【徹底解説】壊れたスマホからデータ取り出し!データ復旧方法ガイド

我が子が産まれたときからの成長を記録した写真や動画、家族旅行先で撮影した食事の写真や風景写真など、たくさんの思い出が詰まったスマートフォンが壊れてしまった。そんなときにどのように対処すべきか、どこに依頼すべきかは初めてのトラブルではわからないものです。このページでは大切な写真や動画をスマートフォンからデータ取り出し(データ復旧)をするためのベストな方法やデータ復旧業者をまとめてご紹介します。

データを取り出すことをデータ復旧と言います

まず最初にご案内させていただきたいのが、壊れたスマホからデータを取り出すことを「データ復旧」と言います。これは元々はスマホ以前に使われていた電子機器であるパソコンでも同じように故障してしまった時に仕事で保存した重要なデータを取り出したい、というニーズから産まれたサービスです。そのため、データ復旧専門業者が世界中に存在しています。

修理とデータ復旧は正反対

修理ではないの?と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、修理というのは物理的に破損したものを元あった状態にすることです。ただ、修理作業をする人は中に保存されたデータのことを知る由もありません。データは各個人が作成した他にない唯一無二の存在だからです。

一方で「データ復旧」では修理と異なり、中に保存されたデータを何としてでも取り出すことを目的に行います。ただでさえ、スマホ本体が壊れてしまっているのに、それを修理しながらデータを何としてでも取り出すというのは非常に難しいですし、修理とデータ復旧は相反するものです。

特に修理サービスとデータ復旧サービスの違いとして大きいのは「電源が入らなくなったスマホ」に対しての対応かと思います。修理サービスでは基本的に本体交換になります。一方でデータ復旧業者では本体を起動する状態にしてデータを取り出すということを行います。電源が入らない状態というのは一見シンプルなようで、原因がさまざまであるため本体交換をした方が良いと判断されるのです。

スマホの製造メーカー・モデル

スマートフォンは家族の写真や動画の撮影だけでなく、ゲームのアプリや暗号通貨の鍵として使用している方もいるかと思います。日本国内ではかなりのメーカーからさまざまなモデルが販売されています。

  • Apple iPhone(アイフォン)
  • SHARP Aquos(アクオス)
  • Samsung Galaxy(ギャラクシー)
  • SONYモバイルコミュニケーションズ Xpreia(エクスペリア)
  • 富士通コネクテッドテクノロジーズ Arrows(アローズ)
  • OPPO Reno(レノ)

利用されているスマホの約半数はiPhone

実は世界初のスマートフォンはiPhoneではなく、IBMから発売したSimonです。ただ、日本で販売されることがなかったため、日本国内ではスマートフォンといえばiPhoneという印象を持つ方も多いかと思います。

それもそのはずで、日本国内のシェアは50%程度とほぼ半数を占めます。そして、iPhoneはApple社から販売されたスマートフォンでiOSという専用ソフトウェアで動いています。そのためiPhoneに関してはデータ復旧サービスを標榜したiPhone修理店が存在します。iPhone修理店でのデータ復旧サービスは基本的には修理と変わりませんので、ご注意ください。また、データ復旧技術に関しても店舗によって異なり、玉石混交の状態です。

Androidスマホはメーカー各社が製造

それに対してそのほかのスマホはAndroid OSで動いていて、各社メーカーが製造しています。また、Androidスマホに関しては世界中のさまざまなメーカーから製造販売されています。日本ではスマホが使われた始めた時はXperiaが最も人気でしたが、現在ではSHARPのAQUOSフォンの利用者がかなり増加しています。

Androidスマホに関しては構造がiPhoneとは異なりますし、モデルもさまざまあるため使用されているチップなどが異なります。そのためデータ復旧難易度が非常に高いです。詳しくは別のページでも解説させていただいておりますので、そちらをご覧ください。

【関連】壊れたandroidのデータ救出・スマホからデータを取り出す方法

メーカーではデータ復旧に非対応

ただし、どこのメーカー製のスマホでも基本的に「撮影した写真や動画のデータ取り出し」が目的である場合にはメーカーに依頼することは難しいです。一部メーカーではデータ復旧サービスを提供していたこともありますが、基本的にデータ復旧技術をメーカーは持っていないので、必要なパーツはあるものの、データ復旧をすることはできません。また、スマートフォンの販売元が日本ではdocomo、au、Softbankなどのキャリアが対応することもありますが、データ復旧の対象が限定的であったり、端末の返却がされないなどのデメリットがありますので、十分に注意が必要です。

スマホが壊れた!メーカー修理はデータ消去

スマホが壊れてしまって、メーカーやキャリアに修理に出そうと問い合わせると「初期化となるので、内蔵データは消去することになります」という回答になります。そのため、スマホ内部に重要なデータが保存されている場合にはメーカーやキャリアに相談しても良い結果には繋がりません。また、中に保存されたデータは保証の対象ではありません。

スマホの故障の原因

家の中でも、外出先や旅先でもスマホがあれば写真を撮ったり、ゲームをしたり、動画を観たりすることができます。そのため、さまざまな故障の原因があります。最も多い故障は経年劣化による「自然故障」です。自然故障によって充電してもスマホが起動しなくなってしまいます。

マザーボード・基板(基盤)の劣化による故障

スマホで動画を観ていたり、複数のアプリを同時に使用することで負荷がかかり、スマホを動かしているマザーボード・基板が劣化していきます。初めて耳にする方の多くは基板を基盤と思われるかもしれませんが、正しくは基板と言います。

基板が壊れることで、スマホは正常に起動出来なくなってしまいますし、ある日突然シャットダウンすることから「突然死」と言われることもあります。この場合には充電ケーブルを挿し込んでも立ち上がることはありませんので、個人の方にとってはなす術がありませんし、何も自分で触ろうとしないことが最も良い対処方法です。

【参考】iPhoneが突然シャットダウン・起動しない場合の対処法

基板の経年劣化による故障に対しては基板修理という処置を行うことで壊れたスマホを一時的に復旧させることができます。一時的に復旧している間にデータを吸い上げて保全することがデータ復旧業者の仕事です。

スマホの基板修理はデータ復旧作業の中のごく一部の作業ですが、どのようなことを行っているか興味のあるかたもいらっしゃるかと思いますので、こちらをご覧いただければその難しさや複雑さをご理解いただけるかと思います。

【関連】【故障】スマホ基板(基盤)修理でデータ救出

初期不良による起動不良

最新のモデルのスマートフォンが販売のタイミングで乗り換えをする方も多くいらっしゃるかと思います。その際にデータ移行もしますが、初期不良だった場合であっても、中に入っているデータは保証対象にはなりません。そのため、スマホ本体は保証範囲内で無料で新品にすることはできますが、残念ながらデータを取り戻すことはできません。

スマホを水没させたことによる故障

お風呂、洗面所、トイレなど水回りでスマホを使用していると水没してしまって電源が入らない状態になってしまいます。電源が入らない状態から一時的に起動するようにしなければなりません。この場合には動くようになったとしても再びいつ壊れてしまうかはわかりませんので、修理して使い続けることはおすすめできません。

一度水没したスマホを使い続けて、再び電源が入らなくなる可能性が十分あります。その際にバックアップとなるデータがないと再度起動するようにしなければなりませんが、一度水没して状態が悪くなったところからさらに壊れたものを直すのは非常に難易度が高くなります。そのため水没修理というサービスを提供している修理店も存在しますが、おすすめできません。

水没した場合にはスマホ本体内部でショートが発生していることがあります。これに関しては別のページでまとめていますので、そちらをご覧ください。

【関連】【スマホ水没】ショートから復活・データ取り出し

壊れたスマホの症状別データ復旧難易度

スマホの壊れ方によってもデータ復旧の難易度が異なります。それによって料金やかかる期間が異なりますので、症状別にも整理して解説させていただきます。

電源が入らなくなってしまったスマホ

一度電源が入らなくなってしまったスマホに関しては再度正常に起動する可能性が非常に低いです。そのため前述した通り、メーカーやキャリアでの対応は本体交換となります。

スマホが再起動を繰り返す

スマホが正常にシステムを稼働させることができなくなってしまうことによって、ソフトウェアの再起動を繰り返すトラブルが発生します。この状態からのデータ復旧の難易度は非常に高く、データ復旧作業に当たる側も非常に神経をとがらせて扱うことになります。

また、データ取り出しにかかる期間としても1か月以上かかってしまうこともあり、データ復旧料金は高額になることを覚悟する必要があります。特にAndroidスマホではXperiaで多くの方が困っている印象があります。

【関連】Xperiaが起動しない・再起動ループを繰り返すトラブル対策ガイド

自分で壊れたスマホからデータ取り出しはできるの?

結論からお伝えすると、非常に難しいです。個人で修復やデータ復元は自分で処置をしてさらに壊れてしまっても後悔しない場合に限って行ってください。

何故かと言うと、スマホやパソコン(HDD)、あらゆるデータストレージ製品に関しては一度壊れた後は何をしても状態が良くなることがないからです。基本的にスマホを含めたハードウェアに関しては状態が悪化することはあっても改善することはないです。

ごくまれに一度壊れたスマホを放置しておいたら改善する、ということもあります。ただし、それも直ったわけではなく、何かしらの障害が発生していたものを偶然スマホのソフトウェアが無視することができたようなものです。

スマホの物理故障に復旧ソフトはNG

「スマホ データ取り出し」などのキーワードでGoogleなどの検索エンジンで検索すると無料で使用できるデータ復元ソフトを見つけられるかと思いますが、スマホの物理的な故障に関してはデータ復元ソフトが役立つことはありません。

なぜならば、正常に動作しない状態ではデータ復元ソフトがスマホをスマホとして認識することができないからです。そのため、まずは壊れたスマホを正常に動作するように修復し、そこからデータ復旧する必要があります。

データ復元ソフトに関して、データ復旧で使用できるのは自分で誤って写真を削除してしまったときや初期化してしまった時にのみ有効です。ネット上で評判などを検索することは可能ですが、どのような用途で有効かどうかはほとんどわからないかと思います。

データ復元ソフトを使用する場合には大丈夫かどうか、怪しくないか、安全性は高いかどうかなど十分に下調べをして、ソフトを走らせることで壊れたスマホの状態がさらに悪化することを承知した上での使用をなさってください。

くれぐれも検索結果で上位に表示されたから、という理由での使用は絶対に避けてください。

SDカード対応スマホの場合はSDカードからデータ復元も

SDカードにデータを保存ができるスマホに関しては一部のデータはSDカードに保存されている場合があります。スマホが大破している場合には中に入っているSDカードも損傷している可能性がありますが、SDカードからのデータ復旧をすることも可能です。

基本的にはデータを保存しているストレージ製品はデータ復旧の可能性があります。ただし、損傷した製品を直接見て、診断してみないと復旧可否がわかりません。これは骨折した場合にはレントゲン撮影をしないと正確な状態がわからないというものに近いです。

損傷したSDカードからのデータ復旧に関しては別のページで詳しく解説させていただいておりますので、そちらをご覧ください。SDカード、スマホのどちらに重要なデータが保存されているかわからない場合にはこのまま本ページを読み進めていただければと思います。

スマホのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。姉妹サービスのSMARTFIXではAndroid修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。捜査一課元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

まとめ

スマホに保存された大切な動画や写真などのかけがえのない思い出のデータ、これまでやってきたゲームのデータなど、大切なデータは人それぞれ違いますが、スマホに集約されつつあります。それだけ高機能なハードウェアからデータを取り出すことをどのようにすればできるのかを徹底的に解説させていただきました。

スマホが壊れてしまって途方に暮れることもあるかと思いますが、データを取り出せる可能性は十分にあります。自分でやる前に専門家に聞くのは無料ですし、話してみてから決めるのが最も賢い行動ではないかと思います。

NEC製パソコンで電源が入らない!修理かデータ復旧

日本を代表するパソコンメーカーであるNEC(LAVIE)ですが、電子部品の塊である精密機器である以上使い方に一切問題がなくても突然電源が入らなくなるトラブルは発生してしまいます。NECのパソコンが突然電源が入らなくなってしまった、突然シャットダウンするなどのトラブルの原因は経年劣化が原因であることもあります。さまざまな状態別で対処方法を解説させていただきます。

初動を誤るとHDDやSSDなどのストレージの中に保存されているデータが消えて無くなってしまうリスクがあります。十分に注意をする必要がありますので、電源ボタンを押したりするなどを自分でする前にこのページをご一読ください。

NECのパソコンの電源が入らなくなってしまう・起動しない状態の原因はケースバイケースです。また、電源が入らないという状態は同じであっても根本的な原因は千差万別です。なお、ご自身での障害の切り分けによる原因の特定は極めて困難であることが予想されますし、誤った処置をすることでデータ消失の可能性が高くなってしまいます。基本的にバックアップがあれば特に迷うことなく本体を新品にするかメーカー修理サービスをご利用されることを推奨致します。

NEC製パソコンの電源が入らない場合のよくある原因

NECのパソコンの電源が入らなくなってしまう場合によくある原因を解説いたします。ご自身で対処してデータ復旧率を下げるようなことがないように順番に記載しますので、ご確認ください。

下記に記載している原因はあくまでも一例ですので、実際にパソコン内部で起きている起動不良の原因は複雑であり、個人で解決できないものがほとんどであることをご留意ください。

電源ケーブルの接触不良・断線

デスクトップ型のNECのパソコンを使用されている方は最初に源ケーブルがコンセントに差さっていることをご確認ください。充電されない状態でパソコンを使用することで、パソコンの電源が突然落ちてしまうことがあります。NEC製のノートパソコンを使用されている場合には充電を長時間していないまま使用し続けているか、また長期間使用をしていない限り問題ありません。

また、電源ボタンのリード線が断線したことによって正常に電源が入らないようになっていることもあります。

電源ケーブルの断線・ACアダプターの故障

充電ケーブル自体は日ごろの使用状況は人それぞれですが、イス等で潰してしまったりして、摩耗している場合には充電ケーブルが断線している可能性があります。また、長期間使用している場合にはACアダプターが壊れることもありますので、経年劣化の可能性がある場合にはメーカーサポートへの相談をおすすめします。

バッテリーの不具合

NECのノートパソコンの場合には内蔵バッテリーの経年劣化の可能性もありますが、正しく充電ケーブルが挿し込まれている場合には電流が流れるので起動します。もし起動しない場合にはバッテリーの問題は考えづらいです。

電源ボタンの故障・電源ユニットの故障

充電ケーブルやACアダプターの接続や充電に問題が無さそうでしたら、電源ボタンを確認してください。モデルによってボタンの設置個所は異なりますが、電源ボタンが反応しなくなってしまっている可能性があります。長押し(10秒程度)をしてみて様子を見てください。

ただし、電源ボタンが物理的に破損することはほとんどありません。そのため電源ボタンを押してもパソコンが起動しない場合には、電源ユニットでの何かしらの障害が発生していることも疑わしいです。

NEC製デスクトップ型のパソコンの場合

電源ユニットにも別の電源が設置されている可能性があります。製品説明書などをご確認の上、別の電源が落ちていないかを確認してください。電源ユニットが原因である場合にはNECのメーカーサポートへのお問合せを推奨します。

【関連】:NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > 修理サービス

メインボード・マザーボードの破損

パソコンの中枢部分であるメインボード・マザーボードが破損したことによって正常に立ち上がらないようになっていることがあります。特にデスクトップ型のパソコンの場合には電解コンデンサの液漏れ、融解などの故障がよくあるトラブルです。コンデンサが膨張したり、液漏れがある場合にはコンデンサを交換することで正常に電源が入るようにすることができます。

また、メーカーによる修理料金は¥58,960~¥62,260です。SSD搭載のオンボードタイプのノートパソコンの場合にはマザーボードを交換することでデータ復旧ができなくなってしまう可能性が高いので、十分に注意が必要です。

電源が入らない場合のNECによるメーカー修理料金と注意点

電源が入らない状態のときにはNECに依頼する場合にも故障したPCを直接見てみないと判断することができません。

電源ユニットの故障の場合

2021年12月22日時点でのメーカーが公開情報ではLAVIE、VarsaPro、VALUESTAR、Mateの電源ユニット交換費用は¥39,380~¥42,680です。
LCDはシャープNECディスプレイソリューションズ株式会社、NEC三菱電機ビジュアルシステムズ株式会社製品以外のLAVIE Tabシリーズ(タブレット)、LAVIE N11シリーズ、NEC GIGAスクール向け端末は対象外です。

ただし、NECでのパソコン修理になる場合にはHDDやSSDなどのストレージ内のデータは初期化される可能性が非常に高いです。そのため、問い合わせの際に「データの取り扱い」に関して担当者の方にご確認ください。

電源ユニットの故障の場合

マザーボードが故障している場合にはメインボードの交換修理になります。この修理には¥58,960~¥62,260の費用がかかります。HDDではなくSSD搭載型のモデルである場合にはマザーボードを交換してしまうことで暗号化されたデータにアクセスできなくなる可能性が非常に高くなります。

それによってSSDに保存されたデータに再びアクセスできなくなってしまうリスクが非常に高い点にご注意ください。

NEC製パソコンの電源が入らない場合のシチュエーション

落下による破損

ノートパソコンを使用している机から落としてしまった、持ち運んでいる際の不注意で落下させてしまった場合やノートパソコンを入れたバッグごと落下させてしまったなどさまざまなシチュエーションで落としてしまうことはあるかと思います。

この場合にNECの公式サポートを受ける場合には別途追加料金が発生しますので、少なくとも2万円以上の費用がかかります。また、修理をする場合には内蔵ストレージに保存されたデータは初期化されますので、その点もご注意ください。

落雷による停電

落雷時に電源と繋がっている場合には雷サージの影響を受ける可能性があり、それによってパソコンが壊れてしまうことがあります。それによって電源が入らなくなってしまいます。また、停電時にはノートパソコンは問題ありませんが、デスクトップ型のパソコンの場合には突然のシャットダウンになりますので、それによってシステムが正常に終了出来なかったことなどが原因で電源が入らなくなる可能性があります。

水没や水濡れ

ノートパソコンで作業をする人はデスク移動やカフェでの作業をすることに慣れているのか、自宅などで作業をしているとついうっかりグラスに入った水やマグカップのコーヒーをこぼしてしまってノートパソコンが水没してしまうこともあります。

水没してしまった場合のノートパソコンは状態が良くありません。そのためメーカーであるNECの公式修理ページにもありますが、水没の場合の修理依頼の際には別途追加料金が発生します。

また、一度水没させてしまったパソコンを修理する場合にはメーカー修理をおすすめします。基本的には浸水してしまったノートパソコンを継続して使用するのは推奨できないのですが、メーカーであれば完璧に修理することが可能です。

ただし、別の項目でも解説させていただいていますが、データは初期化されますので、その点はご注意ください。

実際にDATASMART KNOWLEDGE編集部でも水没させたメンバーがいるので参考までにご覧ください。

【関連】:<実録>ノートパソコンに水をこぼしました…!対処ガイド

NECのパソコンからのデータ復旧実績

NECのパソコンが壊れてしまって起動しない状態になった場合にもDATASMARTではデータ復旧することが可能です。一部の事例をご紹介させていただきますので、参考までにご覧ください。

NEC PC-HZ750LAL 512GBからデータ復旧

8/30 9:00ごろ、グラスを倒し、キーボード上から水がかかってしまった。(モニ
ターは開き、電源が入った状態)すぐに水を拭き取り、上下をひっくり返して(キーボードを下にして)保管。

電源が入らず、データがどうなっているかわからない状態からお客様の希望するすべてのデータを復旧しました。

Macのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にて半導体ストレージ製品のデータ復旧サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhone、Androidスマホを中心にデータ復旧を行ってきた技術と最新設備によって、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。捜査一課・デジタル捜査班の元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

サービス情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

まとめ

電源が入らない状態になったNEC製のパソコンに対してはメーカーの修理が安心できるかと思いますが、メーカーが対応していないデータの復旧はデータ復旧専門業者に依頼されることをおすすめします。特に電源が入らない状態ですと何が原因かというのが非常に複雑で判断しづらいです。

Macbookが起動しない!対処方法とデータ取り出し

Macユーザーは世界に非常に多くいます。デザイン性の高い製品であることから、スターバックス等のカフェでMacbookを使っている方が一時期は非常に多かった印象があります。このページではMacbookやMacbookProが起動しなくなってAppleに問い合わせたものの、データトラブルが解決しなかった方のための情報をまとめて解説させていただきます。

水没や落下による物損は保証対象外

素晴らしいMacですが、Macbook Proなどの製品に関してはコーヒーをこぼしてしまったり、牛乳をこぼしてしまったりなど水没するトラブルは避けることができません。ただ、こういったアクシデントのようなトラブルは本当に少なく、実際のところは経年劣化による自然故障による電源系のトラブル、落下させてしまったことによる起動不良のトラブルです。

こういったトラブルに見舞われてしまったときにApple care+に入っていれば本体自体の修理サービスを無料で受けることができるなどがありますよね。ただし、水没してしまったり物理的な破損に関してはアップルケアの無料サポート対象外で有償での修理となります。

Apple社はデータ復旧には非対応

Appleの公式サポートではこれまで作成した書類やパワーポイント、イラストデータなどのデータに関しては何か解決するサービスを提供していません。AppleはMacを製造していますが、データ自体は顧客(ユーザー)自身が作成していると考えているからです。

Appleだけがそのような対応なの?

電源が入らなくなって非常に困っているし、中に入っているデータを何とかしたいのに、Appleの公式サポートは何もしてくれない・・・と落胆されるかと思いますが、基本的にすべてのパソコンのメーカーサポートにおいて、この状況に代わりはありませんし、むしろAppleのサポートというのはメーカーの中で突出して素晴らしいと言えます。

Macの中に保存された写真はAppleにとって価値がない、と言ったら極端な話になりますが、Appleが十分に注意を払っているのは、製造したデバイスが正常に動作するか、ということです。これは基本的にすべてのデバイスメーカーに共通します。

バックアップがあるかどうかを確認

まずはデータのバックアップを作成しているかどうかを確認してください。重要なデータがタイムカプセル、外付けHDDやSSDに保存されていればデータ復元はそこから行うことが可能です。ただし、バックアップデータなどがない場合には、データ復旧をしなければなりません。また、一般的な故障においてはデータ復元ソフトによる自分自身で行うデータ復旧をすることができますが、起動しない状態になってしまった場合には、まず起動するようにしなくてはなりません。

壊れたMacbookからのデータ取り出し方法

では、データを取り出すにはどのようにすれば良いのでしょうか。
ここからデータ復旧をする場合の選択肢をご紹介させていただきます。

選択肢としては2つです。
①修理業者へ依頼する
②データ復旧業者に依頼をする

基本的にMacbookのみならず精密機器に関しては工場で製造されてから、使い始めると状態自体は改善することはなく、悪化して行きます。かんたんに言えば、使用していけばいくほど壊れて行きます。また、極端な言い方をすれば一度使用をして放置していても状態は悪化していくので、あるときに急に立ち上げて、あの写真が見たいな、と思っても正常に立ち上がらないこともあります。

何故かと言うと、純粋なハードウェアは状態を改善することはできません。自動修復機能のようなものは存在しないからです。例えとしてお伝えすると、人間の身体に関しては自然治癒や回復力がある場合にはそれによって状態を改善することができます。それは適切なエネルギーを食事によって摂取することや睡眠することによって達成されます。

一方でMacなどのパソコンに関しては栄養などの摂取はすることができず、水のような電気のみが供給されるのみです。そのため、基本的に故障することしかありませんし、そのときの修理方法というのはわかりません。

もちろん今日においてはGoogleで検索すれば情報にアクセスすることができますが、正しい情報かどうかの精査は難しいです。そのため、情報にアクセスしたものの、正しい情報なのかはわかりません。

長くなってしまいましたが、データ復元ソフトを使用する場合には、そのデータ復旧ソフトが信頼できるのか、どうしてそのソフトを使うことでデータ復旧ができるかを家族や知人に説明できるくらいになる必要があります。検索結果で1位に出てきたからそのソフトを使用した、という理由になってしまうと後悔することになります。

また、本体として起動するようにならない限りにはデータ復元ソフトがデバイスを認識しませんので、その点も注意が必要です。

データ復旧業者に依頼するメリットとデメリットを解説させていただきます。最大のメリットはデータ復旧業者選びに失敗しなければ、データが戻ってくる可能性が高いということです。デメリットとしては費用が発生するということ、どの業者が信頼できるかわからないということです。

人によっては検索すればするほどわからなくなる、という方もいるかと思いますが、それがある意味では正しい判断のように思います。なぜならば、データが復旧できるまで、その業者に対して信頼することが難しいからです。

場合によっては何業者も巡る方もいます。1社目を信頼して依頼したが、不誠実な対応をされた、2社目に依頼したらデータ復旧できないと判定されたなどもあります。基本的にはその壊れたMacに関わる人数が増えれば増えるほどデータ復旧難易度は高まります。

データ復旧業者はオンラインで見つけられるソフトを使用することはあったとしても、何例も同じ症例を復旧させたノウハウが蓄積されているので、使用することで復旧できるのであればデータ復元ソフトを使用します。

ただし、私たちのようなデータ復旧業者はなぜ存在するのでしょうか?それはオンラインで見つかるソフトが全てを解決することがないので存在しています。中には有効なデータ復元ソフトがあるのも事実だと思いますが、「Macが起動しない」といえども、原因はさまざまです。

Macbookなどのモデルにもよりますが、本体を正常に起動させることができなければデータ復旧することはできません。特に最新のモデルの薄型のMacbookなどはセキュリティレベルが格段に高まっており、本体としての立ち上がらない限りにはデータを取り出すことはできません。

最新のMacをお使いの方はデータ復旧の難易度が非常に高いことをお伝えしなければなりません。

なぜMacbookからのデータ復旧が難しいの?

最新モデルのMacbookやMacbookProではSSDを搭載しており、HDDではないため、セキュリティーがより強固になっています。それによって本体として起動するようにしなければ基本的にデータを取り出すことはできません。HDDのデータ復旧に関しては古くからあるデータ復旧業者の持つ技術で対応することができるのですが、オンボードSSDからのデータ救出は全く別の技術を要しますので、非常に難しいと言えます。

Macのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にて半導体ストレージ製品のデータ復旧サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhone、Androidスマホを中心にデータ復旧を行ってきた技術と最新設備によって、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。捜査一課・デジタル捜査班の元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

サービス情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

まとめ

起動しなくなってしまったMacbookProやMacbookの中に保存されたデータのバックアップがない場合には何とか起動するようにしなければなりません。そして、起動したときにデータ取り出しをする必要があります。起動しない場合にはデータ復元ソフトなどのフリーソフトを使用することができませんので、基本的にはデータ復旧業者に依頼されることを推奨します。

Surface Pro5が起動できない!データ復旧に成功

SurfacePro5は2017年の5月に販売をされています。販売から4年が経過しており、自然故障なども発生しやすくなってきているSurfaceのモデルの1つです。今回お問合せいただいた顧客からの相談内容は「2週間ほど前から、充電速度が遅い・すぐに充電が切れるなどの症状があった。」という内容でした。

この状態からでもデータ取り出しに成功していますので、Surfaceを含めたオンボードSSDのPCからのデータ救出はお任せください。

強制再起動をしてもSurfaceが起動しない

今回お問合せいただいた方の対処は「自身および修理業者にて、強制シャットダウンや再起動のコマンドを試したが、全く動かなかった。また、充電器を替えて再度充電したが、同様に起動しなかった。」とのことでした。
基本的に起動しなくなってしまったSurfacePro5を含めた全てのモデルにおいて、最優先で行うべき対処は「強制再起動」です。また、充電ケーブルが純正でないサードパーティー製のものを使用しているとSurface自体が壊れることがあります。
そのため純正のケーブルで試すことが対処方法の2つ目としてあります。常日頃から純正のケーブルを使用している場合に、充電ケーブル自体が壊れることはなかなかありませんので、原因としては考えづらいです。

SurfacePro5が起動できない状態の詳細

今回お問合せいただいた方のSurfacePro5の状態は「10月25日朝にPCを起動すると、1晩充電していたにも関わらず0%になっており、しばらく動作していたが突然切れた。それ以降、電源ボタンを押しても、Windowsマークを表示してすぐ切れるようになり、PCを全く起動出来なくなってしまった。」ということでした。

公式サポートで解決できないデータ復旧

壊れたSurfaceの修理は基本的にMicrosoftの公式修理を推奨しています。なぜならば、メーカー以外で修理を行ったとしても長期的な利用ができるかどうかはわからないからです。かんたんにまとめると、街中の修理店で修理しても長期的に使うことができずに、1年以内に故障する可能性があるからです。

一方で公式のマイクロソフトでのSurface修理はリファビッシュ品との交換となりますので正常に動作する状態のデバイスとの交換になります。データが消えてしまうことが最大のデメリットですが、正規品での修理であるため品質に間違いはないでしょう。

そのため、故障してしまったSurfaceの中に重要なデータが保存されている場合にはデータ復旧専門業者に相談されることをおすすめします。また、Surfaceが起動しない場合の対処方法は下記にリンクにて詳細にまとめていますので、ご覧ください。
【関連】Surfaceが起動しない場合の目的別対処方法を徹底解説

復旧したいデータ

ドキュメントの中にあるデータ(docx、pdf、pptx)です。
今回は顧客の希望するすべてのデータを復旧することに成功しました。

Surfaceのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にて半導体ストレージ製品のデータ復旧サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。捜査一課・デジタル捜査班の元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

サービス情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

まとめ

壊れてしまって起動しなくなったSurfaceの電源が入るようにしたい!という方の中でもデータに心配がない方はマイクロソフト公式修理サービスの利用を、急いでいる方は街中の非正規修理店の利用を推奨します。一方で中に保存されたデータのバックアップがない方はデータ復旧専門サービスの利用を推奨します。

ビデオカメラが水没!復活方~データ復旧まで徹底解説

ビデオカメラが雨に濡れ、起動しなくなってしまいました。メーカーの修理に出したのですが、修理不可能という事でそのまま戻ってきてしまいました。と言う依頼主からデータ復旧できないかのご相談を受けましたので、対処方法とデータ復旧について解説いたします。

この記事を監修した専門家

データ復旧の専門家
山田弘幸
データ復旧エンジニア
元パソコンメーカーのエンジニア。日本支社から唯一アメリカ本国に製品改善提案をし、退職後にiPhone修理業者として日本で最初にiPhoneのデータ復旧に成功報酬制を導入した。デリバリーでの修理などをいち早く導入してiPhone修理業者のパイオニア的存在。

水没したビデオカメラの電源は絶対に入れないで!

一度水没してしまったビデオカメラの電源ボタンを押すことで本体内部の状態は悪化することはあっても改善することはありません。そのため、絶対に電源を入れようとしないでください。基本的にすべてのメーカー製のビデオカメラに共通した対処方法ですので、十分にご注意ください。

雨に濡れた程度であっても、水没してしまいます。一度電源ボタンを押して反応がなければ、故障を疑ってください。そして、SONYなどのメーカーの問い合わせ先にご相談されるのが最も適切なアクションだと考えられます。今回のご相談主も実際にSONYに相談をしていますが、修理することができないとの回答を受けて弊サービスにご相談くださいました。

SONYでの修理不可判定・故障原因

「Sonyの修理窓口に郵送で送り、修理不可能という事でそのまま返ってきました。
Sony曰く、水没による破損、外圧による部品の破損。との回答でした。」

メーカーは基本的にはデータの復旧に対応していません。そして、メーカーの修理の最大の目的は購入していただいた時点の正常に動作していたビデオカメラの状態に戻す、ということです。修理とデータ復旧は目的がその単語の通り全く異なります。

水没したビデオカメラは浸水しておいた方が良い?

今回に関しては雨水での水没ということなので、腐食の進行はそこまでひどくないと想定されます。そのため、真水(精製水)に浸水させて保存するまでの対応は必要ないかと考えらます。ただし、海水没や川、プールなど完全に浸水したことが目に見えてわかる場合には精製水等に漬けた状態にした方が良い場合もございます。また、データ復旧作業を依頼するのに時間がかかってしまう場合もあるかとは思いますが、そういった場合には状態を悪化させないように浸水しておいても良いかと思われます。

水没した場合にはできるだけ早くデータ復旧業者に依頼することがデータ復元確率を高めるポイントです。できるだけ早く、データ復旧業者への相談をなさってください。

水没したビデオカメラにはデータ復元ソフトは使用不可

ビデオカメラには内蔵しているHDDやSDカードに動画データが保存されてますが、それらのメディアに対してビデオカメラが壊れたことでアクセスできなくなっているので、無料のデータ復元ソフトを使用することはできません。まずはビデオカメラが正常に動作するようにし、データにアクセスする必要があります。

復旧したいデータ

「なんとか内蔵メモリの動画データを復旧をお願いしたいです。多分SDカードは挿してないと思います。
もしSDカードが入っていて、そちらにも動画が入ってましたら救出していただきたいです。
子供の行事や家族旅行など大切な思い出のデータをなんとか救出していただけないでしょうか。」とのご依頼をいただきました。

実際にデータ復旧することに成功し、ご依頼主にデータを納品することができました。
本体内部は腐食の状態はひどくはないものの、ショートを起こしており、基板回路の修復を必要としましたので基板修理を行い、一時的に正常に起動するようにすることができました。

もちろん、海水没やプールでの水没や水濡れなど、程度によってもそうですし、本体内部での腐食の状態というのはデータ復旧作業をしてみないとわかりません。

水没したビデオカメラのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦

日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。姉妹サービスのSMARTFIXではAndroid修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。捜査一課元刑事の佐々木成三氏も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

まとめ


水没や水濡れをしてしまったビデオカメラからのデータ復旧をする場合には、できるだけ早い対処と「電源ボタンを押さない」ことでデータ復旧率は高まります。また、物理的なトラブルであることからもデータ復元ソフトを使用することはできないので、メーカーや業者に依頼する必要があるものの、メーカーでは修理のみのサービス提供となっており、データ復旧業者への依頼をすることでデータが戻ってくる可能性がございます。

基板修理をデータ復旧と標榜する業者にご注意を

iPhoneのデータ復旧の一要素である基板修理ですが、基板修理業者や基板修理を行うことをデータ復旧と標榜する事業者が多数存在しています。そのようなiPhoneの基板修理業者で復旧不可と判定されたとしても、データ復旧、すなわちデータを取り出すことが出来るケースがありますので、ご紹介させていただきます。

壊れてしまったiPhoneからデータを取り出したい、抽出したいという方に対して、さらに状態を悪化させてしまうケースがありましたので解説させていただきます。また、復旧不可の判定を弊サービスでデータ復旧に成功した事例がありますので、そちらに関しても実例としてご紹介差し上げます。

iPhoneの基板修理はデータ復旧のごく一部

iPhoneの基板修理は基本的にはiPhone修理屋さんやiPhone修理サービスから派生したり、技術力の高い一部の業者が提供しているサービスです。そして、さらにはそれをデータ復旧と表現しているケースもありますが、データ復旧と基板修理はまったく異なりますので、解説させていただきます。

基板修理はiPhoneからのデータ復旧の一部の作業のことです。そもそも、修理とデータ復旧は相反するものですし、iPhone修理屋さんはデータ復旧という業種のことを知っているだけで、データ復旧業者ではありません。なぜ相反するかというと「修理」と「データ復旧」は目的が異なります。

修理はiPhoneを購入時点の状態に戻すことを目的にしています。ですので、撮り溜めてきた写真や動画、やりとりをしてきたLINEなどのメッセージ、連絡先、メモ帳なども含めたデータは完全に無視して正常にあった状態にすることがゴールとなります。Apple storeにあるジーニアスバーでは近年デバイスによってはデータをそのままに修理を行うこともありますが、基本的には工場出荷時の状態、すなわち初期化された状態になるリスクを承諾した上で修理作業を依頼します。

少し脱線しますが、iTunesのバックアップと復元に関しても同様の設計となっています。iPhoneに入っているデータ容量が多くなりすぎて、警告(アラート)が表示されても無視して使用し続けた状態で、Apple社のサポートの方に案内されるがままにバックアップと復元をかけると、何かしらの異常がある場合には初期化をします。

Apple社の場合は修理して、正常
ネット上でもそうですが、
修理屋さんの場合には基本的にはデータ復旧の知識がないので、リカバリーモードにしてiTunesでアップデートしようとします。本来はアップデートは初期化をすると思われていませんが、初期化されることがあります。

特に、リンゴループの状態でアップデート

もちろん、最悪の場合初期化されてしまいます、とリスクを説明した上での案内をされているので、それを承知の上で作業を行って初期化された状態で相談される方が非常に増えている印象がございます。

それに対して、データ復旧では中に入っているデータを取り出すことを目的としていますので、作業後に本体が正常に起動するか、メッセージのやり取りができるかどうかは重要ではなく、あくまでも写真や動画などの重要なデータを復旧することを目的としています。

そのため修理サービスを提供しながら、データ復旧サービスを提供することができません。私たちDATASMARTも姉妹サービスのSMARTFIX(日本で初めてAndroid修理店として総務省登録修理業者となりました)を運営していますが、現在は法人様のみへのサービス提供としています。

診断がないので起きる初期化の問題

基板修理が必要な損傷を負ったiPhoneは本体交換必須

基板修理が必要な状態になっているiPhoneを修理して使用続けることを推奨することはできません。もちろん、データのバックアップが完全に作成されていて、定期的にバックアップを保存している方やiCloudに保存しているのであれば問題ありません。

なぜならば、バックアップを作成していれば、データ復旧業者やデータ復元ソフトを含めた解決手段は存在する必要がないからです。しかしながら、ほとんどの方はiCloudは無償版で使用していてごく一部のデータのみをバックアップしていたり、iTunesのバックアップも年に1回程度しか作成しません。そして、ある日突然起動しなくなってしまうトラブルに見舞われてしまうので、私たちも提供しているデータ復旧サービスをご利用いただいています。

データ復旧専門業者はiPhone以外にも対応可能

データ復旧業者はiPhone以外のデータ復旧を行うことができますが、iPhone修理屋さんは他のデバイス・製品のデータ復旧を行うことができません。私たちDATASMARTでは、iPhoneのみならず、Androidスマホ、Mac、SurfaceなどのオンボードSSDパソコンやSDカード、USBメモリ、HDDや監視カメラ、ブルーレイレコーダーなどありとあらゆるデータが保存されるデバイスやメディアからのデータ復旧することが可能です。

iPhone基板修理サービスで復旧不可判定からデータ復旧成功
FirebirdのPDF

iPhone修理屋さんの基板修理で復旧不可判定からデータ復旧成功

まとめ

iPhone修理屋さんは今では非常に身近な存在となっていますが、データ復旧のプロではないこと、基板修理はデータ復旧の中のごく一部の作業プロセスであることをご理解いただけたかと思います。街中に修理店が増えていることからも依頼のしやすさは高いかとは思いますが、確実なデータ取り出し、データ抽出を行いたいのであれば、データ復旧専門業者にご相談されてはいかがでしょうか。

故障したDVD・BD(ブルーレイ)レコーダーHDDからデータ取り出し

子供の運動会や幼稚園の行事の動画がたくさん詰まったブルーレイレコーダー(BD)やDVDデッキが壊れてしまった。そんなときにどのように対処すべきか、どこに依頼すべきかはなかなかわからないものですよね。このページでは大切な動画をブルーレイレコーダーから救出するためのベストな方法やデータ復旧業者をまとめてご紹介します。

ブルーレイレコーダーの製造メーカー・モデル

テレビ番組や映画の録画だけでなく、ホームビデオの録画をしている方も多いかと思います。DVDレコーダーを使用している方もいるかと思いますが、DVDレコーダーの後継機にあたります。日本国内で人気のブルーレイレコーダーとして人気のモデルは4メーカーから販売されています。

  • SONY
  • Panasonic DIGA(ディーガ)
  • TOSHIBA REGZA(レグザ)
  • SHARP AQUOS(アクオス)

世界で最初にブルーレイレコーダーを販売したのがSONYです。
※販売当時はハードディスクドライブがついていませんでした。

どこのメーカー製品でも基本的に「録画したTV番組のデータの取り出し」が目的である場合にはメーカーに依頼することは難しいです。

ブルーレイレコーダーが壊れた!メーカー修理はデータ消去

ブルーレイレコーダーが壊れてしまって、メーカーに修理に出そうと問い合わせると「初期化をするため内蔵データは消去します」といった回答をされてしまいます。そのため、ブルーレイレコーダーに大事なデータが入っている場合には、メーカーを頼りにすることはできません。

ブルーレイレコーダーの故障の原因

ブルーレイレコーダーは基本的にはテレビの下にあると思います。iPhoneなど持ち運びができるデバイスに関してはプールに落としてしまう等の水没によるものがありますが、アクシデントというよりは長期間使用していることによる何かしらのトラブルが原因があります。

HDDの劣化による故障

ブルーレイレコーダーでテレビ番組の録画などもしていると、動画を記録しているハードディスク(HDD)が劣化していきます。
これによってシステムが壊れてしまうことによる「システムエラー」が故障の主な原因です。
この場合にはブルーレイレコーダーの液晶パネルに「SYSTEM ERROR」や「E○○○○」などのエラーコードが表示されている可能性があります。

経年劣化による故障・障害

また、長期間の使用による経年劣化や寿命の場合もあります。ブルーレイディスクレコーダーが正常に起動しなくなるのも原因の1つです。この場合には電源コードを抜き差ししても反応が全くなくなってしまいます。

自分でブルーレイレコーダーのデータ取り出しはできるの?

結論からお伝えすると、個人での修復やデータ復元はできません。データのフォーマット形式がパソコンとは異なるので、パソコンにケーブルを繋いで差し込んだとしても正しく認識しないためです。また、HDD自体が壊れてしまっているので、データの認識障害を起こしている可能性も考えられます。DVDデッキを分解してハードディスクを取り出すのはお勧めしません。

ブルーレイレコーダーの物理故障に復旧ソフトはNG

「ブルーレイレコーダー データ取り出し」などのキーワードで検索すると、非常に多くのフリーソフトのサイトが表示されるかと思いますが、ブルーレイディスクレコーダーの故障に関してはフリーソフトが活躍することは残念ながらありません。まずは故障し、障害を抱えた状態からソフトなどが使える状態にまで復旧することが必要です。そこからようやくデータ復元ができるようになります。

データ復元ソフトはデータを誤って削除してしまった場合などに有効な場合があります。ただし、データ復元ソフトを使用する場合にはそのデータ復元ソフトを信用できるだけの情報ソースを手に入れてからにしてください。くれぐれも検索結果で上位に表示されていたから、という理由でソフトを使用して初期化などデータ復元が困難な状態にならないようにしてください。

テレビ番組の録画のデータ取り出しは不可!?

NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSなどの日本のキー局はもちろんですが、テレビ局に出演したデータが保存されていたので、それらのデータを取り出したい!という方もいるかと思います。しかしながら、それらのデータは著作権法に抵触してしまうので、データ復旧の依頼を受けてくれる業者は多く在りません。この場合にはテレビ局に問い合わせていただいてから、対応が不可能な障害であるという回答を得ることを優先されるのをお勧めします。

過去のテレビ番組の映像データはアーカイブ

過去の放送番組をアーカイブしている場合もあるので、それらの情報を有償にはなるかと思いますが、提供してもらえる可能性はあります。

ビデオカメラからのデータ復元も

多くの方がブルーレイレコーダーから取り出したいデータとしてはビデオカメラで撮影した運動会やお遊戯会などの動画なのではないでしょうか。この場合には、ブルーレイレコーダーからどうしてもデータ復旧できない場合には、ビデオカメラ(復元希望のデータを撮影した)から取り出すことができる可能性があります。

撮影した映像データの初期化はNG

ただし、初期化してしまったビデオカメラに関しては、これまで撮影した映像データを全て消去した上で、その後ホームビデオ等を撮影していると上書きされてしまい、本来取り出したいデータを救出することができない可能性が高まります。

成功報酬制のデータ復旧業者がおすすめ

データ復旧業者は東京に多く在ります。また、大阪にもあります。郵送料が発送元住所によって異なるので、出費を考えると比較的近い場所に送りたくなる気持ちはわかりますが、成功報酬制でデータを取り出すことができれなければ料金が支払われない業者に依頼することをおすすめします。なぜならば、成功報酬なので、データを取り出すためにできる限りのことを行うからです。

ブルーレイレコーダーのデータ救出業者はDATASMART

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTは東京にあるデータ復旧専門サービスです。成功報酬制なので、データが取り出せなかった場合に発生する費用は郵送費用だけです。また、県警に対しての技術協力をしており、高い技術が求められるiPhoneやAndroidなどからの動画、写真のデータ等を復旧しています。それだけでなく、SurfaceやMac、iPadなどの最新デバイスのデータ復旧にも対応していて、幅広いデバイスのデータ復旧を行っています。詳しくはこちらからご確認ください。

サービス情報

復旧費用 ご相談からお見積もりまで無料
復旧データ容量に関わらず:180,000円~
8つの無料 ①初期診断費用:0円
②分解・取り外し費用:0円
③組み立て費用:0円
④部品費用:0円
⑤復旧後の返送費用:0円
⑥納品用メディア費用:0円
⑦バックアップ作成費用:0円
⑧データ保管費用(1週間):0円
サービスの流れ ①お問合せ→②依頼品の発送→③お預かり無料診断→④データ復旧作業→⑤データ納品
おすすめ
ポイント
デジタル捜査のスペシャリスト捜査一課元刑事のお墨付き
業界最高峰のデータ復旧技術
復旧難易度の高いスマホ・タブレットにも完全対応
各県警への捜査協力・技術提供(高度デジタルフォレンジックサービスの提供)
高い技術と捜査貢献を評価され感謝状を受領
埼玉県警より受領した感謝状
データスマートのさらに詳しい情報は公式サイトへ

まとめ


ブルーレイレコーダーに入っている大切なホームビデオの録画データはメーカーではなく、データ復旧専門業者に依頼することで取り出すことが可能になります。もちろん復旧率が100%ではないですが、データを取り出すことができる可能性があることが有難いですよね。
ブルーレイレコーダーから取り出しが行えない可能性があるので、その場合にはビデオカメラも一緒に依頼先のデータ復旧業者に郵送することが最善の方法です。

HDDを搭載しているので、パソコンと同じと思いきや特殊な方法が必要です。パソコン修理屋さんではなく、データ復旧専門業者に依頼することをおすすめします。

iPhoneアップデート・リカバリーモードで初期化

iOSのアップデートを行っていたところ、途中でリカバリーモードになって動かなくなった。PCに接続の指示が出たた
め、PCにつないでiTuneでアップデートを選択、OSのアップデート継続を試みた。何度かアラートが出て、アップデートと復元の選択肢が出たが、その都度、アップデートを選択。

iPadの再起動はできたが、アクティベーションロック解除を求める画面となり、初期化されてしまった。
icloud iTuneなどにはバックアップされておらず、何とか本体からデータを取り出せないでしょうか。

iOSをアップデートをしたつもりが、復元している

上記の内容は実際にお客様からご相談いただいた内容です。アップデートをかけようとしたり、正常に動かなくなったためリカバリーモードにすることによって、復元されてしまう事例がございます。復元されてしまうとデータは消去されてしまいます。

修復を試みてiPhoneが初期化

iOSをアップデートを試みて何度やってもアップデートができない場合には、ソフトが壊れていると判断されます。基本的にはアップデートをかけたらアップデートが完了するはずですが、状態によっては正常にアップデートが完了しません。

アップデートが正常完了しないことに対してソフトは何かしらの故障・エラーと認識をしてそれを修復しようとします。その結果としてiOSが初期化されてしまいます。

一度初期化されてしまったiPhoneに関してはiOSのモデルにもよりますが、データ復旧することはできません。
そのため、写真や動画を取り出したい・バックアップがないからデータが入っていたiPhoneやiPadからデータを復旧したいと思うときには手遅れになってしまうことがあります。

iPhoneやiPadをアップデートする際には必ずデータのバックアップをiTunesまたはiCloudで作成してください。大切なデータは初期化する前や削除する前の状態に戻さない限りは

【iPhone水没】電源が入らない・バックアップをとってない場合の対処ガイド

iPhoneが水没してしまった・・・データのバックアップを取っていない・・・かなり絶望的な気持ちですよね。データのバックアップをとっていないときに、ご自身にとって大切なデータはそのデバイスにしか存在しません。結論から申し上げますと、バックアップがないと水没した本体からデータを取り出すかデータを諦めるかでアクションが決まってきます。

バックアップがないなら、本体復旧が必須

絶対にデータ取り出しができるとは言えませんが、データ自体を取り戻せる可能性は十分にあります。大切なのは水没してしまったiPhoneの状態をさらに悪化させないことです。

バックアップという言葉をオックスフォード辞書から引用させていただくと”不時の事故・危険に備えて、二重に守り支援する態勢(を整えること)。後ろだて。”です。バックアップがないということは今まで使用してきたiPhoneからデータを取り出すしか選択肢はありません。

一度水没したiPhoneの取り扱いに対して十分な知識があり、自信があるまたは壊しても問題がないという方はデバイスを触っても構いません。データ復旧の専門家である著者の解説をご一読いただいてから判断いただければと思います。

また、データのバックアップがある方は契約先のキャリアショップまたはアップルストア等で本体交換をされることを推奨します。

自分で対処をする場合の注意点

常日頃肌身離さず使っている使っているので、自分で何とかできるのではないのか?と勘違いしてしまうこともあるかと思いますが、基本的にiPhoneに関しての専門的な知識がないと、壊れたデバイスを触っても状況が改善することはありません。

一度水没して腐食が進んでしまったiPhoneに関しては何かの拍子に動き出すようになることは起きる可能性はないと言えます。

繰り返しになりますが、データのバックアップがない場合に、iPhoneで撮影し撮り溜めた写真や動画、LINEのやりとりがデータが存在しているのは水没したiPhoneの中だけです。

そのため、そのデバイスを本体交換してしまったり、リカバリーモードなどで初期化してしまうとデータは二度と戻ってきません。何とかしてもう一度動くようにしてデータを取り出すしかありません。

水没したiPhoneからデータは取り出せるの?

データが取り出せるかどうかは実際のところ処置をしてみないと結果はわかりませんが、いかにデータを再び見られるようにするか、今よりも壊れたiPhoneの状態を悪化させないかが重要です。

どのような対処をすれば良いか十分な知識があれば、ご自身でデータ取り出しをすることはでるかと思いますが、そのような事前知識を携帯ショップ(ドコモ、au、ソフトバンク等)で契約するときにも教えてくれませんし、基本的に水没させるトラブルにはそう人生で何度も水没させるトラブルに陥ることはありません。

一度水没してしまったiPhoneはいつ壊れるか誰にもわかりません。筐体内部でどの程度の浸水が起き、どこまで水が入っているのかどうかは分解し、開封するまでわかりません。また、iPhoneは電子機器で個人が使用するものとしては最も精密に作られています。

データのバックアップはいつ壊れても大丈夫なように作成しておくものです、名前の通り、バックアップiTunesやiCloudでバックアップを作成する通信している間に壊れる可能性があります。

水没iPhoneへの正しい対処

水没したiPhoneに関しては電源が入っている場合でも基本的には電源を落としてください。また、これ以上の浸水を防ぐためにタオル等で水分を拭いてください。ご自身でできる対処としては本当にこれ以外考えられません。

iPhoneは精密機器です。ブラウン管テレビなどの家電と異なり、叩いたり振ったりすることで状態が改善することはないですので、決して衝撃を与えないようにしてください。そして、できるだけ早くデータを取り出してくれる業者を探してください。

また、その際に注意が必要なのはデータを復旧する技術やノウハウを持っている業者は少ないということを頭に入れてください。

iPhoneの水没修理は非推奨

どこに水没させるかにもよりますが、本体は修理して長期間使い続けることはできないと考えていただいた方が良いかと思います。もちろんiPhone修理屋さんで修理をして運よく起動する場合もあるかもしれませんし、水没しても普通に使えるという方もいるので、同じiPhone水没でもどのような症状が発生するかはiPhoneによります。

一度水没iPhoneはいつ壊れてもおかしくない

水没してしまったiPhoneを継続的に使い続ける大前提としてはバックアップを作成していることです。iCloudでもiTunesでも構いませんが、大切なデータをきちんと管理できているかどうかがポイントです。データのバックアップがあればどのiPhoneを使っていただいても構いません。

もちろんiPhoneを水没修理をして自分でデータのバックアップを作成するのであれば問題ないですが、iPhone修理店ではバックアップの作成まで対応してくれません。あくまでも起動するようにするまでの対応になるところがほとんどです。

いつ本体が起動しなくなるか保証してくれるiPhone修理店は存在しません。
そのためデータのバックアップまで対応する、「データ復旧サービス」の利用をおすすめしています。

データ復旧サービスとiPhone修理店の違い

データ復旧サービスと修理サービスの一番の違いは、目的がデータなのか、iPhoneを修理して再び使えるようにするのかというところです。

また、iPhone修理店はその名前の通り「修理」をしており、iPhoneの修理をメーカーであるApple以外が行うとすると「部品交換」が主になります。それに対してデータ復旧業者は「データの取り出し」を行っています。

データ復旧業者がデータ取り出し作業を行う際にはデータ復旧専用の設備を持ち、iPhone修理店と同程度の修理技術も持ち合わせていて、iPhoneのソフトウェア・システムであるiOSに関しての知識も駆使してデータを何とか救出するというところです。

提供サービス内容の違い

そして、前述しましたが、データのバックアップまで作成してくれるのがデータ復旧業者で、iPhone修理店の場合にはデータが取れた場合には自分でデータのバックアップを作成する必要があります。

大きな違いの一つとしてデータ復旧サービスの主な利用者は法人で、iPhone修理店の利用者は個人です。そのため馴染みがないと思います。また、データ復旧業者はiPhoneのみならずAndroidスマホやMac、SurfaceなどのSSD搭載の最新モデルのPCだけでなくHDDやパソコンや監視カメラなどからのデータ取り出しも行うことができます。

iPhoneのデータ復旧はDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTの無料診断サービスをご利用ください。データ復旧技術で公共機関への協力実績もあるDATASMART。iPhoneなどのスマホのデータ復旧作業時に分解する場合にもできるだけ元の状態に近付けてご返却いたします。スマホ以外の製品も含めた総合的なデータ復旧ができる技術力の高さに自信があります。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

まとめ

水没して壊れてしまったiPhoneのバックアップがない場合や、データのバックアップが古くて3年前までしか取れてなくて困った時に大切なデータは壊れたデバイス内にあります。そのため、データを取り出すかデータを取り出す必要がないかによって取るべきアクションは変わってきます。

データが何よりも重要で再び観たり聴いたりしたい!という場合にはデータ復旧専門業者に依頼されることをおすすめします。

【徹底解説】防犯カメラ(NVR・DVR)の映像データ復旧方法

防犯カメラ(NVR・DVR)の中のデータが必要になるほとんどの場合には何かしらの大きなトラブルや犯罪に繋がる状況になっていることかと思います。そして、警察をはじめとした捜査機関でないとすると初めての経験で全ての方が初心者であることは間違いありません。そのため、警察にもご利用いただくデータ復旧サービスの専門集団であるDATASMARTの編集チームが防犯カメラの中にある重要な映像データを復旧する方法を徹底的に解説させていただきますので、ぜひ一度ご覧になってください。

【注意点】取り出したい映像データは上書きされても復元できるのか

防犯カメラは常に映像を撮影し続けています。そのため、電源を落とさない限りデータを作成し続けるのです。しかしながら、データを保存する場所(ほとんどの場合にはHDDやSDカード)はデータの容量の上限があるため、古いデータから基本的には上書き保存しています。そのため重要な映像やクリティカルな証拠となる動画が見えなくなっているか消えている場合が多いのが実情です。

結論から申し上げますと、上書きされた防犯カメラのデータが復元できるかどうかは実際にデータ復旧作業をしてみないとわからないというところです。

防犯カメラのデータ保存期間外にトラブルは起きる

防犯カメラに内蔵されているHDDやSDカードの保存容量にもよりますが、7日間などの期間が決まっています。これは製品購入時の説明書に記載されています。10日前に撮影した動画を観ようとしたけど、観ることができなかったので、データ復元したいと思う映像を確認することができなかったということがよくある防犯カメラのデータトラブルです。

上書きされた動画はすぐに観れなくなる

よくある防犯カメラでのデータ復旧依頼のケースをご紹介します。

ネットワークカメラを設置していた方がそれまでずっと正常に動いていたけど、トラブルがあったので、映像を確認する必要が生じて録画した動画を確認しようとすると、データを見ることができない状態になっていたというものです。

監視カメラ、防犯カメラ等のCCTV系のデータ復旧のご相談をいただく際に相談主が置かれている状況です。もちろん自然災害によって映像データが閲覧できなくなっているケースもありますので、それらも含めて解説させていただきます。

火事で防犯カメラが故障した事例

火事に襲われてしまって焼損してしまった防犯カメラや監視カメラからもデータ復旧することはできます。火災現場に設置されている防犯カメラやネットワークカメラには事件性がある火災の場合には重要な映像データが録画されている場合があります。

実際にDATASMARTでは火災現場から差し押さえられた監視カメラからのデータ抽出に成功した実績があります。これに関しては他データ復旧業者で対応できなかった事例に対して捜査協力をしたということからも感謝状を発行いただきました。

雷撃による雷害による防犯カメラの損傷

監視カメラは機能上、屋外に設置されている場合が多いです。そのため雷による衝撃をもっとも受けやすい設備の1つと言えます。落雷被害(雷害)によって防犯カメラが焼損(ショート)して機能しなくなったり、破壊や大きな損傷をしてしまう場合もあります。雷撃は専門用語となりますが「雷サージ」といって、雷の衝撃によって発生した強力な自然エネルギーによる電源系統トラブルや通信回線トラブルに発展します。

屋内に設置されているネットワークカメラであっても安心することはできません。雷サージがLANケーブルを伝って侵入してきてしまうことによる破損は十分に起こり得ますので、雷が落ちた時にはネットワークカメラが故障していないか十分にご確認ください。

監視カメラの映像データ復旧が難しいケース

録画したはずのデータを観ることができない場合は2パターンに大きく分類されています。1つは何かしらの理由で防犯カメラが停止していた場合、もう1つはデータ保存期間が過ぎてしまっている場合です。データ復旧サービスをさがしている方のほとんどは映像を何とかしたいと考えている状況かと思いますが、製品情報を今一度ご確認ください。

保存期間を過ぎて録画データが保存されてることってあるの?

基本的に映像データは保存期間を過ぎても閲覧ないしは視聴することはできません。むしろ保存期間を過ぎているのにも関わらず保存されている場合には防犯カメラ、監視カメラやネットワークカメラ自体が壊れている可能性が高いです。

保存期間の2倍以上を超えていると映像データの復旧は難しい

映像データは基本的に監視カメラや防犯カメラに内蔵されているHDDやSDカードの中に保存されていて、絶えずカメラで撮影した映像を録画しています。その際に内蔵メモリ(HDDやSDカード)を上書きしていて、まだ完全に消去されていない場合があります。かなり大まかな目安としては製品説明書等に記載されている映像データの保存期間の2倍程度の期間に撮影したデータはまだ残っている可能性があります。

監視カメラの映像データ、データ復旧かデジタルフォレンジックか

ただし、CCTV(監視カメラ)のメーカーや内蔵しているHDDなどの製品によって異なりますので、上述の期間はあくまでも目安ですし、どうしてもデータ復旧したいという場合にはデータ復旧サービスに相談されることをお勧めします。また、事件性があり裁判等で使用する場合にはデジタルフォレンジックサービスというデータ復旧とは別のサービスを利用することになります。

例えば身内によって監視カメラのデータが消されている場合

身近な何者かによって監視カメラの録画データを消去されてしまうケースは実際にあります。この場合において映像データが何者かによって消されたかどうかはわからないですが、調査することは可能です。

身内によって映像が消されている場合にはデジタルフォレンジックサービスが必要となります。主には捜査機関が使用するもので裁判など法廷で証拠を取り出すサービスです。

そもそもデジタルフォレンジックってどういう意味?

単語を切り分けて説明させていただくと「デジタル」に関してはほとんどの方が理解できるかと思いますが、ここではデータ化されているデジタル映像を指します。また、「フォレンジック」の言語的な意味は鑑識、分析(犯罪捜査用)です。

デジタルフォレンジックの目的は?

デジタルフォレンジックというのは聞きなれない、見慣れない単語だと思います。それもそのはず、調査してレポートを出し、法廷で行われる裁判で証拠として使用する必要がある場合に利用されることがほとんどです。

個人で監視カメラの映像データ復旧依頼はできるの?

基本的には捜査機関が使用するデジタルフォレンジックサービスですが、個人の方でも「はっきりさせたい」ないしは組織内で起きたトラブル解決のために使用をしたい。といった場合にはデジタルフォレンジックサービスをご活用いただけると思います。

操作ミスや誤削除はほぼあり得ない

監視カメラを設置した施設や管理者の方が操作ミスで映像データが消えることは基本的には考えられません。24時間365日基本的に映像を録画し続けることがCCTVなどの監視カメラの機能であり、提供価値です。そのため、誤削除や操作ミスをすることは考えにくいです。

防犯カメラの上書き映像データをソフトで復元?

データ復旧ソフトが有効だとするならば、他にもCCTVのデータ復元ソフトが大量にあるはずです。しかしながら、データ復元ソフトはあくまでもソフトなので1社しか提供できない、ということは監視カメラからのデータ復旧の需要がないかデータ復元ソフトが役に立たない可能性が高いです。

データ復元ソフトは監視カメラのデータ復旧に有効か

世界中で同じようなCCTVの監視カメラのデータトラブルは発生しているので、データ復旧ソフトは同じように他のソフトウェア開発会社が開発するはずです。しかしながら、国産の監視カメラデータ復元ソフトは1つしか確認できません。そのため、データ復元ソフトによるデータ復旧をしたい、という場合には英語ができる方は英語で検索されてはいかがでしょうか。世界中で探せばデータ復元ソフトの選択肢は広がります。

ただし、データ復旧サービスを運営する専門家は専用設備を有してデータ復元作業を行いますので、オンラインで検索できるソフトウェアを使用することはありません。データ復元できないリスクがあることを重々と承知の上、自己責任でのソフト使用をしてください。また、使用する前には必ず第三者に防犯カメラに対して利用検討しているソフトを使って復元できる理由をきちんと説明できる程度にはデータ復元ソフトを熟知されることを推奨します。

復元ソフトで解決するならばデータ復旧業者は存在しない

防犯カメラからのデータを復元ソフトを使用して取り出したいデータを復旧できるとしたら、データ復旧専門業者は存在していません。また、デバイスの修理サービスを提供している事業者、例えばパソコン修理やスマホ修理サービスなどの別事業・サービスとして提供できるほどデータ復旧は簡単なものではありません。そのため、少数のデータ復旧専門サービスが存在していますし、監視カメラに対応するデータ復旧サービスは多くはありません。

防犯カメラのデータ復旧はDATASMART(データスマート)へ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
総合的なデータ復旧専門サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。これまでの修理技術を活かし、総合型データ復旧サービスを展開しています。防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラなどのCCTVのデータ復旧及びデジタルフォレンジック調査に対応しています。

防犯カメラのデータ復旧のまとめ

防犯カメラや監視カメラからのデータ復旧に関して、このページをご覧になった方はすでに視聴したい映像データにアクセスできなくなっていてお困りのことかと思います。実際にデータ復旧ができるのかはっきりしないこと、確実性が低いことからもどこにデータ復元を依頼すれば良いかわからないと思いますが、裁判や何かしらのトラブルにおける正当性を立証するためには自分でソフトを使わずに相談をして信頼のおけるデータ復旧専門業者に依頼することをお勧めします。

データ復旧サービスではなく、デジタルフォレンジック調査になることもありますが、どちらにも対応しているデータ復旧専門業者に相談されるのを推奨します。

トップへ戻る