【タブレット破損】データ復旧・写真取り出し

家でもカフェでもどこでもインターネットを楽しむことができるタブレット端末。そのメリットを最大限享受しようとすると、持ち運びによる落下や水没による液体損傷などのトラブルから逃れることはできません。

このページでは破損してしまったタブレットからのデータ復旧、写真などの重要データを取り出す方法をまとめて解説させていただきます。

壊れたタブレットのデータはどうなる?

日本国内で販売されているタブレットはカテゴリー分類が難しいですが、Androidタブレット、Windowsタブレット、iPadが存在しています。これらのタブレットが基本的に壊れたとしてもデータが勝手に消えることはありませんので、ご安心ください。

データが見えなくなっているだけで、データ自体は壊れたデバイス内部に存在しています。そのため焦ることなくこのページにまとめている内容をご確認ください。

【壊れ方別】トラブル対処方法

タブレットの壊れ方によって推奨できる対処方法は異なりますが、共通して言えることがあります。それはまずは自分で何とかしようとしないということです。毎日使っているものなので、自分で解決できるのではないか?とか昔のテレビであれば叩けば直るというようなこともあったかと思いますが、タブレットは精密機器です。まずはここから解説する対処方法をご確認ください。

持ち運んでいる最中に落としてしまって壊れてしまった

物理的なトラブルで最も多いのが手を滑らせてタブレットが落下してしまうことです。それによって液晶画面が真っ暗で何も表示されなくなっているのであれば、タブレットの筐体内部で損傷が激しい可能性があります。

【絶対NG】充電ケーブルは挿さない

画面に何も表示されなくなってしまってどうしてよいかわからない、ということが多いかと思いますが、データが重要な場合には基本的には自分で何もしないことが一番です。特に充電ケーブルなどを差し込むことは絶対にしないでください。液晶画面に何も表示されていないだけで、その他の箇所が故障していないかもしれません。また、タブレットの画面が正常に表示される場合にはバックアップを作成してください。

自動車に踏まれてしまって大破した

自動車に轢かれて大破したタブレットでも、致命的な障害が発生していない限りはデータが取り出せる可能性があります。そのため、データが諦めきれない場合にはデータ復旧専門業者に相談されることをお勧めします。

お風呂で使用していて水没してしまった

お風呂、プールや海などに水没させてしまうということは多いトラブルです。デバイスの水没関連のトラブルで一番回路上のショートが起きやすいのが水没関連のトラブルです。

【絶対NG】充電ケーブルはショートの原因

一度水没させたタブレットに充電ケーブルを挿してしまうと通電しようとしても水分が邪魔をして正常に通電できずに予期せぬ回路を通じて電流が流れ基盤がショートしてしまうことがあります。これにより基板の損傷が激しくなりデータ復旧の成功確率は著しく下がります。

【症状別】トラブル対処法

画面真っ暗だけど電源がついてる

タブレットの画面が真っ暗だけど、電源がついている場合は基本的に何も自分でしないことをお勧めします。ある意味では一番厄介な症状になります。動いているので自分で何とかできると思って操作してしまうことで状況が悪化する可能性があり、特に怖いのが誤タッチによる初期化やパスコードロックがかかってしまうことでデータ復旧難易度が極めて高くなることです。

ロゴマークが表示されて進まない

タブレットの画面にAndroid、Appleのリンゴマーク、Windowsのロゴなどが表示された黒い画面のまま先に進まない、OSが立ち上がらない場合にはソフトウェアによるトラブルが考えられます。もちろん、落下させたり、水没させた後にロゴが表示されて先に進むことができない状態には十分になりえます。

タブレット・OS・メーカー別対処方法

タブレットデバイスからのデータを取り出す方法をより詳しく知りたい方は下記の項目の中からご自身のタブレットのメーカーもしくはOSから、詳しいデータ復旧方法や構造などの仕組みを解説したページをご用意させていただいておりますのでご覧ください。

壊れたiPadからのデータ復旧

タブレットの中でもAppleから販売されているiPadに関してはタブレットからのデータ復旧
よりはiPhoneのデータ復旧に似ています。Androidタブレットのデータ復旧とは異なりますので、詳細に解説している別ページをご覧ください。

【参考】:壊れたiPadからデータ取り出し!復旧業者vs復元ソフト

壊れたSurfaceからのデータ復旧

SurfaceはWindowsOSを搭載したPC型タブレットという新しいコンセプトのタブレットです。Surfaceに関しては他のWindowsタブレットとは異なりますので、別のページにまとめているページをご覧ください。
【参考】:Surface(サーフェス)データ復旧・救出!

壊れたAndroidタブレットからのデータ復旧

AndroidOSを搭載しているタブレットはXperiaやASUS、HUAWEI MatePadなどが人気です。これらのタブレットの内部構造はAndroidを搭載しているスマホに近いので、よろしければAndroidスマホのデータ復旧に関してまとめたページをご覧ください。

【参考】:壊れたandroidからデータ救出!無料ソフトorデータ復元業者

まとめ

タブレットが破損してしまっても、データを何とか取り出す方法はおわかりいただけたかと思います。トラブルによって起きた症状によって対処法はほとんど変わりませんし、充電ケーブルを挿さない、無料データ復元ソフトを使用しないなど誤った処置をしなければかなり高い確率でデータを取り出すことができます。

Docomo版iPhone/スマホが水没!ドコモのケータイデータ復旧サービスは失敗するの?

iPhoneをdocomoで契約している方は国内のiPhoneユーザー全体の1/3程度だと思います。docomoで契約したiPhoneからデータを何としてでも復旧したい方のために情報をまとめました!iPhoneやスマホを契約しているけど、水没した、突然電源が入らなくなってしまったと思った方はドコモショップにまずは行かれると思いますし、すでに行かれた方もいるかもしれませんが、docomoショップでは基本的にデータ復旧サービスを提供しているものの、依頼してしまったら本体が返却されることはありませんので十分に検討する必要があります。

ドコモで契約しているiPhoneからデータ復旧をする際の注意点やどのように対応するのがおすすめかを解説させていただきます。XperiaやAquosなどのスマホも基本的には同じですが、androidスマホの特性上異なる部分もございますので、別途解説させていただきます。

docomoショップでは本体交換がメインで修理はできない

ドコモショップは本体交換を基本的に行っています。そのため修理サービスは提供していないです。そのため、本体交換となるので、データは消去された状態のリファビッシュ品に交換となります。データ復旧サービスは提供していますが、docomoに依頼する場合には基本的にiTunesやiCloudでバックアップを取った上で本体交換をされる場合にのみおすすめしています。なぜデータ復旧サービスがそこまでおすすめできないのか解説いたします。

画面割れなどの外装交換、バッテリー交換はdocomoがおすすめ

基本的にRepairs編集部では画面割れやバッテリー交換などのサービスに関してはメーカーやドコモショップなどの代理店でサービスを受けることをお勧めしています。なぜなら、街中のiPhone修理店に出すことのメリットもありますが、メーカー等の正規サービスが受けられなくなってしまうことが最大のデメリットです。docomoと契約している端末であればなおさらに保証に入って何かあったときに新しいiPhoneなどのスマートフォンを提供してもらえる方が利便性が高いと思います。

公式サイト:ケータイデータ復旧サービス

ドコモで取り出せるiPhoneのデータは写真と電話帳

ドコモショップの安心感は言うまでもなく抜群に高いのですが、iPhoneから取り出せるデータは写真と電話帳のみです。そのため、全てのデータが取れるわけではないのと、端末が返ってこないのが最大のデメリットです。LINEやその他のアプリなどのデータや、暗号資産(暗号通貨)などの重要なデータなどの取り出しをする場合にはその他の選択肢を考える必要があります。また、iPhoneが返ってこなければデータが取り出せなかった時にリカバリーが効かないので、docomoショップへの持ち込みは最終手段とするのが良いかと思います。

docomoで契約したiPhoneのデータ取り出しはどうする?

docomoで契約したiPhoneはデータ復旧はデータ復旧専門業者に持ち込むのがおすすめです!まずはデータ取り出しの成功確率が高い業者に持ち込むことで大切なデータを取り戻すことができます。その際に注意しなければならないのは、街中にあるiPhone修理屋さんに持ち込まないこと、です。なぜかと言うと、iPhone修理屋さんは画面がバキバキに割れてしまったものを交換することや、電池が1日持たなくなってしまったiPhoneの電池交換などの交換作業を基本的に得意としているからです。

そのため、写真やLINE(ライン)などのデータをなんとか取り戻したい方はデータ取り出しを専門に行っているデータ復旧サービスの利用をおすすめします。

ドコモのデータ復旧は失敗するのか?

結論から申し上げると、実際にデータ復旧作業を依頼しなければどうなるかはわかりません。それは水没してしまったり、電源が入らなくなったという根本的な原因と日ごろのiPhone・スマホの使用方法は人それぞれなのもあります。「docomoに実際に問い合わせてみたところ各メーカーと連携してデータ復旧のサービスを提供している」ということでしたので、データ復旧に必要なノウハウはあるはずです。
ただ、大きな問題や依頼する際のネックになるのが、ドコモにデータ復旧を依頼したら本体が返却されない、ということです。データ復旧を依頼した後に返却されないとデータが取り出せなかった際に他の選択肢がなくなってしまいます。そのためRepairs編集部では本体の返却を行ってくれるデータ復旧専門業者に依頼することが望ましいと考えています。

docomoのケータイ補償サービス for iPhone & iPadは使うべき!

ドコモで契約していて保証に入ってる方はそれを利用しないということはないです。必要なデータが写真と電話帳のデータで、それだけ取り出せれば良い!という場合にはdocomoの保証に入っていればケータイデータ復旧サービスを割引価格で提供してもらうことができます。水濡れや破損だけでなく紛失してしまった場合でもドコモであれば1〜2日でスマホを届けてくれるので非常に便利な保証です。

docomoで対応できないデータ復旧はDATASMART(データスマート)へ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
総合的なデータ復旧専門サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。これまでSMARTFIX(総務省登録修理業者)で培った修理技術を活かし、総合型データ復旧サービスを展開しています。docomoなどのキャリアでは復旧できないデータ取り出しを行っています。無料相談、無料診断を行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

ドコモで契約しているiPhoneの場合であっても、データの取り出しが最優先である場合にはドコモショップではなく、iPhoneなどのデータ復旧専門店に持ち込むことがベストです。ドコモに依頼する場合には支払いが毎月の料金の請求と一緒にされるので、スムーズであったり、契約しているので安心感も非常に高いですが、データの取り出しを専門に行っているわけではないので、復旧できるデータも電話帳などの連絡先データと写真のデータなどとなってしまい限定的です。

LINE(ライン)やゲームアプリなどのデータをなんとか救出したい!という場合にはドコモへはまず依頼せずにデータ復旧専門業者に持ち込むことをおすすめします。その後データ取り出しに成功した際に、ドコモショップに使わなくなった端末を持ち込み本体交換をしてもらうのがおすすめです。

【プロ監修】HDD(ハードディスク)データ復旧業者選びベストガイド

HDDのトラブルはそう何度も起きません

HDDを使用していて、データを取り出したいというシチュエーションになることは人生でそう多くはありません。それでいて写真や動画、説明用資料などの書類など持ち運んで使うとても重要なデータにアクセスできなくなり、さらにはパソコンも使用できなくなって困惑するかと思います。

このページでは初めてのHDDのデータトラブルに確実に対応する方法を初心者でもわかりやすく解説することを心掛けてまとめています。

ハードディスクが壊れたら自分では何もしないでください

ハードディスクがいつもと違う、違和感を感じている方で下記の状態に陥っている時に自分で何とかしようとしないでください。特に中に入っているデータが重要である場合には少なくともこのページに記載した情報をご一読いただいてから判断いただければと思います。

  • 「いつもあったデータが急に開けなくなっている」
  • 「ハードディスクに入れない・アクセスできない」
  • 「いつも使っているパソコンと少し違う感じがする」
  • 壊れたHDDを修理して再使用することは不可能

    一度壊れてしまったHDDを修理して使用することができると思う方もいるかもしれませんが、HDDを修理して再度使用することは不可能です。パソコンの買い替えの支出を考えるとデータを取り出す費用を安く抑えたいと思うのは誰もが同じだと思います。

    パソコンに内蔵されているHDDを元にお話をさせていただくと、パソコンそのものはキーボードやタッチパッド、液晶画面等の様々な部材で構成されており、すでに複雑な精密機械なのですが、最も精密性が高いのがハードディスクです。昨今の薄型PCに関してはハードディスクではなくSSDを搭載しているものが増えていますが、今でもHDDを搭載したパソコンは現役で使われています。

    もちろんハードディスクのデータ復旧に費用はかかりますが、果たしてそれは無駄な出費なのでしょうか?実際はパソコンは家電量販店に行けば購入することはできますし、場合によってはHDDを交換すればパソコンはそのまま使えるかもしれません。

    しかしながら、これまでパソコンや外付けHDDに保存してきたデータは唯一無二で、かけがえのないとても重要で価値の高いモノなのではないでしょうか。

    壊れたパソコンもHDDを交換すれば使用可能な場合も

    ハードディスクを交換すればパソコンは使用できるようになる可能性があります。しかしながら、メーカーによる交換修理によっては使用できるようになるかもしれませんが、メーカーではデータが入っていない新品のハードディスクとの交換をします。それによってHDDは新品となり、これまで使用してきたデータを見ることは出来なくなってしまいます。

    メーカーや家電量販店ではHDDは修理できない

    データが見れなくなったら困る!という状況がメーカーや家電量販店に壊れたパソコンの修理の相談をしようとして認識されると思いますし、パソコン修理ではデータはどうすることもできない、ということに気付く機会かと思います。逆にデータがそこまで重要じゃない、なくてもそこまで困らない、という場合には

    パソコン内部のHDDや外付けHDDの寿命は3年程度

    実際のところパソコンの使用環境や使用方法によってパソコンにかかる負荷は異なりますが、ハードディスクの寿命は一般的には約3年前後と言われています。そのため耐久消費財等ではなく、消耗品として扱われています。(家計簿を作成する用途で使用している場合のみ、総務省ではパソコンを耐久消費財としています。)

    【参考外部サイト】:主要耐久消費財の範囲と内容

    それなりに購入時に支出として大きいパソコンは冷蔵庫などの耐久消費財のように思われがです。しかしながら、インターネットに接続したり、撮影した動画を保存したり、高度な計算処理をしたりする機能を考えれば高くなるのは当然だと思います。

    ただ、パソコンを始めとした通信機器は壊れた時は大きなトラブルとなり、困りますよね。どれだけ困っているかが、日々の生活への影響の大きさを物語ると思います。

    パソコンや外付けHDDは消耗品

    パソコンで使用しているパーツは実際のところ、それぞれ消耗品です。特にHDDはその機器自体も複数のパーツによって構成されており、複雑で精密性の高い機器となっています。パソコンはそういった精密機器の集合体であることからも長期的に5年以上使い続けるということは現実的には難しいのです。

    HDDの壊れ方・よく壊れるパーツ

    ハードディスクが壊れる場合には3つのパターンがあります。また、壊れやすいパーツがあります。ハードディスクというブラックボックスに見えるモノに見える機器について解説させていただきます。

    データ・ファイルの破損

    ハードディスク内に保存しているデータやファイルシステムが何かしらの原因で壊れてしまっている場合があります。例えばOSのアップデートの際等に起きることもあります。

    ハードディスク本体の故障

    ハードディスクの機器自体が壊れる場合です。特にこの故障トラブルにおいては原因となる箇所の傾向がありますので、後述させていただきます。

    データ・ファイルの破壊とHDD本体の破損

    ハードディスクのトラブルで一番厄介なのが複合的な故障です。上述した2つのパターンが重なって障害が発生している状況となります。

    プラッタ

    プラッタとは磁性体を塗布したディスクが何枚か入っており、それらを高速回転させ、磁気を帯びたヘッドで書き込みを行っていきます。

    HDD(ハードディスク)が壊れやすいタイミング

    パソコンを起動している時にはプラッタ(ディスク・円盤)部分が回転しています。その際に何かしらの衝撃(落下させる・ぶつける等)を受けることで壊れてしまいます。そして、ハードディスクの機器そのものが壊れてしまった場合に、原因となるパーツがあります。

    ハードディスクが壊れた際によく故障しているパーツをご紹介します。これらの壊れた箇所の修理・修復を行いデータを再び見れるように復旧を行うのがデータ復旧の専門家の仕事です。

    この状況を解決するのが、データ復旧サービスです。これらに関してご紹介をしたいのですが、まずはそもそもデータ復旧って何か?をご説明させてください。

    データ復旧って何?

    見れなくなったデータ、消えてしまったと思っているデータを再び使用できるようにすることです。動画や写真であれば再び観れるように、重要な書類であれば、再び作業ができるようにすることがデータ復旧をすることで実現されます。ただし、パソコンは再び使えるようにすることはできません。

    ハードディスクデータ復元ソフトVSデータ復旧業者

    初めてのHDDのデータ復旧、ネット上の様々な情報で右往左往してしまうと思いますし、データ復旧サービスの特性上、全てがクリアになり、データが確実に復旧できる!と思って対処することができる人はいません。

    ただ確実に言えることは、データ復元ソフトが有能で万能であるならば、データ復旧業者は存在、存続することはできないということです。それも踏まえてデータ復元ソフトを利用するかデータ復旧業者に依頼するかをお考えいただければと思います。

    データ復旧業者に依頼後のHDDがメーカー保証が心配

    HDDをデータ復旧業者に依頼してしまったメーカー製品でもメーカー保証内で対応してくれることがあります。例えばAppleでは2018年時点ですでに「ハードドライブが通常の使用条件下で正常に動作しなくなり、データ復旧サービスの専門業者にデータを修復を依頼した場合でも、その後、Apple の保証内修理を受けることができます。」と公式ホームページに記載があります。

    落下によるHDDの破損、水没や水濡れは保証外

    利用者自身が間違って落としてしまって正常に動作しなくなったHDDやコーヒーや水をかけてしまって水濡れしてしまった場合にはAppleでも対応していませんし、どこのメーカーでも基本的にメーカーは保証していません。

    外部サイト:(Apple公式)ハードドライブデータの修復と保証の関係

    HDDのデータ復旧依頼前に本当は知っておいた方が良い真実

    HDDのデータ復旧、初めてのことでよくわからないですよね。そもそもデータ復旧って何?というところから始まって、このページを読み進めて頂いたかと思います。ここまで読んでいただいて、データ復旧業者に相談もしくは依頼することの必要性は理解していただけたと思います。しかしながら、重要なデータが入ったハードディスクを預けるという意味でも十分な注意が必要です。

    データ復旧業者の口コミ・評判を確認してください

    飲食店はほぼ全ての方が利用するため食べログやRettyなどのグルメ専門レビューサイトが存在しますが、データ復旧サービスの利用は人生で1回経験するかどうかのトラブルなので、1人当たりの発生件数は多くないため口コミがネット上に集まりづらい傾向にあります。そのため口コミはどこを見てよいのかわからなくなりますが、依頼を検討しているデータ復旧業者の名前でGoogle検索してみてください。

    【注意点】高い評価と低い評価に割れている業者

    飲食店でも何のサービス提供業者にも当てはまることですが、データ復旧業者の評判を見極め、嫌な思いをしないためにもご確認ください。それによって★の数はもちろんですが、評価の低いレビューのコメントをチェックしてください。そこに書かれている内容は実際に体験した方の具体的な内容であればあるほどサクラ等ではなく、実際にそのデータ復旧業者に依頼した方たちのレビューであることがほとんどです。

    まずはデータ復旧業者の無料診断サービスを利用

    データ復元ソフトを適切に使用するにはトラブルの原因となるものを特定することと、その原因からハードディスクに起きた障害を推測することが不可欠です。これはデータ復旧専門業者のように何台も壊れたディスクを診断していない限り適切にすることは不可能です。

    データ復旧業者であっても破損した実機を見てみないと、実際のところ何が原因で正常に動作しなくなってデータが見れなくなっているのかはわかりません。

    データ復旧サービスの料金の決まり方

    データ復旧の料金は基本的には壊れたディスクの抱えた重症度に対して必要な技術料、使用する設備の費用などを基に算出されて、見積もりが提示されます。ほとんどの業者がデータ復旧料金を○○○○円~と記載しているのはそのためです。もちろん一律料金でデータ復旧サービスを提供している業者もあります。予算の制約上データ復旧にかけられる費用が限定的であれば、非常に便利なサービスですので、依頼されることをおすすめします。

    一律料金のデータ復旧業者は要注意

    データ復旧サービスを固定料金で提供している業者があります。もちろん料金は格安で一見良心的に見えますが、注意が必要です。一律の料金でデータ復旧サービスを提供する場合、作業内容を限定的にしなければ提供することはできません。一律料金でデータ復旧サービスを提供している場合にはソフトを使用した論理障害系のデータ復旧だけなのです。そのためハードディスクの実機が物理的にも壊れている複合的な障害を抱えてしまっている場合に、格安データ復旧サービスではデータ取り出しができない可能性がありますし、診断などの際に分解してしまうこともある可能性があります。

    データ復旧業者の無料診断注意点

    データ復旧をする際にデータ復旧業者の初期診断サービスを活用することの必要性はご理解いただけたかと思います。無料の診断とは言え、データ復旧業者によって行う作業は異なります。注意しなければならないのはハードディスクの分解をさせないことです。ディスクの分解をするかどうか、実際に診断サービスを利用する前にご確認ください。

    データ復旧業者の「診断」は2種類存在します

    少しややこしいのですが、データ復旧業者の診断サービスは2種類あります。これは一長一短あり、ご自身の状態にどちらが合うかをお考えの上でどのようなデータ復旧業者に依頼するかお決めになってください。

    1つは故障ハードディスクを預かり、これまでの事例から最速で状態を診断して、データ復旧に取り掛かる業者です。もう1つは時間は診断に時間はかかるものの、状態から見てどの程度のデータが復旧できるか診断する業者です。

    データリストの開示の有無

    データ復旧にはデータリストというものが存在します。データリストというのは故障したハードディスクからどのようなデータが取り出せるのかを一覧にしたものです。診断に時間がかかってもデータのリストが開示されるのがいいのか、とにかく大急ぎでやってほしい!など様々なニーズがあるかと思います。特に診断が速いサービスはデータリストはありませんが、データ復旧の可否の判断がとにかく速いので急いでいる方にはデータリストを開示しないデータ復旧業者をお勧めします。診断が速くないサービスであっても特急料金を支払えば最優先でデータ復旧に対応してくれる場合もあるので、問い合わせてみることをおすすめします。

    データリストがない業者に依頼する際の注意点

    データリストの提示がないデータ復旧業者に依頼する場合は欲しいデータが取り出せないのにも関わらず、費用が発生する可能性があります。また、データ復旧にかかる料金も最大金額から提示されることが多いので、データ復旧サービスは非常に高額だと感じることもマチマチです。

    データ復旧を依頼する際に納品データにおけるトラブルや不快感がほぼないのが、データリストを開示する業者です。DATASMARTではデータリストを開示しております。

    HDDデータ復旧方法まとめ

    データ復旧を確実に行うためにはデータ復旧業者の正しい選定が必要ですし、そのためには実際に電話で相談することが必要だということがご理解いただけたかと思います。データ復旧業者の技術力はもちろんわからない部分が多いですが、サービス提供体制も異なることがおわかりいただけたかと思います。

    急いでいるのか、確実にデータを元あった状態に復元したいのかはよく吟味してからデータ復旧依頼をされることをお勧めします。

    【徹底解説】防犯カメラ・監視カメラの映像データ復旧方法

    防犯カメラや監視カメラの中のデータが必要になるほとんどの場合には何かしらの大きなトラブルや犯罪に繋がる状況になっていることかと思います。そして、警察をはじめとした捜査機関でないとすると初めての経験で全ての方が初心者であることは間違いありません。監視カメラ・防犯カメラの中にある重要な映像データを復旧する方法を徹底的に解説させていただきますので、ぜひ一度ご覧になってください。

    【注意点】取り出したい映像データは上書きされてしまっている可能性が高い

    監視カメラは常に映像を撮影し続けています。そのため、電源を落とさない限りデータを作成し続けるのです。しかしながら、データを保存する場所(ほとんどの場合にはHDDやSDカード)はデータの容量の上限があるため、古いデータから基本的には上書き保存しているので、重要な映像やクリティカルな証拠となる動画が見えなくなっているか消えている場合がほとんどです。

    防犯カメラのデータ保存期間外にトラブルは起きる

    監視カメラに内蔵されているHDDやSDカードの保存容量にもよりますが、7日間などの期間が決まっています。これは製品購入時の説明書に記載されています。10日前に撮影した動画を観ようとしたけど、観ることができなかったので、データ復元したいと思う映像を確認することができなかったということがよくある監視カメラのデータトラブルです。

    上書きされた動画はすぐに観れなくなる

    監視カメラや防犯カメラでよくあるデータ復旧依頼のケースをご紹介します。

    ネットワークカメラを設置していた方がそれまでずっと正常に動いていたけど、トラブルがあったので、映像を確認する必要が生じて録画した動画を確認しようとすると、データを見ることができない状態になっていたというものです。

    監視カメラ、防犯カメラ等のCCTV系のデータ復旧のご相談をいただく際に相談主が置かれている状況です。もちろん自然災害によって映像データが閲覧できなくなっているケースもありますので、それらも含めて解説させていただきます。

    火事で防犯カメラが故障した事例

    火事に襲われてしまって焼損してしまった防犯カメラや監視カメラからもデータ復旧することはできます。火災現場に設置されている防犯カメラやネットワークカメラには事件性がある火災の場合には重要な映像データが録画されている場合があります。

    実際にDATASMARTでは火災現場から差し押さえられた監視カメラからのデータ抽出に成功した実績があります。これに関しては他データ復旧業者で対応できなかった事例に対して捜査協力をしたということからも感謝状を発行いただきました。

    雷撃による雷害による防犯カメラの損傷

    監視カメラは機能上、屋外に設置されている場合が多いです。そのため雷による衝撃をもっとも受けやすい設備の1つと言えます。落雷被害(雷害)によって防犯カメラが焼損(ショート)して機能しなくなったり、破壊や大きな損傷をしてしまう場合もあります。雷撃は専門用語となりますが「雷サージ」といって、雷の衝撃によって発生した強力な自然エネルギーによる電源系統トラブルや通信回線トラブルに発展します。

    屋内に設置されているネットワークカメラであっても安心することはできません。雷サージがLANケーブルを伝って侵入してきてしまうことによる破損は十分に起こり得ますので、雷が落ちた時にはネットワークカメラが故障していないか十分にご確認ください。

    監視カメラの映像データ復旧が難しいケース

    録画したはずのデータを観ることができない場合は2パターンに大きく分類されています。1つは何かしらの理由で防犯カメラが停止していた場合、もう1つはデータ保存期間が過ぎてしまっている場合です。データ復旧サービスをさがしている方のほとんどは映像を何とかしたいと考えている状況かと思いますが、製品情報を今一度ご確認ください。

    保存期間を過ぎて録画データが保存されてることってあるの?

    基本的に映像データは保存期間を過ぎても閲覧ないしは視聴することはできません。むしろ保存期間を過ぎているのにも関わらず保存されている場合には防犯カメラ、監視カメラやネットワークカメラ自体が壊れている可能性が高いです。

    保存期間の2倍以上を超えていると映像データの復旧は難しい

    映像データは基本的に監視カメラや防犯カメラに内蔵されているHDDやSDカードの中に保存されていて、絶えずカメラで撮影した映像を録画しています。その際に内蔵メモリ(HDDやSDカード)を上書きしていて、まだ完全に消去されていない場合があります。かなり大まかな目安としては製品説明書等に記載されている映像データの保存期間の2倍程度の期間に撮影したデータはまだ残っている可能性があります。

    監視カメラの映像データ、データ復旧かデジタルフォレンジックか

    ただし、CCTV(監視カメラ)のメーカーや内蔵しているHDDなどの製品によって異なりますので、上述の期間はあくまでも目安ですし、どうしてもデータ復旧したいという場合にはデータ復旧サービスに相談されることをお勧めします。また、事件性があり裁判等で使用する場合にはデジタルフォレンジックサービスというデータ復旧とは別のサービスを利用することになります。

    例えば身内によって監視カメラのデータが消されている場合

    身近な何者かによって監視カメラの録画データを消去されてしまうケースは実際にあります。この場合において映像データが何者かによって消されたかどうかはわからないですが、調査することは可能です。

    身内によって映像が消されている場合にはデジタルフォレンジックサービスが必要となります。主には捜査機関が使用するもので裁判など法廷で証拠を取り出すサービスです。

    そもそもデジタルフォレンジックってどういう意味?

    単語を切り分けて説明させていただくと「デジタル」に関してはほとんどの方が理解できるかと思いますが、ここではデータ化されているデジタル映像を指します。また、「フォレンジック」の言語的な意味は鑑識、分析(犯罪捜査用)です。

    デジタルフォレンジックの目的は?

    デジタルフォレンジックというのは聞きなれない、見慣れない単語だと思います。それもそのはず、調査してレポートを出し、法廷で行われる裁判で証拠として使用する必要がある場合に利用されることがほとんどです。

    個人で監視カメラの映像データ復旧依頼はできるの?

    基本的には捜査機関が使用するデジタルフォレンジックサービスですが、個人の方でも「はっきりさせたい」ないしは組織内で起きたトラブル解決のために使用をしたい。といった場合にはデジタルフォレンジックサービスをご活用いただけると思います。

    操作ミスや誤削除はほぼあり得ない

    監視カメラを設置した施設や管理者の方が操作ミスで映像データが消えることは基本的には考えられません。24時間365日基本的に映像を録画し続けることがCCTVなどの監視カメラの機能であり、提供価値です。そのため、誤削除や操作ミスをすることは考えにくいです。

    防犯カメラの上書き映像データをソフトで復元?

    データ復旧ソフトが有効だとするならば、他にもCCTVのデータ復元ソフトが大量にあるはずです。しかしながら、データ復元ソフトはあくまでもソフトなので1社しか提供できない、ということは監視カメラからのデータ復旧の需要がないかデータ復元ソフトが役に立たない可能性が高いです。

    データ復元ソフトは監視カメラのデータ復旧に有効か

    世界中で同じようなCCTVの監視カメラのデータトラブルは発生しているので、データ復旧ソフトは同じように他のソフトウェア開発会社が開発するはずです。国産の監視カメラデータ復元ソフトは1つしか確認できませんが、英語ができる方は英語で検索されてはいかがでしょうか。世界中で探せばデータ復元ソフトの選択肢は広がります。

    復元ソフトで解決するならばデータ復旧業者は存在しない

    監視カメラからのデータを復元ソフトを使用して取り出したいデータを復旧できるとしたら、データ復旧専門業者は存在していません。また、デバイスの修理サービスを提供している事業者、例えばパソコン修理やスマホ修理サービスなどの別事業・サービスとして提供できるほどデータ復旧は簡単なものではありません。そのため、少数のデータ復旧専門サービスが存在していますし、監視カメラに対応するデータ復旧サービスは多くはありません。

    防犯カメラのデータ復旧はDATASMART(データスマート)へ

    元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
    総合的なデータ復旧専門サービスを提供するDATASMARTにご相談ください。これまでの修理技術を活かし、総合型データ復旧サービスを展開しています。防犯カメラ、監視カメラ、ネットワークカメラなどのCCTVのデータ復旧及びデジタルフォレンジック調査に対応しています。

    防犯カメラのデータ復旧のまとめ

    防犯カメラや監視カメラからのデータ復旧に関して、このページをご覧になった方はすでに視聴したい映像データにアクセスできなくなっていてお困りのことかと思います。実際にデータ復旧ができるのかはっきりしないこと、確実性が低いことからもどこにデータ復元を依頼すれば良いかわからないと思いますが、裁判や何かしらのトラブルにおける正当性を立証するためには自分でソフトを使わずに相談をして信頼のおけるデータ復旧専門業者に依頼することをお勧めします。

    データ復旧サービスではなく、デジタルフォレンジック調査になることもありますが、どちらにも対応しているデータ復旧専門業者に相談されるのを推奨します。

    ビデオカメラで撮影した動画を削除!?撮影したホームムービーを復元

    ビデオカメラは子供の成長記録、行事、イベントの思い出、家族の思い出などなど、動画専用(写真としても併用可能)として記録しておけるビデオカメラは、思い出を見返す時に、時代や成長に合わせて、動画を見れますので使ってみると大変便利で、重要な記録アイテムとして愛用している方も多いと思います。

    そんな、ビデオカメラですが、データが消えた、消してしまったという経験がある方も多いと思います。折角記録したはずの思い出としての映像データが消えてしまうのはショックですよね。

    ビデオカメラからデータを消してしまった方のために削除してしまったデータの復旧方法と対処法を解説いたします。

    ビデオカメラのデータのバックアップを確認

    ピンクのビデオカメラ

    ビデオカメラで動画や写真を撮影したら保存

    基本的には撮影を終了すると勝手にデータとして保存されています。ただ、その保存先が2つに分けられます。ビデオカメラ本体かSDカード、メモリーカードなどの外部メモリのどちらかに保存されます。外部メモリは、ご自身で購入してビデオカメラのセットすることで保存する事が可能となります。

    ビデオカメラ本体への保存をしている方も多いと思いますが、本体の記録出来る容量は機種によりますが、大容量の物は少ないため、SD・メモリーカードを別途購入してそちらに保存されている方がほとんどだと思います。

    ビデオカメラ本体のHDD、DVDに保存されている、外部メモリに保存されているといった様に、設定によって保存先が変わりますので、「データが無い」という困った状態の時は、本体、外部メモリのどちらかに保存されていないか確認する事も必要です。

    参考記事:ビデオカメラのデータ保存方法はどうする?バックアップ方法解説

    ビデオカメラで撮影したデータが消えてしまう事例

    ビデオカメラに保存していたデータが消えてしまった場合は、以下の内容に心当たりがあると思います。

    ・間違えて消してしまった

    ・子供が操作していたら消えていた

    といったように、操作ミスによるデータを消してしまったというケースが多いと思います。

    ・何もしていないのに消えていた

    ・さっきまであったのに無くなっていた

    といったように、何かをした訳では無いのにデータが消えていたという場合もあると思います。

    何れにしても、大切なデータがビデオカメラで確認できない状況となると、焦ってしまうと思います。データが消えたり、確認出来ない状態となると、焦りから色々と操作してしまう事も多いと思います。この様な状態の時の対処でデータが復旧できるかどうかと、費用も変わって来る可能性がありますので、まずは「何もせず」「電源を切り」冷静になってから、下記をご覧になってください。

    データを消してしまった、消えた時の対処法

    ビデオカメラのデータを記録している構造として、基本的には誤ってデータを消去してしまった場合には、データはまだ残っています。簡単に説明すると、データ①を操作ミスなどにより自分の手で大切なデータを消してしまったとします。この状態の時は、ビデオカメラ上ではデータ①が確認出来なくなってしまいますが、データが完全に消去されている訳ではありません

    では、どの様な状況でデータが完全に削除されるでしょうか?それは、新たにデータを保存した時です。ですので、誤ってデータを削除してしまった時には、データの上書きは厳禁です。新たに写真を撮る、動画を撮ってしまうと、誤って消してしまったデータは実際にはまだデータが残っている状態ですが、その上にデータが上書きされます

    データの上書きは完全削除となりますので、この作業をしてしまった場合には、データの復旧は困難、またはデータ復旧が不可能となってしまいます。また、何もしていないのにデータが消えてしまった場合にも、データの上書きは厳禁となりますが、原因不明の症状の場合にはデータの破損、メモリーの破損などその他原因も考えられますので、重度の症状の可能性もあります。

    壊れたハンディキャムビデオカメラからのデータ復旧方法

    ビデオカメラのデータを消してしまった、消えたという症状は市販のデータ復旧ソフトで復旧する可能性が十分にあります。インターネットで「データ復旧ソフト」と調べると無数のソフトが出てきますが、まずは無料版でデータ復元が可能かどうか確かめてからの復旧が良いと思います。

    また、復旧ソフトによって、復旧が出来るかどうか変わる事もありますので、何個か試してみる事も良いと思いますが、有料版のソフトの場合には、復旧が出来なかった場合には費用がそれなりにかかってしまう可能性があります。

    最悪の場合、データ復元が出来ず、様々な操作をして試しているうちに、データを破損してしまっている可能性もありますので、不安な場合には、データ復旧業者に依頼する事も検討されることをおすすめします。

    ビデオカメラのデータ復旧手順まとめ

    ①データが消えた、消してしまった

    ②電源off、基本的には何もしない

    ③再度撮影を試みるなど、データの上書き行為は絶対禁止

    ④データ復旧ソフトを試すorデータ復旧業者に依頼

    まとめ

    ビデオカメラのデータを誤って消してしまった場合には、基本的にはデータが完全に消えている訳ではありませんので、データ復旧に期待が持てます。ただし、データを消失してしまった後の行動によって、データ復旧が不可能となる場合がありますので、データを消してしまった際には、冷静にミスのない対処が必要です。

    また、データ復旧ソフトにてデータの復元が症状によっては可能ですが、度重なる操作によってデータを完全消去してしまう、有料復旧ソフトの場合には費用が高額となってしまうケースもありますので、データの重要性、データが消えた経緯を考慮して、復旧ソフトを試すか、データ復旧業者に依頼するかを要検討する必要があります。

    また、データ復元業者によって費用が異なりますので、復旧実績や対応内容など、十分に確認し信頼できる所を探すのが何よりも重要です。

    今現在はスマートフォンの進化に伴い、iPhone、HuaweiやXperiaなどのスマートフォン所有している人が増えています。ビデオカメラの役割をスマホ、デジカメで十分な方も増えてきており、ビデオカメラを使用している人口は以前に比べ減少しているかもしれません。

    しかしながら、家族の成長の記録や旅行時の動画を収めておくことは、将来に昔こんなことがあったねと振り返るにはとても良いコンテンツではないでしょうか。

    ビックカメラのパソコン修理・データ復旧サービスの料金・評判まとめ

    ビックカメラでのパソコン修理はどのようなサービスなのかを調べてみました。ビックカメラと聞いたら多くの人が家電量販店であることを知っているのではないでしょうか?それもそのはず、全国に34店舗の直営店があり、合併したことでコジマも関連企業となっています。

    家電量販業界で規模としてはヤマダ電機に次ぐ業界2位のビックカメラ。ビッグカメラなのかビックカメラなのかわからなくなりますが、英語表記は「BIC CAMERA」なので、ビックカメラが正式名称というように覚えると間違えることは少ないかもしれません。

    ソフマップというパソコンの中古販売やアクセサリーの販売企業も傘下に入っています。また、吸収合併だけでなく、東京の新宿ではユニクロとコラボレーションを行い、「ビックロ」という家電と衣類を含めたライフスタイル提案型の店舗を展開するなど、新しい展開をする企業です。

    ビックカメラのパソコンサービスサポート

    ビックカメラでは、ビックカメラ各店だけでなくコジマ、ソフマップの各店のサービスサポートカウンターで購入商品の修理受付を行なっています。ヤマダ電機やヨドバシカメラで買ったものであっても修理受付をすることは可能です。近所の家電量販店で購入したけど引っ越したら近くに購入した家電量販店がない!という場合などの理由であれば非常に便利なサービスですね。

    修理受付の方法

    店頭受付、または引き取りの2つのコースが用意されています。出張修理もありますが、デスクトップPCで重くてどうしようもないという場合を除いては対応してもらうことは難しいでしょう。基本的には受付方法は保証書に「持ち込み修理対象」、「出張修理対象」のどちらかが記載されているので、ビックカメラ、コジマ、ソフマップで購入された場合には確認してみましょう。

    引き取りサービスは有償なので注意

    パソコンの修理は基本的に修理サービスカウンター設置店での受付となっていますが、便利な引き取りサービスがあります。引き取り・配送料金は3000円ですので、近所にビックカメラがない場合には引き取りサービスを利用することを検討してみても良いかもしれません。

    サポート内容

    電話や遠隔リモートでのパソコンサポートもありますが、修理に関しては基本的に店頭もしくは訪問サポートです。

    パソコンだけでなく、店舗ではApple製品の修理やサポートも対応しています。このページではWindowsパソコンの修理に関してまとめていますので、Macなどのパソコンを利用している場合にはまずは修理受付センターに電話で連絡してみても良いかもしれません。
    参考:サービス&サポートサイトへようこそ | ビックカメラグループ

    月額安心サポートについて

    月額安心サポートに関しては、事前のトラブル予防サービスに近いものです。そのため、入会金を払って月額料金を払うことでパソコン、スマホ等のデジタル機器の初期設定、ウィルス対策、パソコンの細かい困りごとを電話と遠隔リモートサポートで提供する「12ヶ月継続コース」などがあります。クレジットカードでの引き落としになるので、購入時には本当に必要かどうかを確かめて購入する必要があります。

    むしろ、月額安心サポートに入る必要がある場合にはパソコンをそもそも購入する必要はない可能性が高いです。スマートフォンもしくはiPadでおおよそのことが十分に足りるので、子供や孫のプログラミング教育のためにパソコンを購入してあげたい!という場合を除いては、加入する必要性は高くないと考えられます。

    ノートPC修理依頼の流れ

    ビックカメラで購入した場合についてですが、まずは購入時の保証書を確認しましょう。ノートパソコンに関しては持ち込み修理対象商品なので、持ち込むことができます。その際に購入してから1年以内であればメーカー保証内であることがわかります。ただし、水没や落下させたことによる物損に関してはメーカー保証外なので注意が必要です。

    この場合にはビックカメラの長期保証に入っているかどうかを確認しましょう。パソコンに関しては無料の長期保証は提供していません。基本的に有償の長期保証で3年間の期間の保証しかないので、購入してから4年が経っている場合には利用することができません。加入料金としてパソコン購入時に代金の5%を支払うことで保証サービスを受けることができます。例えば、10万円で購入したパソコンの場合では5000円の加入料金を支払って保証に入れるサービスです。いずれにしても購入した日付を確認することはとても重要です。
    修理を依頼する際の流れ

    ビックカメラでのパソコンの修理料金相場・日数

    保証に入っていない場合に店頭への持ち込み修理依頼をする場合のビックカメラのパソコン修理に関して概算ではあるものの、料金の記載があったのでご紹介します。画面割れによる液晶交換なのか、キーボード修理なのか、どのような処置を示しているかわかりませんが修理金額の目安としてご参考になさってください。

    国内メーカーと海外メーカーで料金が異なります。Apple製品やMicrosoft製品のSurfaceなどはほとんどの場合に直接メーカーに問い合わせる必要があります。

    商品名 修理金額
    (税抜価格)
    納期
    ノートPC(国内メーカー) 45,000円 14日
    デスクトップPC(国内メーカー) 47,000円
    ノートPC(海外メーカー) 44,000円 21日
    デスクトップPC(海外メーカー) 43,000円

    ※メーカー直接対応の場合あり。その場合はお客様より直接メーカーへご依頼ください。

    参考:修理・メンテナンス | ビックカメラ

    保証に入っている場合

    ビックカメラの延長保証サービスに加入している場合の修理にかかる料金ですが、修理費用上限が10000円(税込)で何度でも修理することが可能ということです。10000円より安い場合には実費での支払いになります。基本的には修理はメーカーに送られて修理されることになるので、データは初期化されるので注意が必要です。バックアップは必須です。

    修理期間としては2週間は最低でもかかることと、バックアップの手間を考えると保証サービスに加入している場合には修理依頼をすることをおすすめします。

    ビックカメラのパソコン修理の評判

    Twitter上でのビックカメラの提供するパソコン修理サービスに対しての評判をまとめてみました。有償保証に対しては賛否が別れるところがありそうですが、故障しているパソコンの状態にもよるので、まずは問い合わせてみてから考えてもよいかもしれません。

    ビックカメラでのパソコン修理に関してのまとめ

    ビックカメラはコジマやソフマップという店舗もグループ傘下におさめた大手家電量販店です。すでにパソコンのサポートサービスも提供していることからもデジタルライフサポート企業といっても過言ではありません。アフターサポートのサービスは無料ではありませんが、豊富なメニューがあることからも多くのトラブルに対応できるのではないでしょうか。

    ただし、パソコン修理サービスに関しては料金や修理にかかる期間が長いことが気になります。そして、データが消去されてしまう可能性が非常に高いので、データが大事で画面に何も表示されてないなどの場合には別の修理依頼先を考える必要があります。

    また、データ復旧やデータ移行、バックアップ作成サービスなどのサービスは店頭にあるパンフレット等にも記載がされているので、修理だけでなく相談はしやすいです。持ち込む店舗や担当者によって対応も異なる可能性があるので、いくらくらいかかるかをまず電話もしくは店舗に行ってみて確認してみても良いかもしれません

    近所にパソコン修理屋さんがなく、ビックカメラがある場合にはまず、電話で問い合わせてみてから、保証があるようであれば持ち込んでみても良いのではないでしょうか。保証がないのであればメーカーへの修理をおすすめします。データをそのままに修理したい場合にはその他の修理方法を選択することをおすすめします。

    街中のパソコン修理専門店への依頼も

    ビックカメラ、コジマ、ソフマップの提供する修理を含めたパソコンサポートサービスは非常に便利ですが、メーカーに依頼することもあり、修理期間が長く、データが初期化されるというデメリットもあります。

    実はこういった時に安心してできるのが街中にあるパソコン修理店です。故障やトラブルにもよりますが、メーカーよりも短期間かつ同等の料金もしくは良心的な価格で対応してもらうことができるかもしれません。全国に大手PC修理店、個人パソコン修理専門店など幅広く展開しています。ただ、そういった時にどこに出したらいいんだろう?と思う方も多いのではないでしょうか。

    郵送でのパソコン修理

    近所にパソコン修理屋さんで信頼できそうなところがない!データはそのままにパソコン修理をしたいという場合には郵送でのパソコン修理を検討してみてはいかがでしょうか。症状にもよりますが、パソコンに関しては即日修理ができないケースが多いです。そうすると何日か手元を離れることも考えると郵送修理でもあまり関係はないと思います。

    まとめ

    ビックカメラでパソコンを購入した場合には保証期間を確認した上でビックカメラに依頼を出すのか、データが重要でバックアップがないとしたらパソコン修理の専門店に依頼するかを検討されることがおすすめです。また、データ復旧に関しても対象となるメディア形式のデータ復旧に強いかどうかは確認する必要があります。パソコンのHDDなどに関してはビックカメラの長い業界経験からも高い技術を持っている可能性はあります。

    <注意>SurfaceProシリーズのSSD取り出しでデータ復旧ができない場合

    出荷台数が年間100万台程度あるSurfaceですが、実際のところ、年々進化をしています。ただ、表向きにはあまり変わっていないのでその進化のほどは触ってみてソフトウェア的な改善や、UXという観点でのアップデートでしかわかることはないかと思います。タブレット型パソコンとして進化することでもちろん利便性が向上したり、熱を帯びるというトラブルが減って行ったりと良いことが多いですが、それによって本当に困った時に苦労する場合があります。

    それはデータの取り出しが高難易度になるということです。実際に起動しなくなったサーフェスのデータをなんとかしたい!と思った時に液晶を外して、分解してSSDを取り出してデータ取り出しができるのはSurface Pro4までなんです。そして、今後販売されてゆくSSD搭載のパソコンで同様の問題は大きな問題となってゆく可能性が高いです。

    Surface Pro4よりも新しいモデルからのデータ取り出しは難しい

    Surface本体からSSDを取り出すことでデータが取り出せないモデルが出てきました。それがSurface Pro5やSurface Pro6というモデルです。これらのサーフェスのモデルはまだそこまで利用者が多くはないかもしれませんが、SSDがオンボードになったことで、マザーボードが損傷した場合にはその箇所の修理をしなくてはデータ復旧することができなくなってしまったのです。

    パソコンを分解したことがあるといって油断禁物

    パソコンを分解したことがあるからデータの取り出しなんて簡単なんじゃない?と思いがちですが、パソコンとSurfaceは全然別物です。
    タブレット型の新しいパソコン、というかほとんどタブレットでwindowsが動くというようなものです。過去にSurface Pro3などの旧モデルを利用していたという方で、構造はわかっているから余裕!と思っていたら非常に苦労すると思います。なんとか安く済ませたいというように思ったりすると痛い目を見ることになってしまいます。

    Surfaceに入っているのはHDDではなくて、SSD

    そして、多くの方はご存知かとは思いますが、Surfaceやmacなどの薄型のPCにはHDDのような大きなディスクを入れることはできません。Surfaceの薄さを実現するためには、SSDという新しい規格の登場は必須だったということです。そして、多くの人は厚いよりは薄い、重いよりは軽いものを好むので、ほとんどの人が今後持つパソコンはSSDを搭載した、マザーボードにオンボードのSSDになってゆきます。

    まずはSurfaceを強制再起動

    もうすでに試されたかもしれませんが、やはりまずはサーフェスを強制再起動してください。
    Surfaceが起動しなくなった、電源が入らない、画面が消える、画面が真っ暗になってしまってどうしようもなくなった。などなど、不安定になってしまって普段通りにサーフェスを利用できなくなった場合に真っ先にすべき対処方法です。

    手順

    ①電源ボタンを30秒長押しします。
    ②ボリュームアップキーと電源ボタンを同時に15秒長押しします。
    ③ボタンから指を離してから10秒程度待ちます。
    ④電源ボタンを再度押してください。

    これらを行っても無反応、どうすることもできなさそうであれば、分解を自分でするか、データ復旧業者に依頼することになります。
    参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を

    Surface Pro4までは自力でデータ取り出しできるかも?

    SurfacePro4まではSSDであるものの、マザーボードとは関係がないので、もしかしたら自分でデータ取り出しをすることができるかもしれません。実際に分解している動画がYoutubeに上がっているので、参考になさってはいかがでしょうか。もしかしたら基板に何も問題はなく、バッテリーか何かの端子が外れてしまっただけ、なんてこともあります。

    お金をかけるほどの余裕はないし、チャレンジしてみたい!という方や知的好奇心を満たしたい!というデータよりも優先したいものがある方にはおすすめします!が、DATASMART KNOWLEDGE編集部では自力でのデータ取り出しは推奨しておりません。自己責任でご対応のほどよろしくお願いいたします。

    また、公式のコミュニティでも自力でなんとかしたい!という方の質問が投げられています。保証期間をすぎてしまったら元も子もありませんが、、自力でデータを取り出すことは可能です。
    参考:Suface pro3のSSDを取り出してデータを回収したい

    Surfaceのデータ復旧はDATASMART(データスマート)がおすすめ!

    元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
    これまでSurfaceの修理を行っていたSMARTFIXから生まれたデータ復旧専門サービスがDATASMARTです。これまでの修理技術を活かし、Surface以外も含めた総合型データ復旧サービスを展開しています。SurfaceProだけでなく、SurfaceLaptopやSurfacebookなどあらゆるサーフェスのモデル・シリーズのデータ復旧に対応しています。

    まとめ

    単純化してしまえば、自分でやるかどうかは時間の余裕、データの重要性、費用面でどの程度かけられるのかということと、データ復旧業者に依頼することで発生する費用とのトレードオフです。Surfaceの中のデータが重要であればあるほど自分でやるのは避けて、データ復旧の専門業者に依頼することをおすすめします。
    DATASMART KNOWLEDGE編集部では自分で分解して、データを取り出す方法を、あらゆるデータ取り出し方法の手段をお知らせするという意味で情報提供させていただきましたが、Microsoftの公式サポートや保証を受けられなくなったとしても責任を取ることはできませんので、ご了承ください。

    【プロ監修】壊れたビデオカメラからのデータ取り出し・復旧

    ビデオカメラからデータ復旧をしようと考える場合には大きく分けて3つのケースに別れます。1つは誤削除、2つ目は電源が入らない起動障害系のトラブル、1つはシステムエラー系です。いずれにしても大切な家族の大事なイベントを記録した動画のデータをもう一度観れるようにしたいことには変わりないかと思います。

    このページではトラブルが発生したビデオカメラからのデータ復旧に対して、データ復元ソフトが有効なのか、データ復旧業者に依頼しても良いのかどうかを詳しくまとめてみたいと思います。

    多くのトラブルはビデオカメラが起動しない系か誤削除が多い

    ビデオカメラで撮影した大事な動画をどうにかしてもう一度観れるようにしたいと思ってこのページをご覧になっていただいていると思います。

    ビデオカメラのトラブルで多いのは起動しなくなってしまった場合と誤って削除してしまった場合が9割以上を占めています。また、「内蔵メモリーが認識できません。実行できないメディアです。」といったシステムエラーが表示されるシステム障害系のトラブルも存在します。

    ビデオカメラの電源を入れない、もしくは電源を切る!

    データを誤削除してしまったり、システムエラーが出ている場合にはできる限り速やかに電源をオフにしてください。動画データを確実にもう一度観られる状態にしたいのであれば、残念ながらご自身でできることは実際のところ「電源を切る」ことだけなんです。

    起動しないビデオカメラの電源ボタンを押さない

    最もビデオカメラが故障したと認識しやすい状態が「電源が入らなくなる」という状態です。そして、少し厄介なのがビデオカメラが起動しない、立ち上がらないとどうしても何度も電源ボタンを押して起動しないかどうかを試してしまいがちなことかと思います。何度も電源ボタンを押すことで状態が良くなることはないですし、場合によってはビデオカメラの悪化してしまいます。

    ビデオカメラの電源ボタンはそもそも壊れづらい

    電源ボタンが物理的に壊れているということは考えづらいので、電源ボタンを何度も押すのはお勧めしませんし、できればこれ以上何度も押すのはやめてください。

    どうしてビデオカメラは壊れるの?

    ホームビデオなどを撮影するというシーンで活躍させるためにもそこまで衝撃等に弱い構造にはなっていないのに、突然電源が入らなくなってしまう。という場合には自然故障という製品の欠陥とさえ疑ってしまう故障が存在します。申し上げにくいですし、受け入れ難いと思いますが、運が悪かったとしか言いようがない状態です・・・。

    SDカードにデータは保存されていませんか?

    自分で何とかしたい気持ちを抑えるのはとても難しいことだと思いますが、ビデオカメラが壊れてしまうというトラブルはそう何度もあることではありません。電源を切った状態にしたあとにもう一つご自身で行って欲しいのはSDカードの確認です。SDカードで容量を拡張できるビデオカメラであれば、SDカードにデータが保存されている可能性が高いです。ビデオ動画が残っていないかを確認してみてください。

    挿入していたSDカードに保存されてるか確認

    ビデオカメラのデータを削除してしまった、という場合にはSDカードをフォーマットしてしまった場合が多いかもしれませんが、SDカード対応のビデオカメラが起動しなくなってしまった場合には特に挿入していたSDカードをご確認ください。

    業者によるデータ復旧とソフトによるデータ復元

    データ復旧とデータ復元、という言葉がありますが、データを元の状態にするのをご自身で行うことをデータ復元と呼ぶことが多く、データ復旧と表現する場合には第三者によってデータを取り出せる状態にしてもらうことが多いです。自分で故障したビデオカメラからデータを救出したい!という場合に使うことができるのがデータ復元ソフトです。そして、第三者にデータを復旧してもらう場合に利用するのがデータ復旧業者です。これらの違いとメリット、デメリットについてまとめて解説させていただきます。

    データ復元ソフトってどうなの?

    データ復旧の無料見積もり・診断が丁寧であるかどうかがとても重要です。

    【プロ監修】壊れたUSBメモリのデータ復元業者の選び方まとめ

    USBメモリはノートパソコンを持ち運ぶよりもはるかにコンパクトで、胸ポケットにも入るし、データを移動させるのに便利な優れものです。物理的に接続端子が壊れてしまったり、データを間違って消去してしまったけど、職場のパソコンや学校のパソコンで作業をしていたからUSBからじゃないとデータの復元をすることができない!というのがトラブルの大半なのではないでしょうか。

    このページでは失敗しないUSBメモリからのデータ復元・復旧方法をデータ復旧の専門家が詳しく解説いたします。

    失敗しないUSBメモリからのデータ復元方法

    他のウェブサイトなどのページをご覧になってからこのページにたどり着いたり、他のページをこの後にご覧になる方もいるかと思いますが、絶対に失敗しない方法は「自分でやらない」方法を考えるということです。

    USBメモリが壊れてしまったり、消去してしまう、というトラブルに見舞われて、大変混乱しているかもしれませんが、とても大切なことなので、もう一度お伝えすると「自分でデータ復旧をやろうとしない」ことが何よりも大事です。

    データ復元ソフトの使用は要注意

    ほとんどのウェブサイトでデータ復元ソフトを紹介しています。もちろん、データ復元ソフトを使用することで安価に済ませることができるので、当事者にとっては経済的にも安く抑えたいのは間違いないと思いますし、自分自身がデータを誤って消去してしまったとすると、データ復元ソフトの使用を検討するかもしれませんが、全くお勧めしません。特に大切なデータが入っている場合にはなおさらです。

    USBメモリのトラブルの種類

    USBメモリからデータが取り出せなくなる場合は大きく分けて4通りかと思います。

    物理的なトラブル

    ・USBをぶつけて破損した・破折した
    ・胸ポケットから落ちてトイレに水没させてしまった

    論理的なトラブル

    ・データを誤って消去した・削除した
    ・気づいたらデータが消えていた

    これらはそれぞれ物理的な障害と論理的な障害に分けることができます。ただし、物理的にぶつけてしまったものの論理的に壊れていない場合に正常にデータを読み込む動作ができなくなってしまっている場合もあるので、注意が必要です。

    USBメモリのデータ復元の方法

    データ復元をする方法は基本的には「自分でデータ復元ソフトを使用してデータ復旧をする」か「データ復旧業者に依頼するか」の2つです。
    USBメモリに入っているデータが画像なのか、ドキュメントなのか、アドレス帳などの連絡先データのバックアップデータなのか、データ形式によっても使用するベストなソフトは異なります。
    また、気付いたら勝手にデータが消えていたのか、自分で消去したのかによってもアプローチを変えた方がおすすめです。

    USBメモリにデータ復元ソフトを使用する

    自分でデータ復旧ソフトを使用する場合には復元ソフトを選定して、パソコンにインストールして使用することになります。このデータ復元ソフトの選定が最も難しく、適切なソフトを紹介することもとても難しいので、このページではどのような状況に、このフリーソフトが合いますといった情報や有償ソフトであっても、基本的にリテラシーがない状態でソフトを使用することはリスクが高すぎて責任が取れないのでソフトの紹介のみに留めたいと思っています。

    USBからデータを間違って削除した時にソフトを使用

    復元ソフトを使用する場合には適切なソフト(フリー・有償)を選定し、適切な処置をすることでデータを復元することができます。ただし、どのような状況のときにソフトが有効に使えるか、というのは初めてのトラブルに遭遇した場合すべての人がわからなくて当然です。基本的に復元ソフトの使用はおすすめしませんが、データを誤って削除した、消去してしまった場合には体験版のデータ復旧ソフトを自己責任で使用されても良いかもしれません。ただし、データ復元ソフトを使うと状況が悪化するケースもありますので、その状況がどのような状況なのか、なぜデータ復元ソフトの使用をお勧めできないのかを解説させていただきます。

    データが勝手に(自然に)消えていた場合はデータ復元ソフトはNG

    USBメモリから大切なデータが勝手にデータが消えてしまった、久々にUSBをパソコンに接続したらデータが消えていたという場合にはデータ復元ソフトの使用はおすすめできません。なぜならば、自分で削除したのであれば、「パソコンを使用して削除した」ということが判明していますが、「知らないうちにデータが消えていた」場合は直前の原因がわからないのです。何がどうちがうの?

    データを自分で削除した場合

    データを自分で削除するにはパソコンを使用して削除したことをご自身で確認が取れている状態です。この場合は何かしらの論理障害(ソフトウェアやシステムの故障)が発生していないことがわかります。

    データが勝手に消えた場合

    USBメモリからデータが消えてしまった場合、これは直前の状態がわからないので、実際のところ物理的な障害(トラブル)が発生してUSBが故障しているのか、何者かによって削除されたのか、はたまた自然故障によってUSBメモリが壊れてしまったのかの直接的な原因がわからないからです。直接的な原因がわからない状態のハードウェアに対してデータ復旧のプロはまず何もしないで原因を診断する作業をしますが、初めてのトラブルではその診断をすることは不可能と言っても過言ではありません。

    気づいたらデータが消えていた場合にデータ復元ソフトが非推奨な理由

    USBメモリから気付いたらデータが消えていたという方はYahoo知恵袋などを見ても一定数いることがわかりますし、とても珍しいケースではないようです。しかしながら、データが消えた理由が全くわからないということが一番の問題なのです。少なくともご自身で消去していないかもしれませんが、誰かが接続して消去してしまった可能性やウィルスによって悪さをされた場合、内部データが壊れた場合、フラッシュメモリが壊れた場合などが考えられますが、ケースバイケースで状況がまったくわかりません。

    これをデジタル機器のリテラシーがそれなりにあったとしても壊れたUSBに対して適切なデータ復元ソフトの選定をしなければならないとしたら、かなり困難な状態だと思います。何度もこういったケースを見ている人に頼むのが間違いのない方法かと思いますし、まずは身近にいる詳しい方(詳しそうな信頼できる方)に相談してみるのも良い方法かもしれません。

    壊れたUSBメモリをデータ復旧業者に依頼する

    データ復旧に失敗したくない場合には「データ復旧業者」に依頼をするというのが間違いありません。もしくは心配な方は身近で信頼できて詳しそうな方にまずは相談してみる、というのでも良いかもしれません。なぜならば、データ復旧業者はどこが良いかわかりませんし、そもそもデータを取り出すのって本当に復元ソフトかデータ復旧業者に依頼しないといけないの?という疑問をクリアにした方が後悔が少ないのではないでしょうか。

    特にどこかにぶつけてしまって物理的に破折したUSB、気付いたらデータが消えてしまっていたUSBに関してはデータ復旧業者に依頼するほかありません。
    なぜならば、パソコンにUSBを接続できなければ復元ソフトを走らせることもできません。また、気付いたらデータが消えていた場合にも自分でソフトウェアを使用してデータ復元をしようとするのはリスクが高すぎます。

    もちろんデータ復旧にかかる費用というのはネックになるとは思いますので、「データ復元ソフト」と「データ復旧業者」のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。値段は考えずにデータ復旧業者に依頼して確実なデータ復旧をしたい、という場合にはおすすめデータ復旧サービスのコンテンツをご覧ください。

    壊れたUSBメモリに対してデータ復元ソフトのメリット・デメリット

    基本的にはデータ復元ソフトのメリット・デメリットはUSBメモリからデータを誤って削除してしまった方に向けてまとめています。あらかじめご了承ください。

    本当にデータ復旧料金が安価になる?

    復元ソフトを利用することにおいて、「安く抑えること」、これが何よりも最大のメリットではないでしょうか。データ復元ソフトを適切に選んで、適切に使用することができれば、安いデータ復旧費用で抑えることができます。データ復旧ソフトは海外メーカー・日本国内メーカーともに存在しています。

    データ復元ソフトは有償版がいいの?それとも無償版?

    データ復元ソフトを使用する際にはまずは無償版(フリー)のソフトを使用してみて、どの程度のデータが復旧できそうかを確認されることをおすすめします。もちろん、無償だからと言って検索結果の上位に表示されるものをむやみやたらにインストールしたり、試したりすることはおすすめしません。自分でデータ復旧をするにしてもデータ復旧サービスを利用するにしても十分な情報収集は必要不可欠です。

    おすすめのデータ復旧サービス・ソフト

    データ復旧はソフトの選定も難しいことはさることながら、データ復旧サービス・業者をどこに依頼するかどうかというのを判断するのはとても難しいです。
    失敗しないデータ復旧の原則は「自分でやろうとしない」です。情報をどれだけ集めたとしても答えは出ないかもしれませんが、初めてのトラブルなので、情報収集は何よりも重要です。以下の情報を参考にしていただき、確実なデータ復旧処置ができれば何よりです。

    DATASMART(データスマート)

    HP:データスマート
    データスマートはスマートフォンのデータ復旧を最も得意としていますが、それ以外の機器にも幅広く対応しており監視カメラなどの特殊な機器の解析依頼が捜査機関から来るほどの高い技術力と信頼度を持ったデータ復旧サービスです。前身サービス(SMARTFIX)の時代から、iPhoneのデータ復旧に成功報酬制をいち早く導入したりとユーザー目線を欠かさず、実際に口コミ評価も非常に高く丁寧なサービスを受けることができるでしょう。
    捜査協力を評価され感謝状を複数回に渡って受けている点からも信頼できる事業者です。

    価格 一律 44000円(税込み)
    内容(対応メディア) スマートフォン、監視カメラ、外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
    期間 初期診断:1営業日
    初期診断後に復旧期間を提示
    特長 データ復旧率90.6%
    警察への複数回の捜査協力実績
    少数精鋭のエンジニア集団

    USBを破折してしまった場合

    物理的にUSBが破折してしまったら、人間で言う所の骨折です。放置しておいて治る場合もありますが、さすがに病院に行って治療を受けますよね。

    USBを初期化してしまったり、誤操作によって削除した場合

    USBメモリへのデータの書き込みや保存という行為は人間の身体であれば脳みそに記憶をしていくのに似ています。そして、USBメモリの初期化は人間の脳みそでいう所の記憶喪失に近い状況です。そのため人間にとって脳の障害を治療すること、手術することの難易度が高いことと同じようにUSBメモリの初期化からのデータ復旧作業の難易度は高いです。

    USBの中のデータが重要なら、データ復旧の専門家に相談

    デジタル機器は身近にあるものの、それほどリテラシーを高める教育をしてこなかったのも事実ですし、急なトラブルに見舞われることなども想定せずに便利なので多くの方が使用してきました。何度もデータトラブルに見舞われることはないはずなので、USBに入ったデータが大切であればあるほど、自分で何かをしよう!と考えないことをお勧めします。そして、信頼できる専門家に出会えたら、その方に相談・依頼することをお勧めします。

    USBのデータ復旧ならDATASMARTへ

    元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班佐々木成三氏推薦
    壊れたUSBメモリのデータ復旧は日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTにご相談ください。埼玉県警、愛知県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、現在ではすべてのハードウェアのデータ復旧に対応しています。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。詳しくはこちらからご覧ください。

    店舗情報

    住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
    電話番号:050-1744-5752
    営業時間:9時00分~18時00分
    定休日:土日祝日

    まとめ

    USBメモリはデータを移動するときにとても便利ですが、そのままデータを保存して管理している場合にデータ復旧が必要なトラブルに見舞われることが多いのではないでしょうか。また、一度何かしらのトラブルに見舞われたら、業者に依頼するしないに関わらずデータ復旧費用もかかってくるので、勉強代として仕方ない部分もあるかと思います。今後は他のメディアに保管してデータを管理されることをおすすめします。

    Surface(サーフェス)故障・修理不可の対処ガイド

    マイクロソフト社から販売されているSurfaceですが、故障の状態や箇所によっては修理ができない場合があるので、それらの対処法をまとめました。デバイスの分解情報サイト「iFixit」でSurfaceは修理難易度が非常に高い(モデルによってはほぼ修理は不可能と表現)と言われていますが、そもそもメーカーでは交換という形で修理不可と考えられるものがあったとしても何かしらの対処手段はあります。

    私自身のデバイス修理経験を活かして、読者の方に役立つ情報を提供させていただきますので、ぜひご覧ください。

    もちろん、Surfaceの故障の仕方によっては修理がおすすめできない状態もあります。ただの一時的な不具合なのか、果たしてどのような状態だと修理が出来ないのか、データはどうなるのか、などなど…失敗しない、デメリットの少ない対処方法が何なのか、実際のところを知りたいですよね。

    サーフェスの画面がつかない・何も映らない

    画面が何も映らない、画面がつかなくて真っ暗な場合には液晶が損傷している場合、液晶ケーブルがSurfaceの内部で損傷している場合が考えられます。物理的な損傷であれば、自分で落とした、もしくは地震等の何かしらの外部要因によって落下してしまったなどで思い当たるところがあるかと思います。物理的な損傷の場合にはソフトウェア的なトラブルを抱えている場合もあるので、その場合にはデータが重要でなければ修理は不可です。
    参考:Surfaceの画面がつかない・何も映らない場合の対処

    電源が入らない・起動しないSurfaceの修理は不可

    Microsoftでは電源が入らないPC、起動しなくなってしまったSurfaceは本体交換対応になります。マザーボード(基板)修理はメーカーでは対応できないと言うことです。普段お使いのSurfaceはモデルにもよりますが、薄型でタブレット型デバイスであるということがおわかりだと思います。そのため分解する作業工数は高すぎて、メーカーでは対応することができません。

    本体交換ってどうなるの?

    本体交換はマイクロソフトのオンラインサポートに問い合わせることで進めることができるのですが、自分自身が今まで使っているデバイスではないリフレッシュ製品が手元に届くことになります。そのためデータが重要な場合に関してはメーカーに修理依頼をしてしまうと消去されることになるので困ってしまいます。

    充電がされない!と言うようなバッテリー交換はメーカーに依頼することで品質の高いものに取り替えてもらえるのでオススメです。まだ強制再起動を試してない方は電源ボタン30秒程度の長押しで試してみてください。詳しい作業はこちらのページでご覧ください。

    参考:Surfaceが起動しない!強制再起動でまずは対処を。

    公式Microsoft(メーカー)で対応不可なのはデータ復元

    データ復旧を修理と言うかどうか正確には違うとは思いますが、データに関するものは基本的にどのパソコンもメーカーは対応していません。逆に言うと、データに関わらない画面割れの修理はフレームが歪んでいる場合もあるのでマイクロソフトに修理を出すことが望ましいです。とにかくボディが硬いので、フレームの歪みを修正しようとすると破損してしまう可能性があります。

    そのため、Surface(サーフェス)に入ってるデータのバックアップを十分にできていない場合に、会社の仕事で使用している重要な書類の元データが入っている場合にはデータの復旧が必要になります。

    電源が入らない、起動しない、何も表示されない場合の対処

    メーカーではデータに関わるものは消去した上で修理を行うということは上述しましたが、その場合にデータのバックアップが取れてない1ということもあろうかと思います。そういった場合にはSurfaceのデータ復旧サービスの利用をする必要が出てきます。費用がかかってくるので、どの程度予算をかけれるものなのか事前に考えておくことは大事ですが、対処方法含めまとめましたのでご覧ください。
    【参考】故障したSurface Proからデータ復旧・救出!重要なデータを取り出したい

    パソコン修理屋さんやタブレット修理屋さんに依頼することで間違った処置をされてしまい初期化されてしまうリスクがありますので、大事なデータはまずは専門家に無料診断をしてもらうことを推奨します。

    タイプカバーが使えない、動作がおかしい場合は修理不可

    SurfaceProのタイプカバーはマグネットで取り外しができるタイプです。認識しない・全く反応しなくなるといった場合があります。この時に画面割れ等の他のトラブルが併発していると受け口の方である端末側の問題を疑った方が良いですが、そうでない場合にはタイプカバーの故障か接触不良であることが考えられます。また、キーボードのライトが点灯しなくなる場合もあります。文字入力がおかしくなってしまった場合でも対処方法はあります。

    解決できるか試してみた方が良いこと

    • ・タイプカバーを一度取り外し、抗菌シート等の綺麗な布等で拭く
    • ・着いている部分がズレていないかどうか再度確認する
    • ・文字入力がおかしくなっていて、物理的ではなさそうな故障の場合はPCを強制終了してみる

    タイプカバーのトラブルに関しての対処方法

    • ・新しいタイプカバーを購入する、もしくは互換性のあるキーボードを購入する
    • ・外付けのキーボードを購入する

    関連記事:Surfaceのキーボードは修理不可?壊れた!?おかしい?打てない?

    SurfaceのSSD交換や換装

    基本的にHDDを搭載しているSurfaceですが、マイクロソフトではアップグレードやカスタマイズには対応していません。こういったアップグレードは街中の修理店でしか対応していません。画面割れ等が起きてしまった時についでにSSDへの換装を行うことも検討してみるのは良いかもしれません。分解が非常にしづらいSurfaceは液晶が薄く、修理屋さんとしても交換時の画面割れリスクは気にしているはずです。

    関連記事:【Surface修理】店舗持ち込みの修理費用と注意点

    Surfaceのおすすめモデルの選び方

    修理不可となってしまった場合、他のメーカーのパソコンに乗り換えるか、また改めてSurfaceを購入するか悩まれると思います。元修理屋目線でSurfaceを購入する際のおすすめのモデルと選び方をまとめましたので、参考になさってください。
    参考:Surfaceのおすすめモデルの選び方!購入時にMicrosoft Completeに入るべき?

    参考記事:Surfaceの画面割れ修理・液晶交換方法まとめ

    Microsoftでの修理可能なケース

    修理不可である箇所をまとめてきましたが、メーカーに修理できるのはボタンの押し具合が悪いものを改善することや画面割れ液晶交換、充電不良の改善のバッテリー交換と言えそうです。物理的な損傷は修理サービス(リファビッシュ品への交換)で対応していますが、そうでないものに関しては基本的にメーカーでは難しいです。データのバックアップが取ってあれば問題はないので、確実にデータはクラウドや外付けHDDへ保存しておきましょう。
    関連:SurfaceProを修理!Microsoft(正規)への依頼方法、値段と注意点

    まとめ

    Surfaceの修理不可という場合はキーボードに関しては新規購入がおすすめで、その他の場合、リファビッシュ品との交換をMicrosoftがサポートしている場合には基本的に有償ですが、メーカーに依頼することが望ましいと考えられます。こういう時のために延長保証サービスのMicrosoft completeがあるのかもしれませんが、運が良ければ故障に見舞われることなく製品寿命を迎える場合がほとんどですので、考えものですよね。

    Surfaceのデータ復旧はDATASMART(データスマート)がおすすめ!

    元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
    これまでSurfaceの修理を行っていたSMARTFIXから生まれたデータ復旧専門サービスがDATASMARTです。これまでの修理技術を活かし、Surface以外も含めた総合型データ復旧サービスを展開しています。また、Mac、SSD、HDD、SDカード、USBメモリや監視カメラなどほぼすべての製品のデータ復旧に対応しています。

    トップへ戻る