【要注意】パソコン(Mac/HDD)修理で個人情報・データは見られるか心配!

パソコン内のデータフォルダ

パソコンが損傷、故障してしまい修理を検討されている方で、パソコンの個人情報、または企業、会社で使用しているパソコンの場合には情報の漏洩について心配に思った事があると思います。企業の顧客情報の漏洩などのニュースはよくニュースで見かけますが、知らない所で情報が漏れ、思わぬトラブルに巻き込まれるなど、情報は大変貴重で、重要な資産でもあります。そんな、重要なデータが詰まったパソコンですが、修理するときの個人情報の取り扱いの心配や疑問ついてご紹介します。

パソコン修理時の個人情報データはどう扱われるの?

パソコンの思わぬ故障で修理が必要な場合には、メーカー修理、購入先での修理、街の修理屋さん(非正規修理業者)での修理を検討されると思いますが、修理費用、修理にかかる時間、データの有無などにより修理の依頼先は、状況によって異なります。パソコンの修理が必要な時の、修理先の検討方法、おすすめについては改めて解説いたします。。

いざ、修理先が決まってパソコンを修理する時には、気になるのがデータ・情報の管理だと思います。

・修理店舗にデータは見られるのか?

・個人情報が漏洩する事はないのか?

・データが消える事があるのか?

データについて気になる事は以上が心配事のほとんどだと思います。

パソコンに入っている大事な書類や写真はどうなる?

まず、パソコンのデータについてですが、基本的にパソコンに搭載されている、もしくは外付けハードディスクを利用されている方もいると思いますが、HDD、SSDにデータが保存されていますので、HDD,SSDの故障、破損でない限りデータは保管されています。

故障の内容によって、「起動しない」「データを消してしまった」「水没させてしまった」など、データが確認出来ない場合や故障原因が不明な状態では、そもそも HDD、SSDが破損している可能性があります。

データがどういう状態であるかは、分解調査をして見ないと分かりません。このページではデータ復旧を希望している場合がほとんどですので、今回のデータ、情報の漏洩については除外させて頂きます。

修理時にデータは見られる?

パソコンを修理依頼をした際にデータを見られる環境にあるかどうかは、修理依頼先によります。メーカー、家電量販店または非正規の修理事業者のどこに依頼するかです。

メーカーや家電量販店の場合

処置内容によってはデータを消去しない場合がありますが、基本的にはデータを消去してから修理作業に取り掛かります。そのためデータが見られない可能性が高いです。

非正規パソコン修理店の場合

街中にある非正規の修理店では基本的にパソコンの修理を行う際には、修理前後に動作確認を行います。どんな修理であれ、パソコンを分解してパーツ交換、修理を行う事は他機能に影響を及ぼす可能性があるので、修理完了後にこの機能が使えなくなったなど不具合がある場合には、修理依頼した側も納得いきませんし、修理側も修理前の故障なのか、修理による不具合なのかははっきりさせる必要があります。

そのため、非正規のパソコン修理業者ではパソコンを修理する際には、動作確認程度とは言え、パソコン内のデータに触れる事は十分にあります。なので、信頼出来る修理業者に依頼する事が1番ですが、人が行う作業ですので、情報を見られてしまう事は十分にあると思います。

ただ、基本的には修理において、全てのデータを事細かに確認する必要性は考えられませんので、データの漏洩に繋がる事は、明らかに悪意のある人物による場合となります。結論としては、修理時に事細かにデータを見られる事はありませんが、動作確認の際に見えてしまう事がある程度です。パソコンを操作出来る以上、データは見れる状態ですので修理者の責任感と良心ともなります。信頼できるパソコン修理屋さんに修理をお願いするのが一番です。

データ復旧サービス利用時にはデータは見られる

また、どうしても取り出したいデータがある場合にデータ復旧を依頼する際には、取り出せたデータを閲覧しないと正常なファイルとして復旧できているかわかりません。そのため、依頼主に連絡をするのにあたってデータ復旧ができているかどうかの成果を伝えるためにもデータは見る必要があるので注意が必要です。

個人情報の漏洩リスクはある?

パソコンの修理に携わる技術者が修理をしてくれるので、情報漏洩に繋がる事は絶対にない!と信じたい所ですが、情報に大変貴重な価値がある現在、100%無いとは言い切れない所では無いでしょうか?店舗に何人もいる大手のパソコン修理店よりも個人事業主の方がやっているお店の方が安心できるかもしれません。

データが消える事はある?

修理によるデータの消失については、基本的にデータに関わる故障でない限りは修理によりデータが消えてしまう事はありません。ただ、自分ではデータには関係ない症状だと思っていても、データに関わる故障が関係している可能性もあります。修理を依頼する際に、データについてしっかりと確認してから修理依頼をする必要があります。

また、メーカー修理の場合には、データは初期化されます。もう、ほとんどの方がご存知だとは思いますが、データに関係の無い修理であっても、メーカー修理ではデータを初期化しての修理対応となりますので、注意が必要です。

結局、パソコン修理時のデータはどうすれば良いの?

パソコンに入っているデータは重要なものは無いし、見られても困らないという場合には特に気にせず修理検討が出来ると思います。ただ、見られたら困る情報がある、機密情報など、情報の価値は人それぞれにありますので、データを見られる、漏洩の可能性が0では無い以上、データのバックアップを作成をし、初期化してからの修理依頼が確実な対策となります。

パソコンが壊れていてバックアップの作成が難しい状況では、自分でデータを復旧するかデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

データ復旧業者にデータを保管してもらう

パソコンが壊れてデータのバックアップが作成できない状態になっている場合やバックアップの作成方法がわからない際には、データ復旧業者に相談して保管をしてもらってはいかがでしょうか。
元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTにまずは無料相談されることをおすすめします。データ復旧サービスでは公共機関への協力実績もあるDATASMART。総合的にデータトラブルの相談ができ、復旧できる技術力の高さを信頼して依頼することが可能です。詳しくはこちらからご確認ください。

まとめ

基本的には、パソコン内のデータを見る、情報を漏洩するなど悪意ある行為を目論む人が修理に携わっていないと信じたい所でもあり、実際には責任感ある修理屋さんがほとんどだと思います。ただ、色々と情報の価値や情報漏洩に関して世間で騒がれていますので、万が一の事を考えて、修理の際にはバックアップを取って、初期化をした状態で修理依頼をすることをおすすめします。個人情報や写真データ等が見られるか心配な方の参考になれば嬉しいです。

パソコンとはまた違いますが、iPhoneの修理に出すこともあるかと思います。その場合にも修理依頼先によっては、初期化されてしまう場合があります。そういった場合にどのような依頼先の選定が良いのか、データの取り扱いに関してまとめましたのでご覧ください。
関連ページ:【気になる】iphone修理 ・バッテリー交換でデータは見られるの?

トップへ戻る