iPhone基板修理をデータ復旧と標榜する業者にご注意を

iPhoneのデータ復旧の一要素である基板修理ですが、基板修理業者や基板修理を行うことをデータ復旧と標榜する事業者が多数存在しています。そのようなiPhoneの基板修理業者で復旧不可と判定されたとしても、データ復旧、すなわちデータを取り出すことが出来るケースがありますので、ご紹介させていただきます。

iPhoneの基板修理はデータ復旧のごく一部

iPhoneの基板修理は基本的にはiPhone修理屋さんやiPhone修理サービスから派生したり、技術力の高い一部の業者が提供しているサービスです。そして、さらにはそれをデータ復旧と表現しているケースもありますが、データ復旧と基板修理はまったく異なりますので、解説させていただきます。

基板修理はiPhoneからのデータ復旧の一部の作業のことです。そもそも、修理とデータ復旧は相反するものですし、iPhone修理屋さんはデータ復旧という業種のことを知っているだけで、データ復旧業者ではありません。なぜ相反するかというと「修理」と「データ復旧」は目的が異なります。

修理はiPhoneを購入時点の状態に戻すことを目的にしています。ですので、撮り溜めてきた写真や動画、やりとりをしてきたLINEなどのメッセージ、連絡先、メモ帳なども含めたデータは完全に無視して正常にあった状態にすることがゴールとなります。Apple storeにあるジーニアスバーでは近年デバイスによってはデータをそのままに修理を行うこともありますが、基本的には工場出荷時の状態、すなわち初期化された状態になるリスクを承諾した上で修理作業を依頼します。

少し脱線しますが、iTunesのバックアップと復元に関しても同様の設計となっています。iPhoneに入っているデータ容量が多くなりすぎて、警告(アラート)が表示されても無視して使用し続けた状態で、Apple社のサポートの方に案内されるがままにバックアップと復元をかけると、何かしらの異常がある場合には初期化をします。

Apple社の場合は修理して、正常
ネット上でもそうですが、
修理屋さんの場合には基本的にはデータ復旧の知識がないので、リカバリーモードにしてiTunesでアップデートしようとします。本来はアップデートは初期化をすると思われていませんが、初期化されることがあります。

特に、リンゴループの状態でアップデート

もちろん、最悪の場合初期化されてしまいます、とリスクを説明した上での案内をされているので、それを承知の上で作業を行って初期化された状態で相談される方が非常に増えている印象がございます。

それに対して、データ復旧では中に入っているデータを取り出すことを目的としていますので、作業後に本体が正常に起動するか、メッセージのやり取りができるかどうかは重要ではなく、あくまでも写真や動画などの重要なデータを復旧することを目的としています。

そのため修理サービスを提供しながら、データ復旧サービスを提供することができません。私たちDATASMARTも姉妹サービスのSMARTFIX(日本で初めてAndroid修理店として総務省登録修理業者となりました)を運営していますが、現在は法人様のみへのサービス提供としています。

診断がないので起きる初期化の問題

基板修理が必要な損傷を負ったiPhoneは本体交換必須

基板修理が必要な状態になっているiPhoneを修理して使用続けることを推奨することはできません。もちろん、データのバックアップが完全に作成されていて、定期的にバックアップを保存している方やiCloudに保存しているのであれば問題ありません。

なぜならば、バックアップを作成していれば、データ復旧業者やデータ復元ソフトを含めた解決手段は存在する必要がないからです。しかしながら、ほとんどの方はiCloudは無償版で使用していてごく一部のデータのみをバックアップしていたり、iTunesのバックアップも年に1回程度しか作成しません。そして、ある日突然起動しなくなってしまうトラブルに見舞われてしまうので、私たちも提供しているデータ復旧サービスをご利用いただいています。

データ復旧専門業者はiPhone以外にも対応可能

データ復旧業者はiPhone以外のデータ復旧を行うことができますが、iPhone修理屋さんは他のデバイス・製品のデータ復旧を行うことができません。私たちDATASMARTでは、iPhoneのみならず、Androidスマホ、Mac、SurfaceなどのオンボードSSDパソコンやSDカード、USBメモリ、HDDや監視カメラ、ブルーレイレコーダーなどありとあらゆるデータが保存されるデバイスやメディアからのデータ復旧することが可能です。

iPhone基板修理サービスで復旧不可判定からデータ復旧成功
FirebirdのPDF

iPhone修理屋さんの基板修理で復旧不可判定からデータ復旧成功

まとめ

iPhone修理屋さんは今では非常に身近な存在となっていますが、データ復旧のプロではないこと、基板修理はデータ復旧の中のごく一部の作業プロセスであることをご理解いただけたかと思います。街中に修理店が増えていることからも依頼のしやすさは高いかとは思いますが、確実なデータ取り出し、データ抽出を行いたいのであれば、データ復旧専門業者にご相談されてはいかがでしょうか。

トップへ戻る