ヤマダ電機でのパソコン修理の期間、保証・評判

ヤマダ電機ではパソコンの持ち込み修理サービスを提供しています。パソコンの購入をヤマダ電機のセールの時にした人や近所にヤマダ電機があるので、そこで買った!という方がまず相談しに行きやすいですよね。また、パソコンの修理サービスだけでなく、独自サービスとして「家電保」というものを提供しています。また、「トータルサポートサービス」も提供しています。それらの保証サービスも含めてこのページでは解説します。

それでは、ヤマダ電機へのノートパソコン、デスクトップパソコンの店舗持ち込み修理サービスについてご紹介します。

ヤマダ電機でのパソコン修理サービス

家電量販店では基本的にメーカーによる公式修理への取次窓口としてパソコン修理サービスを提供しています。ヤマダ電機も同様に、基本的には初期不良による交換サービスの窓口となっています。ヤマダ電機では、2パターンに対して持ち込み修理サービスに対応しています。まずヤマダ電機が規定している条件に合致するものであるパターン、また、もう一つがヤマダ電機が独自に提供している家電総合保証サービス「家電保」加入者が持ち込んだパソコンに対して修理サービスを提供しています。

パソコン修理にかかる期間

ヤマダ電機のパソコン修理にかかる期間としては2週間〜1ヶ月というところです。故障した症状にもよりますし、壊れて持ち込んだパソコンのメーカーや修理用パーツの保管期間が切れていないかなどの条件にもよって変わってきます。5年以上の古いものになってしまうとパーツの在庫がない場合もあるので、事前に電話にて問い合わせることをおすすめします。

データや設定は初期化されるので注意

ヤマダ電機にパソコン修理に出す場合にはデータは消去されてしまうので、事前にバックアップを作成することが必要になります。データがまだ十分に入ってない場合には問題ないかと思いますが、大切なデータがある場合にはUSBメモリ、SDカードやCDにデータを焼くなどして保存することをおすすめします。
参考:【要注意】パソコン修理でPCが初期化・データが消える場合

ヤマダ電機のパソコン修理の評判はいかに?

ツイッター上でヤマダ電機のパソコン修理サービスに関してのコメントをツイートしている人のコメントをネット上の評判としてまとめてみました。HDD交換を無償修理で対応してくれる、モニター貸し出しをしてくれるなど、修理期間中のサービスも手厚いのではないでしょうか。また、保証書がなくともポイントカードの履歴を購入証明として利用することも可能ですので、保証書が手元に見つからない場合には近くの店舗に電話で確認されることをおすすめします。

独自保証サービス「家電保」って?

かんたんにまとめると、期間延長保証をヤマダ電機が提供しているというものです。基本的に家電はメーカー保証期間として1年ありますが、ヤマダ保証が4年・2年がつくことで合計5年間の保証期間として提供されます。

保険料・加入料・保証金

商品購入代金の5%もしくは1000円(税別)(30,000円(税別)未満の場合)がかかるので、最低でも1000円で加入することができます。

タブレットPCの保証期間は短いので注意

Microsoft製のSurfaceが主にタブレットPCの対象だと思いますが、メーカー保証1年間+ヤマダ保証2年間の合計で3年という期間です。購入金額が1万円以上5 万円未満(税別)では保証料2,500 円(税別)、購入金額が5万円以上(税別)での保証料は商品購入金額の5%です。

「家電保」の保証期間の注意点

ただし、注意が必要なのは1年目の期間はメーカーの保証であるため、故意による物損(落下による凹み、液晶画面割れ)は対象外であることに注意する必要があります。まだ購入して1年以内の画面割れやキーボード破損など、故意のトラブルの場合には、保証が使えないので、外付けキーボードや外付けのモニターを購入して凌ぐのが良いのではないでしょうか。

参考:「5年間保証」の1年目がメーカー保証なのは誤認させるのでは?

保証外となるトラブル・故障

外付けキーボード(デスクトップPCの場合)、マウス、カード類、電池類、バッテリー類などは保証の対象外となります。また、写真や書類などのデータに関してはもちろん保証の範囲外なので、購入した製品の金額のみ返金となります。そのため、電源が入らない、起動しなくなった等のトラブルを抱えたPCの場合にはヤマダ電機の修理に出してしまうとデータが消えて、初期化してしまうので、注意が必要です。

問い合わせ先電話番号

家電保に加入していて、購入してから1年を経過している場合には修理受付センターにお電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。
問い合わせ先:ヤマダ電機 修理受付サポートセンター TEL:0120-506-858 〈受付時間 AM9:00~PM9:00〉

参考:有料長期保証・家電総合保証サービス「家電保」 | ヤマダウェブコム

PCトータルサポートの概要と料金

パソコンの設定がわからない、古いパソコンからのデータを新しく購入したパソコンに移行したい、パソコンが動かなくなったなどのトラブルをサポートしてくれます。PCトータルサポートに関してはパソコントラブルに対してかなり幅広く修理だけでなく、設定なども含めたトータルサポートサービスなので

サポート対応店舗

すべての店舗でトータルサポートは対応しているわけではないので、各都道府県に1店舗は少なくともありそうですが、事前に確認する必要があります。

家電製品保守契約「NewThe安心」で割引に

年会費3,650円(税別)を支払っていれば、パソコン・デジタル商品のサポート料金が20%安くなる保守契約があります。すでにヤマダ電機で何かしらの家電を購入している場合には割引が効くこともあり、入っておいても悪くはないかもしれません。

ポジティブな評判

少し依頼するのが心配になる評判

結局のところ対応してくれる店員さんがどの程度詳しいかによります。そして、修理依頼時のサポート自体はしっかりとしてくれるものの、自分で初めてバックアップを作成することになるので、それなりに難易度が高いです。とはいえ、パソコンのバックアップの作成はできるようになっている方が今後のためでもあるので、この機会にトライするのも良いことだと思います。

パソコンが壊れた時の対応方法

さて、ここまでヤマダ電機のパソコン修理に関して解説してきましたが、ヤマダ電機が近所にないという方やそもそもヤマダ電機以外でも評判の高いところに持ち込みたい!という場合もあると思います。その場合の選択肢としてメーカーに修理依頼するのか、購入した家電量販店に依頼するのかなど、方法はいくつかあります。今の状況を整理して、どこに依頼をするのが良いのかを考える必要があります。

発売元メーカー保証・修理を利用する場合

いまお持ちのPCの発売元となるメーカーの保証期間が切れていなければ、保証を使うのがもっとも経済的です。ただし、故意な故障に関しては保証の範囲でないことがほとんどなので注意が必要です。また、メーカー各社もパソコンの修理サービスを提供しています。東芝、NEC、富士通などへの修理依頼をすることのメリットは修理の品質が高い、交換するパーツが純正品、個人情報を見られることがないということです。

デメリットとしては、修理料金が高いというところと、修理期間がかかるというところです。また、データは基本的には消去されることが考えられるので事前にバックアップを作成する必要があります。

その他の家電量販店・PC販売店を利用する場合

ヤマダ電機以外にも家電量販店としてはヨドバシカメラ、ビックカメラ、コジマなどがあります。これらの家電量販店は基本的にメーカーへの取次サービスを提供していたり、外部業者に委託している場合が多いです。そのため、修理期間がメーカーに直接出すよりも長くかかってしまう場合もあります。PC販売店にはドスパラ、ツクモ、PCデポなど様々な店舗やオンラインでのみ販売をしているECショップもあります。

パソコン販売店に関しては修理サービスを提供している場合がありますが、これから紹介するパソコン修理専門店と同じようなサービスとなります。PCデポに関してはパソコンの故障は基本的にメーカーに依頼を出すということなので、家電量販店と同じような対応となっています。そのため、店舗によってデータが初期化されて消える場合とそうでない場合が別れるので、修理依頼前に必ず確認されることをおすすめします。

パソコン修理専門店

日本全国にパソコン修理専門店があります。出張修理や、店頭受付など修理の依頼方法も様々あります。これらの修理店の利用の際のメリットは最短では即日の修理が可能であること、また修理料金がメーカー等と比較しても安くなるというところです。また、データ取り出しのサービスを提供している店舗もあるので、起動しなくなったパソコンからのデータの取り出しをしたい!という場合にはそういったサービスは大変便利です。

デメリットとしては、データが見られてしまう可能性があることや、パスワードを教えないといけないなど、そういったプライベートな個人情報が心配な場合にはあまりおすすめできません。また、どこにお願いしたらいいかどうかが非常にわかりづらいということです。

まとめ

ヤマダ電機にパソコン修理を依頼する場合にはまず、ヤマダ電機で購入している場合には相談する場合にとても便利だと思います。ただし、全ての店舗で対応しているわけではありませんので注意が必要です。また、まだこれからヤマダ電機でパソコンを購入するのであれば、3万円以下のモデルを購入する場合には「家電保」に入る必要はないと思います。
パソコンの使用をしていると電源が入らなかったり、液晶を壊してしまったりとトラブルはつきものです。トラブルに備えてサポートサービスに入るか、近所にかかりつけの専門医のようにパソコン修理店を見つけておけると良いと思います。

Surfaceの画面がつかない!真っ暗で映らない場合の対処まとめ

いつも通り使っていたSurfaceの画面がつかなくなった、ディスプレイが何も映さなくなってしまってお困りかと思います。SurfaceはこれまでのWindowsのパソコンの中でもかなり薄く設計されているタブレット型のモデルの新しいPCです。最大の長所でもあり、短所にもなり得るのが、この薄さでのタッチパネルとなっている液晶ですね・・・。このページでは画面が真っ暗になってしまったトラブルの解決方法を解説いたします。

このページで紹介しているのは以下のトラブルの解決方法です。

  • サーフェスの画面が真っ暗になった
  • surface proの外部ディスプレイが映らない
  • サーフェス 画面つかない

まずは画面が真っ暗になったSurfaceを強制再起動

画面がつかなくなった時にまず試すのは強制再起動です。Surfaceでトラブルになった時にとりあえず強制再起動を試してみて、立ち上がるかどうかを試す必要があります。

強制再起動の方法

①Surfaceの電源ボタンを30秒間長押し→②ボリュームアップキー+電源ボタンを15秒間長押し→③ボタンから指を離して10秒間待つ→④電源ボタンを再度押すことで強制再起動をすることができます。これでも画面が暗いままで解決できない場合には外付けモニターを試してみましょう。
参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

外部ディスプレイモニターをSurfaceに接続

自宅に外付けモニターがある場合には外部ディスプレイに接続してみてください。それによって、液晶が壊れているのか、液晶出力系のマザーボードの故障なのか、ソフトウェアの問題なのか障害の切り分けができます。Surfaceのモデルによって使用できる端子が異なるので、こちらの対応表を参考にまだ外付けをお持ちでない場合にはご確認ください。

surface pro 外部ディスプレイ 映らない

また、外部ディスプレイを使用してこれまでデュアルディスプレイ環境でSurfaceを使用していた場合に外部ディスプレイが壊れてしまった場合もあるかと思いますが、その場合には外部の液晶モニターが故障したか、Surfaceの外部出力ポートが壊れているか基板系統の故障が原因であることが考えられます。この場合は物理的な故障である可能性が高いので、新規に外付け液晶モニターを購入する必要がある必要があります。

お使いの Surface デバイス デイジー チェーンのサポート 外部ディスプレイ/オーディオ出力ポート
Surface Pro Mini DisplayPort
Surface Studio
Surface Laptop
Surface Book
Surface Book 2 USB-C
Surface Studio 2
Surface Go
Surface 3 X Mini DisplayPort

Surfaceのソフトウェアトラブルの場合、外付け液晶モニターに外部出力してもディスプレイに何も映らないです。また、マザーボード(基板)上の電源系統のチップが故障している場合に関しても正しく液晶に出力されないので、液晶交換をしてもトラブルを解決することはできません。

外部ディスプレイでの出力・強制再起動を試してダメな場合

Surfaceに入っているデータが重要であるとすると、データ復旧サービスの利用を検討することをお勧めします。フリーソフト等を利用できる状態ではないので、分解して基板上のトラブルなのか、どこが問題なのかを調査することでデータが取り出すことが可能です。それなりに費用がかかってくるので、データのバックアップがあるという方は新規購入をお勧めします。
参考:故障したSurface Proからデータ復旧・救出!重要なデータを取り出したい

新規でSurfaceを購入するなら

Repairs編集部で最新のSurfaceを含めた、使い方に応じたおすすめのモデルをまとめたので、ご紹介しています。データのバックアップは手元にある!もしくはデータはそこまで重要ではない!という場合に5年以上サーフェスを使っている方で、これからもSurfaceを使い続ける!という方はぜひ一度ご覧になってください。
関連:Surfaceのおすすめモデルの選び方!購入時にMicrosoft Completeに入るべき?

Surfaceがバックアップから復元できない場合

データのバックアップがまだ作成されてない場合には基本的に修理屋さんに持ち込むのはデータ紛失リスクが高いです。液晶の交換をすれば確実に治る!ということが判明しているのであれば、街中の修理屋さんに持ち込んでも良いかもしれません。しかし、外部ディスプレイでの出力を行っても表示されない場合にはSurfaceの修理屋さんには対応することは難しいので、データ復旧専門業者に依頼することをおすすめします。

本体の寿命やマイクロソフトの公式サポートから外れてしまう古いモデルのSurfaceなどはこの機会に買い替えた方が長期的には良い可能性が高いです。

まとめ

Surfaceの画面がつかなくなってブラックアウト・・・急なトラブルは困りますよね。しかし、強制再起動をしておけばまずはファーストアクションとしては間違いない!ということと、外付けモニターを試すことができれば、もしかしたらSurface自体の液晶が経年劣化で損傷しているという可能性があります。これを機会に液晶を交換購入してみてもいいかも、という場合には液晶交換に出してみてください。特にデータのバックアップを作成済みの場合にはMicrosoftへの修理依頼をされることをおすすめします。

Surfaceからのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課佐々木成三氏推薦
Surfaceからのデータ取り出しならDATASMARTがおすすめです。特にブラックアウトしてしまって、外部ディスプレイでも映らない場合には基板修理を行いデータを取り出す必要があります。そこで日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTに無料相談してみてはいかがでしょうか。
埼玉県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

【エディオン パソコン修理方法】値段や保証利用まとめ

エディオンわたし知ってる
このページではエディオンでパソコンを購入した、してないに関わらずパソコン修理サービスを受けることができるのかをまとめて解説します。実際、パソコン修理が必要になるシーンは多くはないので、どこのパソコン修理屋さんがいいのかを見極めたり、考えたりするのは難しいです。パソコンが起動しない、画面が割れてしまった。キーボードが取れてしまったり、効かなくなって困っているなんてトラブルを抱えているときにはどのようにしたらいいかわからないですよね。

エディオンのパソコン修理方法

家電量販店といえば、エディオン!という方は東海や関西エリアの出身か在住の方なのではないでしょうか。京都から新幹線に乗るとエディオンの看板がポツポツと見えます。それもそのはず、エディオンは日本で3位の家電量販店だからです。今使っているパソコンや壊れてしまったパソコンもエディオンで購入したものではないでしょうか。

エディオンでは店頭持込みパソコン修理に対応

全国400店舗があるエディオンですが、その店舗には他店購入PCであっても修理受付が可能です。各店舗にある修理ブースに壊れてしまったパソコンを持ち込むことで相談に乗ってもらうことが可能です。エディオンの店舗で購入したもの、ネットショップで買ったもの、他店で買ったものの持込みが可能です。

蔦屋家電はエディオンのフランチャイズだった!?

余談ですが、蔦屋家電は二子玉川にオープンしたのが2015年頃ですが、広島にも蔦屋家電エディオンという店舗がオープンしています。蔦屋家電はエディオンの家電やパソコンを販売していて、運営がTSUTAYAによってされているという構造だったのですね。蔦屋家電での修理も基本的にはエディオンと同じくメーカー修理になるかと思いますが、豆知識としてご参考になってください。
ただし、エディオンで購入している場合には必要書類を持参するとと無料もしくは安くパソコンの修理サービスを受けることができるかもしれません。

必要書類は保証書と納品書

修理に行く際の持ち物としては納品書とメーカー保証書です。1年以内の故障(購入者に過失のないトラブル)であれば、無料でメーカー修理になりますが、エディオンカードに加入している場合はこれらの書類を持参しましょう。あんしん保証カードという長期修理保証サービスはパソコンを指定商品としていないので、長期修理サービスを受けることはできません。

エディオンカードの会員かどうかを確認

エディオンでパソコン修理をする際にはエディオンカードの会員であると、エディオンが指定するメーカーのパソコンに関してはメーカー保証1年を含む合計5年間の修理保証サービスを受けることが可能です。ただしこの際に発生した故障には修理作業代金と部品代を別途支払う必要があります。

注意点①パソコン修理の長期保証サービスはない

エディオンでは「あんしん修理保証サービス」という独自の保証サービスを無料で提供していますが、この保証の指定商品の中にパソコンが含まれていません。そのため、基本的に初期不良などを含む購入後1年以内に発生した故障に対してのサポートのみを提供している状況です。基本的にメーカー修理になります。

注意点②データが消える

パソコンの修理を家電量販店に持ち込むと基本的にはメーカー修理になることが多いですが、エディオンに関してはエディオンカード(年会費980円)に入会してない限りはメーカー修理になります。メーカー修理では初期化をし、データを消去した状態で部品交換作業を行います。また、家電量販店で修理する場合にもメーカー修理と同様にデータを消去し、初期化にした状態で修理することになります。そのため、データのバックアップを作成することが必須となってきます。

注意点③メーカーによっては直接問い合わせ

持込むPCのメーカーによっては直接メーカーに問い合わせてもらう必要(本人確認等)があるため、問い合わせが必要な可能性があります。パソコンを始めとしたデジタルデバイスではアップル社製品(iPod、iPad、Macなど)、マイクロソフト社製品(Surface)、DELL社製品、などが該当するようです。こちらに関してはエディオンを含むすべての家電量販店で同様の対応です。

エディオンのパソコン修理の費用・値段

すでにエディオンのホームページを確認された方もいらっしゃるかと思いますが、具体的な料金は公式ホームページに記載がありません。パソコンの修理にかかる費用はメーカーと故障個所によります。パソコン修理の費用相場は別のページでまとめていますので、そちらをご覧ください。

保証期間内ならパソコンが壊れても無償修理対応

1年以内のトラブルの場合はメーカーによる無料交換修理サービスとなり、それ以降の場合には部品代と修理作業代で修理サービスを受けることができます。

注意点④保証対象外となる修理サービス

エディオンカードの会員であっても、下記の修理や交換サービスは受けることができません。

保証対象外の交換部品

バッテリー、液晶パネルドット抜け、マウス、増設HDD、増設メモリーが保証の対象とはなりません。
バッテリーに関しては経年劣化をする消耗品です。HDDの増設、メモリーの増設に関しては別途費用を支払えば対応してくれるかもしれませんので、店舗に直接問い合わせてみてください。

保証対象外の作業

OSソフトの設定・調整・修復、ウィルス除去、データ復旧、データバックアップ、テクニカルサポート作業、再インストールは保証の対象ではありません。
windows7のサポート期限もあと残るところ1年ですが、今後発生するOSのアップデートのサポートには対応していません。また、ウィルスの除去やデータバックアップなどのサービスもエディオンでは対応していない状況です。

訪問パソコン修理の相談も可能

別途料金を支払う必要はあるものの、出張サービスもあります。ただし、基本的には設置済みの大型家電(洗濯機、エアコン、冷蔵庫など)に限られるようなので、デスクトップPCなどの持ち運びが不便なものは出張して来てもらえるかもしれないので、近所の店舗にパソコン修理を依頼の問い合わせをしてみてください。しかしながら、結局のところメーカーに依頼する可能性があるのであれば、メーカーに直接問い合わせるのを優先した方がおすすめです。

パソコン修理はどこに頼むのがいいか難しい

どこのパソコン修理屋が良いかの判断をするのはとても難しいですし、場合によっては近所に良心的なパソコン修理店がないかもしれません。そういった時に備えて、エディオンでパソコンを購入して、エディオンカードに加入し、トラブル時に対応をしてもらうという付き合い方も選択肢の1つになるのではないでしょうか。アップグレードやOSの設定やウィルス除去などの困ったときのサービスが薄いのが玉に瑕ですね。

エディオンのパソコン修理サービスまとめ

いかがでしたでしょうか。パソコンが壊れると非常にめんどくさいですよね、、でも、検索できるし、動画も観れるし、書類作成の作業もできるのでなくてはならないです。データが重要で消去したくない!という場合にはエディオン以外でのパソコンの修理をおすすめしますが、基本的には何かしらの方法でバックアップを取っておくことをおすすめします。

壊れたパソコンからのデータ復旧ならDATASMARTへ

エディオンではデータ復旧やバックアップには対応日本橋(東京)にてパソコン・HDDのデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTをオススメします。
埼玉県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。詳しくはこちらからHPをご確認ください。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

【要注意】パソコン(Mac/HDD)修理で個人情報・データは見られるか心配!

パソコンが損傷、故障してしまい修理を検討されている方で、パソコンの個人情報、または企業、会社で使用しているパソコンの場合には情報の漏洩について心配に思った事があると思います。企業の顧客情報の漏洩などのニュースはよくニュースで見かけますが、知らない所で情報が漏れ、思わぬトラブルに巻き込まれるなど、情報は大変貴重で、重要な資産でもあります。そんな、重要なデータが詰まったパソコンですが、修理するときの個人情報の取り扱いの心配や疑問ついてご紹介します。

パソコン修理時の個人情報データはどう扱われるの?

パソコンの思わぬ故障で修理が必要な場合には、メーカー修理、購入先での修理、街の修理屋さん(非正規修理業者)での修理を検討されると思いますが、修理費用、修理にかかる時間、データの有無などにより修理の依頼先は、状況によって異なります。パソコンの修理が必要な時の、修理先の検討方法、おすすめについては改めて解説いたします。。

いざ、修理先が決まってパソコンを修理する時には、気になるのがデータ・情報の管理だと思います。

・修理店舗にデータは見られるのか?

・個人情報が漏洩する事はないのか?

・データが消える事があるのか?

データについて気になる事は以上が心配事のほとんどだと思います。

パソコンに入っている大事な書類や写真はどうなる?

まず、パソコンのデータについてですが、基本的にパソコンに搭載されている、もしくは外付けハードディスクを利用されている方もいると思いますが、HDD、SSDにデータが保存されていますので、HDD,SSDの故障、破損でない限りデータは保管されています。

故障の内容によって、「起動しない」「データを消してしまった」「水没させてしまった」など、データが確認出来ない場合や故障原因が不明な状態では、そもそも HDD、SSDが破損している可能性があります。

データがどういう状態であるかは、分解調査をして見ないと分かりません。このページではデータ復旧を希望している場合がほとんどですので、今回のデータ、情報の漏洩については除外させて頂きます。

修理時にデータは見られる?

パソコンを修理依頼をした際にデータを見られる環境にあるかどうかは、修理依頼先によります。メーカー、家電量販店または非正規の修理事業者のどこに依頼するかです。

メーカーや家電量販店の場合

処置内容によってはデータを消去しない場合がありますが、基本的にはデータを消去してから修理作業に取り掛かります。そのためデータが見られない可能性が高いです。

非正規パソコン修理店の場合

街中にある非正規の修理店では基本的にパソコンの修理を行う際には、修理前後に動作確認を行います。どんな修理であれ、パソコンを分解してパーツ交換、修理を行う事は他機能に影響を及ぼす可能性があるので、修理完了後にこの機能が使えなくなったなど不具合がある場合には、修理依頼した側も納得いきませんし、修理側も修理前の故障なのか、修理による不具合なのかははっきりさせる必要があります。

そのため、非正規のパソコン修理業者ではパソコンを修理する際には、動作確認程度とは言え、パソコン内のデータに触れる事は十分にあります。なので、信頼出来る修理業者に依頼する事が1番ですが、人が行う作業ですので、情報を見られてしまう事は十分にあると思います。

ただ、基本的には修理において、全てのデータを事細かに確認する必要性は考えられませんので、データの漏洩に繋がる事は、明らかに悪意のある人物による場合となります。結論としては、修理時に事細かにデータを見られる事はありませんが、動作確認の際に見えてしまう事がある程度です。パソコンを操作出来る以上、データは見れる状態ですので修理者の責任感と良心ともなります。信頼できるパソコン修理屋さんに修理をお願いするのが一番です。

データ復旧サービス利用時にはデータは見られる

また、どうしても取り出したいデータがある場合にデータ復旧を依頼する際には、取り出せたデータを閲覧しないと正常なファイルとして復旧できているかわかりません。そのため、依頼主に連絡をするのにあたってデータ復旧ができているかどうかの成果を伝えるためにもデータは見る必要があるので注意が必要です。

個人情報の漏洩リスクはある?

パソコンの修理に携わる技術者が修理をしてくれるので、情報漏洩に繋がる事は絶対にない!と信じたい所ですが、情報に大変貴重な価値がある現在、100%無いとは言い切れない所では無いでしょうか?店舗に何人もいる大手のパソコン修理店よりも個人事業主の方がやっているお店の方が安心できるかもしれません。

データが消える事はある?

修理によるデータの消失については、基本的にデータに関わる故障でない限りは修理によりデータが消えてしまう事はありません。ただ、自分ではデータには関係ない症状だと思っていても、データに関わる故障が関係している可能性もあります。修理を依頼する際に、データについてしっかりと確認してから修理依頼をする必要があります。

また、メーカー修理の場合には、データは初期化されます。もう、ほとんどの方がご存知だとは思いますが、データに関係の無い修理であっても、メーカー修理ではデータを初期化しての修理対応となりますので、注意が必要です。

結局、パソコン修理時のデータはどうすれば良いの?

パソコンに入っているデータは重要なものは無いし、見られても困らないという場合には特に気にせず修理検討が出来ると思います。ただ、見られたら困る情報がある、機密情報など、情報の価値は人それぞれにありますので、データを見られる、漏洩の可能性が0では無い以上、データのバックアップを作成をし、初期化してからの修理依頼が確実な対策となります。

パソコンが壊れていてバックアップの作成が難しい状況では、自分でデータを復旧するかデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

データ復旧業者にデータを保管してもらう

パソコンが壊れてデータのバックアップが作成できない状態になっている場合やバックアップの作成方法がわからない際には、データ復旧業者に相談して保管をしてもらってはいかがでしょうか。
元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTにまずは無料相談されることをおすすめします。データ復旧サービスでは公共機関への協力実績もあるDATASMART。総合的にデータトラブルの相談ができ、復旧できる技術力の高さを信頼して依頼することが可能です。詳しくはこちらからご確認ください。

まとめ

基本的には、パソコン内のデータを見る、情報を漏洩するなど悪意ある行為を目論む人が修理に携わっていないと信じたい所でもあり、実際には責任感ある修理屋さんがほとんどだと思います。ただ、色々と情報の価値や情報漏洩に関して世間で騒がれていますので、万が一の事を考えて、修理の際にはバックアップを取って、初期化をした状態で修理依頼をすることをおすすめします。個人情報や写真データ等が見られるか心配な方の参考になれば嬉しいです。

パソコンとはまた違いますが、iPhoneの修理に出すこともあるかと思います。その場合にも修理依頼先によっては、初期化されてしまう場合があります。そういった場合にどのような依頼先の選定が良いのか、データの取り扱いに関してまとめましたのでご覧ください。
関連ページ:【気になる】iphone修理 ・バッテリー交換でデータは見られるの?

パソコン修理はどこがいいの?!おすすめのPC修理業者の選び方

パソコンが壊れてしまった・・・どこに出せばいいのかわからない?実際に購入したお店?それともパソコンに書かれているメーカー?もっといい方法はないの?初めてのPCトラブルでパソコン修理業者選びに困ってしまっている方のために、オススメの修理方法をまとめて解説いたします。

パソコン内部のデータが重要かどうかでどこがいいのかは違う

家族との写真、家計簿、仕事で使っている書類など重要なデータがパソコンの中にある場合とない場合、バックアップをクラウドか別の外付けハードディスクに保存している場合によって取るべきアクションが変わってきます。かんたんにまとめてしまうと「目的次第で取るべき選択肢は異なってくる」ということです。どのような方法がいいのか、状況に応じて解説いたします。

データはすでに完璧に保管している

データをクラウドに全てアップしているもしくはデータのクローンは作成済みだという場合には、PCの販売元のメーカーに依頼することをおすすめします。家電量販店経由でも構いませんが、基本的に家電量販店はメーカー修理サービスへの取次を行なっているので、メーカーに直接の修理依頼を検討するのが間違いなくおすすめできます。この場合には個人情報の漏洩であったり、誰かにパソコンで何を保存しているかどうかや閲覧履歴等を見られることはないです。
参考記事:パソコン修理でデータは見られる?消えたり、漏洩するリスク

データのバックアップをしていない

パソコンに入っている家族の写真、動画、家計簿ファイルなど色々なデータがあったのにバックアップを作っていないという場合には、メーカー修理に出してしまうと、データは全て消去された上で修理されたパソコンが戻ってきます。パソコンのデータのバックアップがない場合には街中にあるパソコン修理屋さんかデータ復旧事業者に持ち込むことになります。ただ、お金がかかってくるものですので、相場はあるものの、予算を決めるのはとても大切です。

まずはパソコンを購入時の箱をチェック

データに関して問題がないことがわかった方は次に購入時にPCが入っていた箱や説明書、領収書を確認してください。家電量販店やオンラインストアでの購入があるかと思いますが、オプションで延長保証に入っていると保証期間がとても長い場合があります。この時に購入証明をするために領収書を含めて確認をしてください。保証期間がわかって、対象期間内であれば、迷わずに購入した店舗に相談されることをオススメします。

領収書や保証書が見つからない・・・

領収書や保証書が見つからない場合には、クレジットカードの購入データを遡ってみてください。もしくは購入店舗に対応可能かどうかを聞いてみても良いかもしれません。ただ、保証書や購入証明ができないと家電量販店でも対応が難しい可能性がありますので、この場合に街中のパソコン修理屋さんに問い合わせることを検討してください。

注意点:1年保証はメーカーの保証

メーカーの保証が購入してから1年はついてきますが、基本的に利用者の過失によるものではない、初期不良などがメーカーの保証の範囲です。そのため、画面を割ってしまったり、水をこぼしてしまったなどの利用者の過失によるものは対象外です。延長保証に入っていたとしても、家電量販店やネットショップの保証の範囲は広くはないので、事前に直接パソコンのメーカーに問い合わせることをおすすめします。

故障の状態によってどこに依頼すればいいかは異なります

パソコンのトラブルの種類はいくつもありますし、例えば画面がつかなかったり、電源が入らないという症状でも故障箇所は異なります。そのため、高度な技術が求められるものに関してはどこのパソコン修理屋さんでもできる訳ではありません。一概にパソコン修理はどこに任せればいいかというととても難しいお話なんですが、親身になって対応してくれるスタッフが働いているかどうかが重要です。

パソコンの抱えているトラブルごとにメーカーがいいのか、家電量販店がいいのかが変わってくるので、ご自身の症状と照らし合わせてみましょう。

PCの画面割れやキーボード交換ならどこでもOK

特にノートパソコンの画面割れやキーボード交換に関してはどこに持ち込んでもそれほど大きく変わることはありません。むしろ大手のフランチャイズ店の方が修理用パーツの在庫をシェアしているはずなので、即日で対応できる場合もあります。急いで修理したい訳ではなければ、自分で修理してみるのも悪くはありません。ただ、自己修理は自己責任で行っていただくことになります。

関連:パソコン画面が割れた!液晶交換修理をする方法・費用相場まとめ

画面が割れている、キーボードが壊れて・・・という場合は物理的な破損なので診断もそれほど難しくないですし、この場合は安いかどうかで選んでみてもいいかもしれません。また、とにかく品質の大切さを重視する場合には家電量販店やメーカーへの修理依頼をオススメします。

関連:ノートパソコンのキーボード修理の値段相場と自分でやるといくらか調べてみた

wifiが入らない/音が出ない

wifiが繋がらないことや音が出ない場合にはマザーボードのトラブルかそれぞれのパーツが故障している可能性が高いです。その場合にもメーカー修理がもっとも高いクオリティで修理をしてくれます。しかしながら、古いモデルの場合はメーカーがすでにパーツを保管していない場合があります。まずはメーカーや家電量販店に問い合わせて、修理可能かどうかを確認してください。その上で、修理ができないとなった時には非正規の修理事業者に依頼できるか確認をしてください。

電源が入らない、起動しない

パソコンの電源が入らない場合には故障の原因が複雑ですので、障害の切り分けを分解しつつしてみないとわかりません。そのため、実際に中を見て、故障箇所を特定し、そこから正確な見積もりを確認することができます。分解するまではあくまでも概算の見積もりしか作れない場合がほとんどです。なぜなら、パソコンが起動してないので、どこまで壊れているかわからないからです。

windows画面から進まない

起動はするものの、ログイン画面や立ち上がった画面から進まない場合があります。この場合にはまず自分自身でいくつか試すことが可能です。その方が費用も最小限に抑えることができるので、おすすめです。

まとめ

データがクラウドに上がっていたり、usbメモリーに保存されていたりすることによって修理の依頼先が異なってきます。言い換えるならば選択肢を広げることが可能です。もし仮に写真や書類などの重要なデータさえあって、環境設定が変わることに対して問題が何もなければ、メーカーや家電量販店に出すことをオススメします。

データがない場合にはデータを取り扱うことができるパソコン修理業者に依頼することが望ましいです。トラブルの内容によっても異なるので、よく考えて正しいパソコン修理屋さんにたどり着けると嬉しいです。

関連:PCはメーカー修理よりも安く!パソコン修理業者ランキング

古いパソコンを大切に使っていたのに、壊れてしまった!という場合にはメーカーにパーツ在庫がない可能性があるので、街中の修理店に依頼しなければなりません。この機会にデータのバックアップを取るのを習慣化してみてはいかがでしょう?

パソコン修理出すならメーカー?家電量販店?期間やデメリット比較

パソコンが突然壊れてしまってとても不便な思いをされてると思います ただ修理の方法に関しては どこに出せばいいのかわからないのが皆さんに共通するところです 今回は 実際にパソコンを家電量販店で購入された場合の 修理費用や期間の比較についてまとめてみました。お困りになっている方は 是非ご覧ください。とにかく急いで修理したいという場合は近くの持ち込み可能な店舗に持ち込むのがおすすめです。

量販店・オンラインストアでの修理

まず思い浮かべるのはパソコンを実際に購入した店舗にパソコン修理を依頼する方法です。特に全国に展開をしているヨドバシカメラ、ヤマダ電機、Ks電気やノジマで購入している方が多いのではないでしょうか?最近はAmazonや楽天といったオンラインストアでの購入もあるかと思いますが、これらの量販店では修理サービスはメーカーに依頼しているケースがほとんどです。

そのため家電量販店での購入の場合はメーカーの修理になります。テレビ、エアコン、洗濯機など、家電のほとんどの修理はメーカーによるものなので、パソコンも同じように製造メーカーが対応することになります。詳しくはメーカーのPC修理の項目で解説いたします。

修理にかかる期間

実際に問い合わせてみましたが、繁忙期やそうでない時期にもよるものの、1週間程度ということがわかりました。即日修理を希望される場合には不向きです。メーカーよりも長くかかる可能性が高いです。何故ならば、家電量販店(受付)→発送→メーカーという流れなので、1つフローが多くかかります。

ヤマダ電機でのパソコン修理

ヤマダ電機は店舗数は家電量販店の中では日本1位です。全国に店舗があり、誰もが一度はものを買ったことがあるのではないでしょうか。ヤマダ電機で購入した、してないに関わらず修理受付は可能です。購入した際に「家電保」という保証サービスに加入している場合や、やはり大きいお店の方が安心できる!という場合にはまず問い合わせてみてはいかがでしょうか。気になる評判なども含めて、別のページにまとめましたので、ご覧ください。

関連:ヤマダ電機でのパソコン修理の期間・注意点や評判

ビックカメラのパソコン修理

日本国内の家電量販店で売上規模で2位のビックカメラです。コジマ、ソフマップをグループ傘下におさめて他の同業他社との資本提携等を行なってきている会社です。サービスサポートを提供しています。修理料金の目安としても45000円と公式サイトに掲示されていますが、どのような修理で対応する料金なのかはわからないので、ビックカメラ等で購入したパソコンをお使いで、3年間の保証に入っている場合には最大でも10,000円で修理サービスを受けることができるのでおすすめできます。

関連:ビックカメラのパソコン修理の料金・評判をまとめてみた

エディオンのパソコン修理

日本国内の店舗数第3位の家電量販店のエディオンは東海地方、関西地方に多く店舗があります。エディオンで購入したパソコンでなくとも修理サービスを受けることはできます。トータルのサポートを含めて考えると、まずはメーカーに修理の問い合わせをしても良いかもしれません。修理の値段や保証に関してホームページ等を確認してまとめてみました。

関連:エディオン パソコン修理の値段や保証が使えるかまとめてみた

ヨドバシカメラのパソコン修理

ヨドバシカメラは特に関東に多く店舗を出店しています。また、名古屋、仙台、福岡などの政令指定市に店舗があります。基本的にはメーカーに修理を出しているので、取次をしているような形態でサービスを提供されています。サービスコーナーがあるので、そこに持ち込むことで修理依頼をすることができます。ただし、保証などの期限が切れていれば、自分でメーカーに直接修理依頼を出した方がスムーズです。

関連:ヨドバシカメラでパソコン修理!値段や保証などまとめ

デメリット

初期化になってしまうので、PC内部のデータや設定などがなくなってしまいます。また、基本的にメーカーに修理依頼をする場合と独自の保証を利用した修理サービスになっています。そのため、メーカーに直接出した方が安く済む場合もありますし、データをそのままに修理に出すのであれば、街中にあるパソコン修理専門店へ持ち込むのも検討しても良いかもしれません。

  • ・データが消えてしまう
  • ・保証が切れていたら費用がかかる
  • ・メーカーに依頼をするので、メーカーに依頼するよりも時間がかかる
  • ・取次手数料がかかる場合もある
  • ・料金が実際に持ち込まないとわからない可能性が高い
  • 海外メーカーの場合は直接問い合わせる必要あり

    家電量販店での修理を検討している場合でも、Apple製品(iMac、MacbookPro、MacbookAirなど)、Microsoft製品(Surface)やDELL製品に関しては直接メーカーに購入者自ら問い合わせる必要があります。そのため、家電量販店に持ち込んでも対応してもらえない場合があります。

    メーカーでのPC修理

    NEC、TOSHIBA、パナソニックやSONYといったPCブランドによる修理サービスです。実際に製造しているのでパーツも純正のものを利用していますし、何よりもクオリティが非常に高いです。修理完了後には新品に近い状況で返却される可能性が高いです。

    修理にかかる期間

    5営業日程度(1週間程度)は少なくともかかるようです。PCメーカーによっては到着してから48時間で修理して返却するというアフターサポートを手厚くしているサービスがありますが、日本を代表するいわゆるメーカーは修理品質が非常に高く管理をしていることもあります。

    パソコンメーカー修理のデメリット

    ・修理に1週間程度の時間がかかる
    ・データが消えてしまう
    ・保証期間がすぎると修理料金が高い

    延長保証はないので1年以内のトラブルに無料対応してもらえます。これに関しては初期不良である可能性が高いので、当然の対応かと思います。気になるのは修理にかかる期間とデータが消えてしまうというところでしょうか。これらが問題ないのであれば、メーカー修理の品質は非常に高いので、おすすめできます。

    メーカー修理よりも安く、データをそのままに修理をしたいので、あれば、街中にあるパソコン修理専門店に依頼することを検討しましょう。

    パソコン修理専門店

    ここまで紹介してきた家電量販店や製造メーカーによるパソコン修理はそれぞれ、メーカー修理になるので違いがそこまでないことがわかってきたかと思います。修理料金が安くなる可能性があったり、データのバックアップがなくても修理をそのまま出せるようなパソコン修理専門店があったら利用したいと思いませんか?

    街中にはパソコン修理専門店が実はたくさんあります。全国展開している修理屋さんもありますし、選択肢が増えて消費者としてはとてもありがたいですね。個人事業主やフランチャイズ展開の店舗が多くありますので、結局のところどのような人がサービスを提供しているかが大切です。

    近くにかかりつけ医を見つける気持ちでいる方は郵送等ではなく、近くの店舗を探されることをオススメします。それでも近所にない場合には

    パソコン修理専門店のデメリット

    ・どこが良いのかわからない(基準がわからない)
    ・悪徳業者の見分けがつかない
    ・情報漏洩等が怖い
    パソコン修理を依頼するのは、他の家電製品と同じように考えますよね。そのため、メーカーに依頼するか、家電量販店に依頼するかというところです。
    参考:パソコン修理でデータは見られる?消えたり、漏洩するリスク

    修理にかかる期間

    実際に店舗に問い合わせてみたところ、修理の症状によって、対応できる期間は異なるようです。大手のPC修理専門店では在庫があれば即日で修理ができるし、電源が入らないなどの診断が難しいトラブルに関しては3営業日くらいかけて診断を行い、修理もしくはデータ復旧サービスを提供するとのことでした。メーカーや家電量販店と比較してもかなりクイックにトラブル解決できそうです。
    関連:突然パソコンが故障して真っ暗になった!データは取り出し可能?

    期間や費用、サービス内容比較表

    ここまで解説してきた内容を整理して一覧表としてまとめました。パソコンを修理する場合にかかる期間や費用やその他に修理依頼をかけるのにあたって気になるポイントをご覧ください。

    項目 メーカー修理 家電量販店 修理専門サービス
    見積もり期間 〜10日程度 〜10日程度 即日対応
    修理期間 2〜7日程度 2〜10日程度 即日もしくは症状次第
    料金 高い 高い 安い
    修理依頼方法 電話申込/サイト/宅配 店舗持ち込み/電話申込 店舗持ち込み/電話申込/サイト/宅配
    データ管理方法 データ消去 データ消去 データをそのまま
    修理後の環境設定 必要 必要 不要
    代替機の貸出 無し 要問い合わせ あっても有料
    情報漏洩リスク 無し 無し あり

    メーカーより安くパソコンを修理したい!

    メーカーよりもパソコンを安く修理したいのであれば、ここまで解説した内容を全て忘れていただいて、街中の修理専門業者の利用を検討していただく必要があります。非正規の修理事業者に関してもメリット、デメリットがありますが、初めての場合にはそれなりに抵抗があると思います。ただ、メーカーや家電量販店にできないことができる場合もあるので、それに関してはどのような修理サービスを受けたいかによります。

    まとめ

    今回は家電量販店、メーカーと修理専門サービスでの修理を比較してみました。修理料金を安くしたい、即日で修理をしたい。梱包がめんどくさいので、店舗に持ち込んだ方が楽だったりします。それぞれどのような修理サービスを求めるかによって、どこに持ち込むかが決まってきます。慎重に選んで、実際に問い合わせてみて信頼できるかどうかも確認するとなおさら良いと思います。

    パソコンのデータ復旧ならDATASMARTへ

    日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。姉妹サービスのSMARTFIXではAndroid修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。

    店舗情報

    住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
    電話番号:050-1744-5752
    営業時間:9時00分~18時00分
    定休日:土日祝日

    パソコンを修理に出す前に!注意点と故障内容別まとめ

    パソコンをいざ修理に出そうと思った時に、やはり少し心配になりますよね。中身(個人情報のかたまり)を見られてしまうんじゃないか、パスワードを教える必要があるのか、データが消えるのか、初期化されるのか、どこがいいのか、高額な修理事業者に騙されないか・・・なんて考え出したらいくらでも出て来ます。それでも修理をして使えるようにしないととても不便です。そんな心配事に一つずつ対処方法を解説して参ります。

    パソコンの購入した際の保証期間内かどうかを確認する

    パソコンを購入した際に保証に入っていたかどうか、実際にまだ箱や保証書、領収書を確認して見てください。購入してからそれほど時間が経っていない場合には保証を使用したパソコン修理を第一候補に考えておくことがおすすめです。何故ならば保証はパソコン購入時に入った生命保険のようなものだからです。支払う修理費用のことを考えるとこれが無料で交換修理ができる一番良い選択肢になります。

    保証期間外の場合

    保証期間を過ぎている場合はメーカー修理にするのか、家電量販店に出すのか、街中にあるパソコン修理店に依頼するのかを考えなくてはなりません。また、メーカーと家電量販店を別で書いていますが、家電量販店で提供される修理は基本的にメーカー修理の受付窓口業務になります。その際の修理にかかる期間やデメリット等をこちらにまとめたので、メーカー、家電量販店、パソコン専門店に依頼を出す場合には読んでみてください。
    参考ページ:パソコン修理出すならメーカー?家電量販店?期間やデメリット比較

    パソコン修理の前にデータのバックアップを

    個人情報が心配、パスワードを教えないといけないという場合にはデータの保存をする意味でも、バックアップをして、初期化をすることで「データが見られる」というプライバシーに関わる問題をクリアにすることが可能です。データのバックアップ方法にもクラウドを利用する方法、外付けHDDを利用する方法等様々あります。

    メーカーのパソコン修理では個人情報を消去・初期化

    保証内で無料修理がやっぱりいい!とここまで来ると思うかもしれませんが、注意しなければならないのはパソコンのデータを保存していない、バックアップがないとなってくると、購入した家電量販店やネットショップの保証を使用した無償修理はできなくなってしまいます。何故ならば、メーカー・家電量販店に修理依頼をすると基本的にデータを消去して作業に取り掛かるためです。これはデータの漏洩を防ぐための対応なのとメーカーの高い基準での修理を提供するのにはデータ削除は必須です。

    参考:【要注意】パソコン修理でデータは見られる?消えたり、漏洩するリスク

    パソコン修理の予算を決める

    修理費用は故障している箇所によります。それによっては新規購入もできてしまう可能性も出てきます。修理料金の相場もおおよそはあるので、それを元に検討する必要もあります。高額な修理業者に騙されないかということですが、Repairs編集部では高額な請求になる可能性のあるパソコン修理サービスを紹介することはいたしません。もしそのようなことがあれば編集部に情報をいただければ幸いです。

    パソコンの故障内容別のオススメ修理依頼方法

    故障内容によって、パソコン修理専門店といっても技術レベルを含め様々なので、調べる必要があります。画面割れ、キーボード不良などは物理的な損傷なので、仕上げの良さはもちろん、期待すべき項目かと思いますが、基本的にはアクセスのしやすさ(近さ)、修理料金で選べば良いかと思います。しかし、電源が入らないパソコンやデータ復旧が必要なパソコンに関してはしっかりと選ぶ必要性が高いです。
    参考:パソコン修理はどこがいいの?!初めてのPC修理業者の選び方

    液晶漏れ・画面割れならどこでも

    踏んでしまったり、重いものが乗ってしまった、テーブルから落としてしまったり、満員電車で押されて加圧が強すぎて液晶損傷したなんて被害の種類はたくさんあります。しかしながら、パソコンの画面割れの修理はパーツ交換修理に基本的になるので、近所の修理屋さんに依頼すれば問題ないと思います。あとはその店舗に在庫があるかどうかを確認すればOKです。

    関連:パソコン画面が割れた!液晶交換修理をする方法・費用相場まとめ

    キーボードの交換修理もどこでもOK

    キーボードのキートップが壊れた、押せなくなった、ジュースをこぼしてしまってネバネバしてしまったので修理したい!という場合にもどこの修理屋さんに依頼しても問題ないです。日本語のキーボードの在庫があるかお店に確認をして、取り寄せの必要があるのであれば、どれくらいかかるのかを聞いた上で修理依頼をするのがスムーズです。

    キーボード交換が一番パソコン修理の中では比較的簡単なので、時間がある方やこういった電子機器に興味がある方で、新規購入を検討している方、安く抑えたい!という方は自分で修理をしてみるのもいいかもしれません。

    関連:ノートパソコンのキーボード修理の値段相場と自分でやるといくらか調べてみた

    大手のパソコン修理店に依頼するメリット

    全国に店舗展開をしているパソコン販売店と修理店を併設している店舗が増えてきています。液晶交換やキーボード交換に関してはパーツを購入して自分で修理する方法もあるくらいには、故障原因が特定しやすいのでどこに依頼してもそれほど大きな差異はないでしょう。そのため、早ければ即日修理が可能できるパーツ部材の在庫を持っていて、全国に店舗を構えているパソコン修理サービスを利用するのをオススメします。

    実際に親切な店員さんがいて、近所のパソコン修理専門店に相談をすることができるようになれば、とてもメリットは大きいです。愛用のパソコンのかかりつけ医を見つける感覚で選んでみてください。

    関連:PCはメーカー修理よりも安く!パソコン修理業者ランキング

    高くても完璧を求めるならメーカー修理

    メーカーに修理を出せばほぼ完璧に動く状態でパソコンが返って来ます。そのため、修理、期間、予算に余裕があるのであれば、メーカーの正規修理が間違いない修理方法です。

    修理にかかる日数

    メーカーにもよりますが、5営業日程度が平均的な修理期間だと考えられます。iPhoneやスマホが手元にあれば十分事足りるので、時間がかかっても大丈夫、という方も増えてきているのではないでしょうか。どちらかといえば修理料金の高さがネックになってくるのではないかと思います。その場合には非正規修理店がオススメです。

    安くて早いのがいいならパソコン修理専門店

    街中にあるパソコン修理店のメリットは画面割れによる液晶交換、キーボード交換、HDD交換等がデータや設定をそのままに修理依頼をすることができることです。画面が割れてしまった場合に見辛いので、できるだけ早く対応してほしい!という場合にはパソコン修理専門店がオススメです。

    修理料金の目安

    非正規修理店のパソコン修理の相場に関しては故障の内容にもよりますが、メーカーの半額程度と言われています。もしくはメーカーが対応できないデータ復旧関連のサービスを提供している場合があるので、メーカーと価格比較のしようがないものもあります。

    修理にかかる日数

    パーツの部材が店舗にあれば即日対応が可能な可能性が高いです。お店によっては特急料金がかかると思いますし、混雑している場合にはその限りではないと考えられます。とにかく急いで修理したい!という方にとって、非正規修理はとても便利なサービスです。

    非正規パソコン修理サービス利用時の注意点

    細かい注意点ではありますが、非正規修理を依頼する場合には自分でデータのバックアップを含め、管理をすることで便利に修理サービスを利用することができます。ただ、バックアップなんてめんどくさい!という方もいるとは思いますので、その場合でも最低限チェックしておいた方が良い注意点をまとめます。

    特に盲点となりそうなネットサーフィンをしていた情報や削除したつもりだけど、実際はまだ完璧に削除できていないデータなど、最終チェックも兼ねて確認してみてください。

    ログイン時のユーザーID/パスワード

    ログイン時に使用するユーザーIDやパスワードに関しても修理後の機能確認のために必要になります。ゲストアカウントを作成し、そのアカウントで修理作業の確認をしてもらうというやり方があります。また、ブラウザに記憶させているWebサービスのパスワード等に関しても普段使用していたものはメモ帳に書き写すか、パスワード管理アプリに保存しておくことを推奨します。

    ブラウザの閲覧履歴・設定

    最近ではプライベートモードで検索することができるようになっていますが、それでもやはりどのようなサイトを見ていたのか、Youtubeの動画でどのようなものを閲覧していたのかを知られたら少し恥ずかしいですよね。ブラウザの閲覧履歴はメニューバーの履歴から削除することが可能です。

    ゴミ箱のデータ消去

    見られたくないものは大体削除した!よしこれで修理に出せるぞー!という方、ゴミ箱の中をちょっと確認してください。削除したつもりがゴミ箱の中に残っている可能性が高いです。これも削除をしてから修理に出すことで個人情報が誰かに少しでも見られるということはなくなります。

    データが重要な場合にはデータ復旧サービスを

    パソコンの修理の際に個人情報の漏洩が気になる場合には、まだパソコンの電源が入っている場合の修理依頼がほとんどかと思います。そして、そのような場合にはデータのバックアップの作成が可能です。しかし、どうしてもデータを取り出したいという場合にはデータ復旧専門業者にお願いすることしか選択肢はありません。

    なぜPC修理店ではダメなの?

    単純な疑問として、どうしてパソコン修理店ではなく、データ復旧専門店をおすすめされるのかわからないと思いますので説明させていただきます。パソコン修理店は基本的に壊れたパソコンを直そうとします。そのため作業としてはデータ最優先ではなく、本体の物理的な修理が最優先です。そして修理サービス利用規約にもデータのバックアップに関してはお客様の責任で・・・と記載されています。

    データ復旧専門サービスだと何が良いの?

    データ復旧専門サービスではデータを保全すること、復旧することを最優先に動きます。私自身パソコン修理をしていた経験上、本体として動くようにして返却したい!と考えていましたが、データを最優先する、という考えがありませんでした。逆に言うとデータがそこまで重要でない場合はデータ復旧専門サービスの利用に関しては全く考える必要がありません。

    パソコンの寿命と修理に関して

    パソコンの寿命は基本的には搭載しているHDD(ハードディスク)やSSD(ソリッドステートドライブ)の寿命によります。平均的な寿命は5年程度と言われています。もちろんパソコンの使用頻度にもよりますが、長期的にパソコンを使用する、ということを考えるというよりは耐久消費財であるという考えを変えた方が良いかもしれません。特に事業用に使わずに家計簿のみをつける、といった場合には良いかもしれませんが、パソコンが2021年現在でそのような単一的な用途で使われることはなく、ほとんどの場合には事業用兼家庭用という使用のされ方をしているのではないでしょうか。

    5年以上使用しているPCかどうか

    基本的にパソコンの寿命は3〜5年程度と言われています。今現状のパソコンが抱えているトラブルによっても実際は修理が良いのか買い替えがいいのかが変わって来ます。下記の症状である場合に、データのバックアップがある場合にはパソコンは修理ではなく買い替えを中心に考えた方が良いかもしれません。

    • 画面が止まって動かないことがよくある
    • フリーズして動かない・強制終了できない
    • ハードディスクを認識しない
    • ブルースクリーンになる
    • HDDからキリキリというような異音がする
    • 初期化をしても動作のスピードや処理に改善がない

    使用年数が5年以上経っているなら買い替えも

    今お使いのパソコンに愛着はありますか?特にファイルを保存するのに使うハードディスクの物理的な劣化は避けられません。Windowsのパソコンであればそのサポート期間の終了等でもソフトウェア的な意味での寿命もやって来ます。この場合には新しいパソコンに買い換えるという選択肢も考えなければなりません。もしくはバックアップを取って、HDDからSSDへの切り替えをして長く使うという方法もあります。

    まとめ

    パソコン修理を出す前にやらなければならないこととしてはデータのバックアップが挙げられます。これは今後のトラブルに備えた対策でもあるので、オススメをします。また、修理の必要な箇所や症状によって修理の依頼先が違うことをご紹介しました。修理費用、期間、個人情報の保護などを含めてお役に立てば何よりです。

    Surfaceのキーボード修理!故障・壊れた場合の交換方法

    Surfaceのキーボードが壊れてしまった。動作がおかしくなって困りますよね。特に仕事で利用される機会が増えてくると思います。会社で新しいパソコンをSurfaceにするなんて話も聞きますし、カフェ等で作業をしている方。営業の方は嫌がったりするようですが、、なんとなく気持ちはわかります。


    おかしい?打てない?Surfaceのキーボードの不調

    実はSurfaceってパソコンのようなタブレットなんです。新しいコンセプトのパソコンで、キーボードと液晶が別売りになっています。
    そして、キーボードではなく、タイプカバーと呼ばれています。これもまた新しいですね。そのため、基本的にはタイプカバーでタイピングが可能なモデルは修理ではなく、新しいタイプカバーの購入をオススメします。

    タイプカバーの修理はできるの?できないの?

    残念ながら、タイプカバーの修理をすることはできません。タイプカバーが反応しない・・・困ったという場合には家電量販店かECサイトで新規購入しましょう。タイプカバーの値段も1万円台なので出費には変わりありませんが、消耗品ですので新規購入で対応されることをおすすめします。

    Surface Laptopはキーボード修理はマイクロソフトの公式サポート

    Laptopモデルに関してはMicrosoftに問い合わせが必要です。また、surface laptopはキーボードと液晶が一体になっているので、タイプカバーではない一般的なノートPCと同じ構造になります。そのためキーボード部分だけ交換修理ができれば良いのですが、キーボードの修理が可能なのはマイクロソフトの公式サポートしか存在しません。
    キーボード以外の修理も難易度が高いSurfaceの修理。実はバッテリーの交換も非常に困難です。これに関しては別のページにまとめていますのでご覧ください。

    関連:電池持ちが悪い?Surfaceのバッテリー交換方法・費用まとめ!

    公式サーフェス修理のデメリット

    マイクロソフトの公式修理のデメリットとしては初期化されてしまうことが最大のデメリットではないでしょうか。本体交換修理になるためデータのバックアップがない場合にはすべてのデータが消えてしまいます。本体交換修理はリファビッシュ品とキーボードが壊れたサーフェスと交換になります。

    修理ではなくタイプカバーの買い替え可能なモデル

    Surface book、Surface Pro、Surface Goはタイプカバーが購入時にセットで付いてくるものなので、キーボードを修理しようとしたらボロボロになってしまいます。そのため、買い替え交換を行う必要があります。

    買い替えするなら家電量販店かAmazon、楽天で

    壊れてしまった場合の購入は買い物に行く時間がなければAmazonや楽天で買うのが良いのではないでしょうか。
    Surface3には使えてもPro3には使えない場合があるので、タイプカバーのサイズが異なる場合や世代が異なる場合には注意しましょう。
    不安な方はヨドバシカメラやビッグカメラの家電量販店に行って、店員さんに教えてもらって購入されることをオススメします。

    まとめ

    Surfaceのキーボードが壊れてしまった時の対処はモデルごとに異なります。Surfacelaptopの場合には基本的にはメーカーにまずは問い合わせて交換修理、SurfaceProやSurfacebookなどのモデルの場合にはタイプカバーを新規購入されることで今まで通りにタイピングができるようになります。メーカー公式修理に依頼に出す際にはくれぐれもデータのバックアップは確実に作成してください。

    【SurfacePro修理】費用や依頼方法、Microsoftの電話番号

    Surfaceの修理はやっぱりメーカー修理が安心、という方のために依頼方法と修理前の注意点をまとめました。一番問題になるのが「データが消えてしまうこと」です。データのバックアップさえしっかりと取っていれば、問題なく修理に出すこともできますし、そのデータを利用して他のPCで作業するなんてことも可能ですよね。

    このページではMicrosoftへの修理依頼方法と修理にかかる費用や依頼前に気になる点をまとめました。

    Microsoft社の公式Surface修理サポート

    故障や不具合を抱えたsurfaceをマイクロソフト社に修理に出す方法を紹介致します。基本的には公式修理を利用される事をおすすめします。液晶が破損して全く映らない場合やデータがどうしても諦めたくなくて何とかしたいという要望をお持ちの方以外は公式サポートではデータが消去されてしまうので、注意が必要です。

    Surfaceの公式修理ではデータが消されてしまう

    メーカー公式のサーフェス修理においては交換修理となります。部品交換修理でなく、本体やデータが記録されているSSDに関しても交換になりますので、注意が必要です。逆に言うとデメリットとしてはデータが消えてしまう点が大きいのではないでしょうか。

    Surface Pro 4やPro5を完璧に直すなら

    Surface Pro4やPro5などProシリーズのサーフェスは構造上修理メンテナンス性がとても低いです。そのため、メーカーでも修理をするわけではなく、新品(再生品である可能性が高い)に交換する対応を取られます。Surfaceにおいて修理をして正常に動作するようにするにはMicrosoftの整備品との交換修理サービスを利用することが必要です。

    Surfaceの整備済み品(リファビッシュ品)ってどうなの?

    Microsoftのサーフェス修理サービスを利用するとリファビッシュ品(整備済み品)との交換修理となります。リファビッシュ品はメーカー基準の動作確認を経た、正常に動作をし、部品も綺麗なものとなります。そのため、完全なる新品ではないので、どうしても新品が良い、もしくは自分がこれまで使っていたものが良いという方にはお勧めできません。

    Surfaceの構造はPCじゃない、タブレットだ!

    surfaceは非常に複雑な構造をしています。薄型化したことにより、通常のパソコンとは造りが完全に異なっており、ほとんどiPadなどのタブレットと同じような構造をしています。そのため、純正のパーツと正規エンジニアが交換修理を行う公式修理を利用するメリットが大きいのでオススメです。ただし、修理依頼前にデータのバックアップや移行作業は自分自身で行う必要があります。修理を依頼する前にデータのバックアップを必ず行ってください。

    気になるSurface修理費用!Surface Pro修理料金表

    何かが壊れたらやっぱりメーカー修理ですよね。Microsoft Completeを持っていなくても保証外で下記の料金にて修理を依頼することは可能です。Pro3以外はそれなりに料金が安くなっていますが、本体の代金はそもそもかなり高額なので、適正なのかもしれません。

    製品名 料金(税別)
    Surface Pro 7 54,157円
    Surface Pro 6 54,157円
    Surface Pro 5 54,157円
    Surface Pro 4 72,090円
    Surface Pro 3 修理サービス終了

    参考(公式サイト):Surface デバイスやアクセサリの保証期間外のサービス コストはどれくらいですか?

    繰り返しにはなりますが、修理ではなくリファビッシュ品(再生品)との交換になります。古いSurfaceに関しては在庫も少なく、交換する料金が高くなっている可能性があります。メーカーとしても修理にかかる時間を考慮すると修理が完了した整備品を交換端末として提供することでスムーズな対応を心がけているのだと思います。

    サーフェスの修理、できれば便利な電話で依頼したいですよね。しかしながら、マイクロソフトはパートナー企業への電話番号は公開していますが、個人の方には電話番号は公開していません。そのためまずはオンラインでの問い合わせをすることになります。
    公式:マイクロソフトサポートページ

    Surface修理を安く抑えたいなら、メーカー以外の修理専門店へ

    ここで料金が気になってしまって、少しでも安くしたい、もしくは再生品は嫌だ!という方は街中の非正規修理店への持ち込み修理をオススメします。その時に選ぶポイントとしては、即日修理ができるか、データがそのままで修理ができるか、です。

    純正のパーツというのは、公認の修理店でしか提供することはできませんが、日本国内にそのようなサービスを提供できるプロバイダーはいません。
    参考記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

    Microsoftによる公式修理依頼の準備と依頼方法

    1. Surfaceのデータをバックアップして下さい。(バックアップ方法はこちらを確認して下さい。
    [スタート]​ ボタンを選択→[設定] →[更新とセキュリティ] →[バックアップ] →[ドライブの追加] の順に選んで、バックアップ用の外部HDDまたはネットワークの場所を指定してください。

    これで1 時間ごとにユーザー フォルダー (C:\Users\username) 内のすべてのデータがバックアップされます。 バックアップするファイルやデータバックアップを実行する頻度を変更するには、[その他のオプション]から変更することが可能です。

    参考(外部サイト):Microsoft official

    2.修理依頼のSurfaceを「デバイス サービスと修理」にこちらから登録して下さい。

    「デバイス サービスと修理」を登録するためには、マイクロソフトアカウントが必要となります。まだアカウントを登録されていない方はこちらよりアカウント登録を済ませて下さい。https://login.live.com/

    surfaceを修理を出す際には、シリアルの確認が必要となりますので、必ず確認して下さい。確認方法はこちらをご覧ください。https://goo.gl/zdjo6h

    3. 修理依頼する Surfaceは特に指定が無ければ、付属品は全て取り外してから梱包・発送して下さい。

    【依頼前の注意点】Microsoftの公式サーフェス修理

    ・基本的に交換対応となるので、データは全て消去されます。バックアップを必ず作成してください。

    ・Surfaceカバーや充電アダプター、SDカード、SIMカード、保護フィルムなどを取り外せているかのチェックを必ず行いましょう。

    ・マイクロソフトのアカウント名は必ず本名で登録して下さい。

    ・ surface修理は基本的にクレジットカード決済となりますので、カード情報も必ず誤りの無いように登録して下さい。

    最終的なSurfaceの修理依頼方法

    1.「デバイス サービスと修理」にアクセスして下さい。(https://goo.gl/dKtv7P

    2.マイクロソフトアカウントでサインインして下さい。

    3.画面に表示される指示通りに情報を入力して下さい。

    4.入力完了後に修理にかかる費用や契約内容などが表示されますので、確認して了承して下さい。

    了承すると決算が完了し、クレジットカード払い処理されます。決算方法はクレジットカードのみとなります。

    5.手続きが完了しましたら、 surfaceをしっかり梱包して指定の送り先へ発送して下さい。

    Microsoftへ発送前の最終チェック!

    発送する前に、もう一度 surface本体のみが梱包されているかチェックしてから送って下さい。

    もし、修理品以外が混入していても、紛失に対してマイクロソフト社は一切責任を負いません。修理期間は修理内容や混雑状況によって変動しますが、目安として修理センター到着後1~2週間を想定しておくと良いでしょう。また、officeのプロダクトキーが再発行されますので必ず印刷するかメモを取ってください。

    これ以降、購入時に使用されていたofficeのプロダクトキーは使えなくなります。

    起動しない・電源が入らない場合

    起動しなくなってしまったという方はまずは「強制再起動」を試してみてください。特にデータが重要だという場合には再起動した際に急いでデータのバックアップを作成してください。以下のページに記載されている方法で起動しない場合にデータの復旧ができないということであれば、街中の非正規修理店に持ち込むことをオススメします。非正規修理の注意点等は追ってご紹介いたします。
    関連:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

    モデルによっては修理受付が終了

    Surfaceはタイプやモデルによって修理サービスが終了している場合があります。この場合にも非正規修理がオススメとなります。

    データが初期化されてしまう

    修理作業にあたっては、サーフェスに入っているデータは消去されてしまいます。またこれまで自分で触っていたものと別のものに交換されます。基本的に提供される修理サービスは交換対応ということです。そのため、データの取り出しや救出はメーカーでは行っていません。データが重要な方はこちらのページをご覧ください。
    関連記事:故障したSurfaceからデータ復旧!大事なデータを取り出したい

    非公式修理をおすすめできるケース

    なんとか修理料金を安く抑えたい、もしくは即日で修理を完了したい!という場合には街中の非正規修理店に持ち込むのをオススメします。また、データがとても大切で仕事で使っている、という場合に関してはデータ復旧サービスの利用をオススメします。

    メーカーでの修理は基本的には郵送での対応ですので、即日はできません。さらに、基本的には修理というよりは本体交換になりますので、データは返ってきません。安価に抑えたい、スピードが大事、データも大事という場合には下記の関連記事をご覧ください。
    関連記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

    公式surface修理に関してのまとめ

    無事にMicrosoftへの修理依頼ができていると嬉しいです。データのバックアップが取れていなくて、起動しないという場合にはメーカーに修理を依頼すると消去されてしまいます。それ以外の修理は基本的にはメーカー修理をオススメします。

    Surfaceでのトラブル・故障の対処法

    Surfaceのトラブルはそんなに何度も体験するものではないはずなので、焦らずに対応することがとても大切です。まずは保証が効くかどうかをしっかりと確認しながらメーカー修理への依頼をしてみてください。まず何か問題が発生した場合にするべきなのは「強制再起動」です。これをやってどうにもならない時に、データが重要でない場合には、新しく買い換えた方が良いと思います。

    参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

    Surface修理なら

    【PR】日本橋(東京)でSurface修理サービスを展開しているSMARTFIXをオススメします。Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっているなど、デバイスサポートをする環境に関しても配慮しているサービスです。スマートフォンの修理で培った修理技術を他に転用し、Surfaceのデータ復旧、取り出し、データ移行サービスを行っています。

    店舗案内

    SMARTFIX日本橋
    営業時間:平日10:00~19:30
    電話番号:050-1467-1977
    住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2−1 新商日本橋ビル5F


    おすすめのサーフェイスは?選び方

    Repairs編集部で考えているのは、Microsoftのサーフェスの公式修理料金は非常に安いというところです。安いというよりはリーズナブルとでも言うのが適切でしょうか。また、中古で購入するのも使い方によっては「アリ」な選択肢です。しかし、中古だとまた同じ目に遭うのでは?と思う方がいるかと思います。
    バッテリー内蔵型のデメリットがどの程度の劣化をしているかわからないということです。そのため、基本的にはSurfaceを購入するには新品で購入するのがおすすめです。よかったらチェックしてみてください!
    関連:Surfaceのおすすめモデルの選び方!元パソコン修理屋が厳選

    Surface修理:東京都内のおすすめの店舗と費用・見積もり

    東京都内でsurfaceの画面が割れてしまって修理をしたい!こんな時にマイクロソフトによる公式メーカー修理と街の修理屋さんという修理依頼の方法があります。地方には店舗が少なかったりしますが、東京には修理店が数多くあります。

    Surface修理に関しては、公式修理でなければ対応出来ない修理や本体交換になる修理が多いですが、実は画面割れ修理の場合は、街の修理屋さんの方がお得になる事が多々あります。今回は、皆さんがお得に修理出来る様に、街の修理屋さんのsurface画面割れ修理をご紹介いたします。

    Surface画面割れ修理は街の修理屋さんとメーカーどう違うの?

    修理を依頼される際に皆さんが気になるのは次の3点だと考えられます。

    ・修理にかかる費用

    ・修理にかかる期間

    ・修理後の中のデータ

    街中のSurface修理屋さんであれば、この3点を全て解決できます!

    修理にかかる費用が安い

    Surface公式修理は使用するパーツが純正(メーカー工場から出荷した)の物のみなので、本体交換もしくは非常に高価なパーツとの交換になります。一方で、街の修理屋さんは互換性のある非純正パーツを使う為、価格を抑える事ができます。

    非純正と聞くと不安になられるかと思いますが、修理業者にもよりますが、非常に品質の高いパーツを使用しているので安心して下さい。また、パーツに一定期間保証を付けている業者もあるので、万が一の場合も保証期間内であれば無料で交換してくれます。少しでも安く、データをそのままに修理をしたいという方は、街のSurface修理屋さんをお勧めします。

    参考記事:Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

    Surfaceの即日修理が可能

    マイクロソフトに公式修理を依頼される際は、基本的に修理センターに発送、マイクロソフトのエンジニアが診断、見積り、それからようやく作業開始となります。その為、最短でも2営業日程かかり、混雑具合によっては2週間近く掛かる場合もあります。

    しかし、街の修理屋さんのsurface画面交換であれば、当日の受け取りも可能ですので、午前中預けて午後に受け取りなんてことも出来てしまいます。時間の面では、街の修理屋さんが圧倒的にメリットが大きいと言えるでしょう。

    マイクロソフト公式修理に依頼して、お手元に戻るまでの時間を比較すると、街の修理屋さんの方が最大10日前後早い場合もあるので、画面割れ修理を早く済ませたい方は街の修理屋さんをお勧めいたします。

    参考記事:Surfaceが壊れた!Microsoft(正規)に修理依頼方法、値段と注意点

    街中の修理屋さんの場合、データを残して修理が可能

    公式修理との最大の違いは、このデータの扱い方にあります。公式修理は端末内の個人情報の管理方法をユーザー個人に任せており、修理をする際は必ず初期化を行いデータを消してから作業に入ります。もしくは本体交換になるので、完全に新品になって返って来ます。

    そのためバックアップは必須となり、修理後も復元作業を要するなど、機械に詳しい方でないと少々面倒であります。しかし、街の修理屋さんは壊れたパーツのみを交換するので、データには一切触りません!つまり、そのままの状態で作業ができるので、バックアップが仮に取れていなくてもデータを救えます。

    また、面倒な復元作業も一切必要ないので、受取後にすぐお使えになりれます。この利点は非常に大きいので、REPIRS編集部がお勧めする理由でもあります。データの復元作業も時間が掛かるので、手間を考えても街の修理屋さんの方がメリットが大きいです。

    参考記事(外部サイト):surface修理後のデータ復元方法

    以上の3点の大きなメリットがありますので、画面割れであれば街の修理屋さんをオススメします。

    東京都内のおすすめの街の修理屋さん

    surface修理は非常に高度な技術を要します。値段のみで決めてしますと、上記の三つのメリットがあっても修理が失敗して台無しにされてしまう事もあります。そうならないためにもRepairs編集部が独自の目線で厳選した都内のSurface修理屋さんを紹介しますので、参考にして下さい。

    SMARTFIX東京日本橋・神田店

    SMARTFIXオフィシャルサイト

    surface修理からMac修理まで幅広く可能で、技術力に定評があります。東京都内では新日本橋駅の近くに店舗を構えています。修理風景もブログで公開されていますので、そちらでも修理技術を確認できます。

    データ復旧などにも対応できるので、起動しなくなってしまった症状でも対応ができるようです。宅配修理依頼も受け付けているので、遠方の方にも対応が可能です。Surfaceの画面割れ修理にも即日対応できるので、お勧めの修理業者と言えます。Googleレビューも高評価を得ていますので、利用者からの支持も厚いです。

    Surface画面料金修理(目安):55,000円~

    HP  公式サイト

    タブレットまっくす代々木駅前店

    タブレットまっくす

    タブレットまっくすは元々スマートまっくすというスマホ修理店から派生したブランドです。ブログでも細かく実際の修理事例を公開しています。東京都内には他にも銀座に店舗を構えているので新橋等のオフィス街の方にはおすすめです。

    ハンダ付けの技術力が高く、物理故障に特化した修理屋さんですので、安心して相談することができます。関西側でお店を探しているのであれば、問い合わせてみることをオススメします。

    Surface画面料金修理(目安):39,800円~

    HP  公式サイト

    surface修理王渋谷店

    スマートフォン修理を中心に全国展開しているスマホ修理王が提供しているsurface版の修理屋さんです。対応店舗は都内では4渋谷、上野で来店修理を受け付けており、その他地域でも宅配修理受付を行っています。画面割れ以外には水没修理にも対応しているので、お困りの方は問い合わせてみるといいでしょう。

    年間12,000件の修理実績があるようなので、経験豊富なスタッフが在籍していう事が予測されます。「surface修理王 評判」と検索結果に出て来るくらいなので、評判を気にしている人は多いのかもしれません。

    Surface画面料金修理(目安):40,000円~

    HP: 公式サイト

    全国に受付窓口があるSurface修理店

    パソコンドック24新宿店

    全国展開をしているパソコン修理店です。

    多くのパソコン修理を経験していますので、surface修理の経験も豊富です。Surface修理の特設ページも用意されていて、画面割れの他にも水没復旧やSSD交換などのカスタマイズ修理も可能である事が分かります。

    全国に支店があるのでお気軽に来店が可能である点と規模の大きな修理屋さんという安心感もあります。

    全店舗ではないですが、即日修理対応も可能です。

    surface画面交換修理(目安):40,000円~

    HP :公式サイト

    まとめ

    surface修理で画面割れ修理に関しては、東京都内の修理屋さんに依頼される事に大きなメリットがある事を紹介しました。

    費用、時間、データと利用者には嬉しい大きな利点であると思います。公式修理に依頼するのも一つの手ですが、街の修理屋さんと比べてから依頼する事をお勧め致します。その際に、お勧めの修理業者に挙げた4店舗を中心に考えて頂ければ間違いないかと思います。REPAIRS編集部は今後も有益な情報を随時公開致しますのでご期待下さい。

    修理代金が高いと思ったら買い替えも

    Surfaceの修理はあくまでも手段であると思います。最近は中古のSurfaceも安くなってきていますし、新モデルのSurfaceも発売しているので、データのバックアップがあり、必要でなければ新規購入をしても良いかもしれません。Surfaceの購入を検討される場合には最新のモデル含め、使い方・使う方に応じたおすすめできるSurfaceをまとめましたので、参考までにご覧ください。
    参考:Surfaceのおすすめは?購入時にMicrosoft Completeに入るべきか否か

    トップへ戻る