に依頼して、お手元に戻るまでの時間を比較すると、街の修理屋さんの方が最大10日前後早い場合もあるので、画面割れ修理を早く済ませたい方は街の修理屋さんをお勧めいたします。

参考記事:Surfaceが壊れた!Microsoft(正規)に修理依頼方法、値段と注意点

街中の修理屋さんの場合、データを残して修理が可能

公式修理との最大の違いは、このデータの扱い方にあります。公式修理は端末内の個人情報の管理方法をユーザー個人に任せており、修理をする際は必ず初期化を行いデータを消してから作業に入ります。もしくは本体交換になるので、完全に新品になって返って来ます。

そのためバックアップは必須となり、修理後も復元作業を要するなど、機械に詳しい方でないと少々面倒であります。しかし、街の修理屋さんは壊れたパーツのみを交換するので、データには一切触りません!つまり、そのままの状態で作業ができるので、バックアップが仮に取れていなくてもデータを救えます。

また、面倒な復元作業も一切必要ないので、受取後にすぐお使えになりれます。この利点は非常に大きいので、REPIRS編集部がお勧めする理由でもあります。データの復元作業も時間が掛かるので、手間を考えても街の修理屋さんの方がメリットが大きいです。

参考記事(外部サイト):surface修理後のデータ復元方法

以上の3点の大きなメリットがありますので、画面割れであれば街の修理屋さんをオススメします。

東京都内のおすすめの街の修理屋さん

surface修理は非常に高度な技術を要します。値段のみで決めてしますと、上記の三つのメリットがあっても修理が失敗して台無しにされてしまう事もあります。そうならないためにもRepairs編集部が独自の目線で厳選した都内のSurface修理屋さんを紹介しますので、参考にして下さい。

SMARTFIX東京日本橋・神田店

SMARTFIXオフィシャルサイト

surface修理からMac修理まで幅広く可能で、技術力に定評があります。東京都内では新日本橋駅の近くに店舗を構えています。修理風景もブログで公開されていますので、そちらでも修理技術を確認できます。

データ復旧などにも対応できるので、起動しなくなってしまった症状でも対応ができるようです。宅配修理依頼も受け付けているので、遠方の方にも対応が可能です。Surfaceの画面割れ修理にも即日対応できるので、お勧めの修理業者と言えます。Googleレビューも高評価を得ていますので、利用者からの支持も厚いです。

Surface画面料金修理(目安):55,000円~

HP  公式サイト

タブレットまっくす代々木駅前店

タブレットまっくす

タブレットまっくすは元々スマートまっくすというスマホ修理店から派生したブランドです。ブログでも細かく実際の修理事例を公開しています。東京都内には他にも銀座に店舗を構えているので新橋等のオフィス街の方にはおすすめです。

ハンダ付けの技術力が高く、物理故障に特化した修理屋さんですので、安心して相談することができます。関西側でお店を探しているのであれば、問い合わせてみることをオススメします。

Surface画面料金修理(目安):39,800円~

HP  公式サイト

surface修理王渋谷店

スマートフォン修理を中心に全国展開しているスマホ修理王が提供しているsurface版の修理屋さんです。対応店舗は都内では4渋谷、上野で来店修理を受け付けており、その他地域でも宅配修理受付を行っています。画面割れ以外には水没修理にも対応しているので、お困りの方は問い合わせてみるといいでしょう。

年間12,000件の修理実績があるようなので、経験豊富なスタッフが在籍していう事が予測されます。「surface修理王 評判」と検索結果に出て来るくらいなので、評判を気にしている人は多いのかもしれません。

Surface画面料金修理(目安):40,000円~

HP: 公式サイト

全国に受付窓口があるSurface修理店

パソコンドック24新宿店

全国展開をしているパソコン修理店です。

多くのパソコン修理を経験していますので、surface修理の経験も豊富です。Surface修理の特設ページも用意されていて、画面割れの他にも水没復旧やSSD交換などのカスタマイズ修理も可能である事が分かります。

全国に支店があるのでお気軽に来店が可能である点と規模の大きな修理屋さんという安心感もあります。

全店舗ではないですが、即日修理対応も可能です。

surface画面交換修理(目安):40,000円~

HP :公式サイト

まとめ

surface修理で画面割れ修理に関しては、東京都内の修理屋さんに依頼される事に大きなメリットがある事を紹介しました。

費用、時間、データと利用者には嬉しい大きな利点であると思います。公式修理に依頼するのも一つの手ですが、街の修理屋さんと比べてから依頼する事をお勧め致します。その際に、お勧めの修理業者に挙げた4店舗を中心に考えて頂ければ間違いないかと思います。REPAIRS編集部は今後も有益な情報を随時公開致しますのでご期待下さい。

修理代金が高いと思ったら買い替えも

Surfaceの修理はあくまでも手段であると思います。最近は中古のSurfaceも安くなってきていますし、新モデルのSurfaceも発売しているので、データのバックアップがあり、必要でなければ新規購入をしても良いかもしれません。Surfaceの購入を検討される場合には最新のモデル含め、使い方・使う方に応じたおすすめできるSurfaceをまとめましたので、参考までにご覧ください。
参考:Surfaceのおすすめは?購入時にMicrosoft Completeに入るべきか否か

トップへ戻る