Surface Pro5が起動できない!データ復旧に成功

SurfacePro5は2017年の5月に販売をされています。販売から4年が経過しており、自然故障なども発生しやすくなってきているSurfaceのモデルの1つです。今回お問合せいただいた顧客からの相談内容は「2週間ほど前から、充電速度が遅い・すぐに充電が切れるなどの症状があった。」という内容でした。

この状態からでもデータ取り出しに成功していますので、Surfaceを含めたオンボードSSDのPCからのデータ救出はお任せください。

強制再起動をしてもSurfaceが起動しない

今回お問合せいただいた方の対処は「自身および修理業者にて、強制シャットダウンや再起動のコマンドを試したが、全く動かなかった。また、充電器を替えて再度充電したが、同様に起動しなかった。」とのことでした。
基本的に起動しなくなってしまったSurfacePro5を含めた全てのモデルにおいて、最優先で行うべき対処は「強制再起動」です。また、充電ケーブルが純正でないサードパーティー製のものを使用しているとSurface自体が壊れることがあります。
そのため純正のケーブルで試すことが対処方法の2つ目としてあります。常日頃から純正のケーブルを使用している場合に、充電ケーブル自体が壊れることはなかなかありませんので、原因としては考えづらいです。

SurfacePro5が起動できない状態の詳細

今回お問合せいただいた方のSurfacePro5の状態は「10月25日朝にPCを起動すると、1晩充電していたにも関わらず0%になっており、しばらく動作していたが突然切れた。それ以降、電源ボタンを押しても、Windowsマークを表示してすぐ切れるようになり、PCを全く起動出来なくなってしまった。」ということでした。

公式サポートで解決できないデータ復旧

壊れたSurfaceの修理は基本的にMicrosoftの公式修理を推奨しています。なぜならば、メーカー以外で修理を行ったとしても長期的な利用ができるかどうかはわからないからです。かんたんにまとめると、街中の修理店で修理しても長期的に使うことができずに、1年以内に故障する可能性があるからです。

一方で公式のマイクロソフトでのSurface修理はリファビッシュ品との交換となりますので正常に動作する状態のデバイスとの交換になります。データが消えてしまうことが最大のデメリットですが、正規品での修理であるため品質に間違いはないでしょう。

そのため、故障してしまったSurfaceの中に重要なデータが保存されている場合にはデータ復旧専門業者に相談されることをおすすめします。また、Surfaceが起動しない場合の対処方法は下記にリンクにて詳細にまとめていますので、ご覧ください。
【関連】Surfaceが起動しない場合の目的別対処方法を徹底解説

復旧したいデータ

ドキュメントの中にあるデータ(docx、pdf、pptx)です。
今回は顧客の希望するすべてのデータを復旧することに成功しました。

Surfaceのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にて半導体ストレージ製品のデータ復旧サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。捜査一課・デジタル捜査班の元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

サービス情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

まとめ

壊れてしまって起動しなくなったSurfaceの電源が入るようにしたい!という方の中でもデータに心配がない方はマイクロソフト公式修理サービスの利用を、急いでいる方は街中の非正規修理店の利用を推奨します。一方で中に保存されたデータのバックアップがない方はデータ復旧専門サービスの利用を推奨します。

トップへ戻る