<決定版>BD・DVD・HDDレコーダーのデータ復旧・救出業者の選び方

子供の運動会や幼稚園の行事の動画がたくさん詰まったブルーレイレコーダーやDVDデッキが壊れてしまった。そんなときにどのように対処すべきか、どこに依頼すべきかはなかなかわからないものですよね。このページでは大切な動画をブルーレイレコーダーから救出するためのベストな方法やデータ復旧業者をまとめてご紹介します。

ブルーレイレコーダーの製造メーカー・モデル

テレビ番組や映画の録画だけでなく、ホームビデオの録画をしている方も多いかと思います。DVDレコーダーを使用している方もいるかと思いますが、DVDレコーダーの後継機にあたります。日本国内で人気のブルーレイレコーダーとして人気のモデルは4メーカーから販売されています。

  • SONY
  • Panasonic DIGA(ディーガ)
  • TOSHIBA REGZA(レグザ)
  • SHARP AQUOS(アクオス)

世界で最初にブルーレイレコーダーを販売したのがSONYです。
※販売当時はハードディスクドライブがついていませんでした。

どこのメーカー製品でも基本的に「録画したTV番組のデータの取り出し」が目的である場合にはメーカーに依頼することは難しいです。

ブルーレイレコーダーが壊れた!メーカー修理はデータ消去

ブルーレイレコーダーが壊れてしまって、メーカーに修理に出そうと問い合わせると「初期化をするため内蔵データは消去します」といった回答をされてしまいます。そのため、ブルーレイレコーダーに大事なデータが入っている場合には、メーカーを頼りにすることはできません。

ブルーレイレコーダーの故障の原因

ブルーレイレコーダーは基本的にはテレビの下にあると思います。iPhoneなど持ち運びができるデバイスに関してはプールに落としてしまう等の水没によるものがありますが、アクシデントというよりは長期間使用していることによる何かしらのトラブルが原因があります。

HDDの劣化による故障

ブルーレイレコーダーでテレビ番組の録画などもしていると、動画を記録しているハードディスク(HDD)が劣化していきます。
これによってシステムが壊れてしまうことによる「システムエラー」が故障の主な原因です。
この場合にはブルーレイレコーダーの液晶パネルに「SYSTEM ERROR」や「E○○○○」などのエラーコードが表示されている可能性があります。

経年劣化による故障

また、長期間の使用による経年劣化や寿命の場合もあります。ブルーレイディスクレコーダーが正常に起動しなくなるのも原因の1つです。この場合には電源コードを抜き差ししても反応が全くなくなってしまいます。

自分でブルーレイレコーダーのデータ取り出しはできるの?

結論からお伝えすると、個人での修復やデータ復元はできないです。データのフォーマット形式がパソコンとは異なるので、パソコンにケーブルを繋いで差し込んだとしても正しく認識しないです。また、HDD自体が壊れてしまっているので、認識されないことも考えられます。DVDデッキを分解してハードディスクを取り出すのはお勧めしません。

ブルーレイレコーダーに復旧ソフトは効果なし

「ブルーレイレコーダー データ取り出し」などのキーワードで検索すると、非常に多くのフリーソフトのサイトが表示されるかと思いますが、ブルーレイディスクレコーダーの故障に関してはフリーソフトが活躍することは残念ながらありません。データ復元ソフトはデータを誤って削除してしまった場合などに役に立ちます。

テレビ番組の録画のデータ取り出しは不可

NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSなどの日本のキー局はもちろんですが、テレビ局に出演したデータが保存されていたので、それらのデータを取り出したい!という方もいるかと思います。しかしながら、それらのデータは著作権法に抵触してしまうので、データ復旧することはできません。この場合にはテレビ局に問い合わせるのを優先して行うことをお勧めします。

過去の放送番組をアーカイブしている場合もあるので、それらの情報を有償にはなるかと思いますが、提供してもらえる可能性はあります。

ビデオカメラからのデータ復元も

多くの方がブルーレイレコーダーから取り出したいデータとしてはビデオカメラで撮影した運動会やお遊戯会などの動画なのではないでしょうか。この場合には、ブルーレイレコーダーからどうしてもデータ復旧できない場合には、ビデオカメラ(復元希望のデータを撮影した)から取り出すことができる可能性があります。

撮影した映像データの初期化はNG

ただし、初期化してしまったビデオカメラに関しては、これまで撮影した映像データを全て消去した上で、その後ホームビデオ等を撮影していると上書きされてしまい、本来取り出したいデータを救出することができない可能性が高まります。

成功報酬制のデータ復旧業者がおすすめ

データ復旧業者は東京に多く在ります。また、大阪にもあります。郵送料が発送元住所によって異なるので、出費を考えると比較的近い場所に送りたくなる気持ちはわかりますが、成功報酬制でデータを取り出すことができれなければ料金が支払われない業者に依頼することをおすすめします。なぜならば、成功報酬なので、データを取り出すためにできる限りのことを行うからです。

ブルーレイレコーダーのデータ救出業者はDATASMART

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTは東京にあるデータ復旧専門サービスです。ブルーレイレコーダーのデータ復旧業者としてお勧めします。成功報酬制なので、データが取り出せなかったら費用は郵送費用だけです。また、高い技術が求められるiPhoneやAndroidなどからの動画、写真のデータを救出することを行っています。それだけでなく、SurfaceやMac、iPadなどの最新デバイスのデータ復旧にも対応していて、幅広いデバイスのデータ復旧を行っています。詳しくはこちらからご確認ください。

まとめ

ブルーレイレコーダーに入っている大切なホームビデオの録画データはメーカーではなく、データ復旧専門業者に依頼することで取り出すことが可能になります。もちろん復旧率が100%ではないですが、データを取り出すことができる可能性があることが有難いですよね。
ブルーレイレコーダーから取り出しが行えない可能性があるので、その場合にはビデオカメラも一緒に依頼先のデータ復旧業者に郵送することが最善の方法です。

HDDを搭載しているので、パソコンと同じと思いきや特殊な方法が必要です。パソコン修理屋さんではなく、データ復旧専門業者に依頼することをおすすめします。

【プロ監修】HDD(ハードディスク)データ復旧業者選びベストガイド

HDDのトラブルはそう何度も起きません

HDDを使用していて、データを取り出したいというシチュエーションになることは人生でそう多くはありません。それでいて写真や動画、説明用資料などの書類など持ち運んで使うとても重要なデータにアクセスできなくなり、さらにはパソコンも使用できなくなって困惑するかと思います。

このページでは初めてのHDDのデータトラブルに確実に対応する方法を初心者でもわかりやすく解説することを心掛けてまとめています。

ハードディスクが壊れたら自分では何もしないでください

ハードディスクがいつもと違う、違和感を感じている方で下記の状態に陥っている時に自分で何とかしようとしないでください。特に中に入っているデータが重要である場合には少なくともこのページに記載した情報をご一読いただいてから判断いただければと思います。

  • 「いつもあったデータが急に開けなくなっている」
  • 「ハードディスクに入れない・アクセスできない」
  • 「いつも使っているパソコンと少し違う感じがする」

壊れたHDDを修理して再使用することは不可能

一度壊れてしまったHDDを修理して使用することができると思う方もいるかもしれませんが、HDDを修理して再度使用することは不可能です。パソコンの買い替えの支出を考えるとデータを取り出す費用を安く抑えたいと思うのは誰もが同じだと思います。

パソコンに内蔵されているHDDを元にお話をさせていただくと、パソコンそのものはキーボードやタッチパッド、液晶画面等の様々な部材で構成されており、すでに複雑な精密機械なのですが、最も精密性が高いのがハードディスクです。昨今の薄型PCに関してはハードディスクではなくSSDを搭載しているものが増えていますが、今でもHDDを搭載したパソコンは現役で使われています。

もちろんハードディスクのデータ復旧に費用はかかりますが、果たしてそれは無駄な出費なのでしょうか?実際はパソコンは家電量販店に行けば購入することはできますし、場合によってはHDDを交換すればパソコンはそのまま使えるかもしれません。

しかしながら、これまでパソコンや外付けHDDに保存してきたデータは唯一無二で、かけがえのないとても重要で価値の高いモノなのではないでしょうか。

壊れたパソコンもHDDを交換すれば使用可能な場合も

ハードディスクを交換すればパソコンは使用できるようになる可能性があります。しかしながら、メーカーによる交換修理によっては使用できるようになるかもしれませんが、メーカーではデータが入っていない新品のハードディスクとの交換をします。それによってHDDは新品となり、これまで使用してきたデータを見ることは出来なくなってしまいます。

メーカーや家電量販店ではHDDは修理できない

データが見れなくなったら困る!という状況がメーカーや家電量販店に壊れたパソコンの修理の相談をしようとして認識されると思いますし、パソコン修理ではデータはどうすることもできない、ということに気付く機会かと思います。逆にデータがそこまで重要じゃない、なくてもそこまで困らない、という場合には

パソコン内部のHDDや外付けHDDの寿命は3年程度

実際のところパソコンの使用環境や使用方法によってパソコンにかかる負荷は異なりますが、ハードディスクの寿命は一般的には約3年前後と言われています。そのため耐久消費財等ではなく、消耗品として扱われています。(家計簿を作成する用途で使用している場合のみ、総務省ではパソコンを耐久消費財としています。)

【参考外部サイト】:主要耐久消費財の範囲と内容

それなりに購入時に支出として大きいパソコンは冷蔵庫などの耐久消費財のように思われがです。しかしながら、インターネットに接続したり、撮影した動画を保存したり、高度な計算処理をしたりする機能を考えれば高くなるのは当然だと思います。

ただ、パソコンを始めとした通信機器は壊れた時は大きなトラブルとなり、困りますよね。どれだけ困っているかが、日々の生活への影響の大きさを物語ると思います。

パソコンや外付けHDDは消耗品

パソコンで使用しているパーツは実際のところ、それぞれ消耗品です。特にHDDはその機器自体も複数のパーツによって構成されており、複雑で精密性の高い機器となっています。パソコンはそういった精密機器の集合体であることからも長期的に5年以上使い続けるということは現実的には難しいのです。

HDDの壊れ方・よく壊れるパーツ

ハードディスクが壊れる場合には3つのパターンがあります。また、壊れやすいパーツがあります。ハードディスクというブラックボックスに見えるモノに見える機器について解説させていただきます。

データ・ファイルの破損

ハードディスク内に保存しているデータやファイルシステムが何かしらの原因で壊れてしまっている場合があります。例えばOSのアップデートの際等に起きることもあります。

ハードディスク本体の故障

ハードディスクの機器自体が壊れる場合です。特にこの故障トラブルにおいては原因となる箇所の傾向がありますので、後述させていただきます。

データ・ファイルの破壊とHDD本体の破損

ハードディスクのトラブルで一番厄介なのが複合的な故障です。上述した2つのパターンが重なって障害が発生している状況となります。

プラッタ

プラッタとは磁性体を塗布したディスクが何枚か入っており、それらを高速回転させ、磁気を帯びたヘッドで書き込みを行っていきます。

HDD(ハードディスク)が壊れやすいタイミング

パソコンを起動している時にはプラッタ(ディスク・円盤)部分が回転しています。その際に何かしらの衝撃(落下させる・ぶつける等)を受けることで壊れてしまいます。そして、ハードディスクの機器そのものが壊れてしまった場合に、原因となるパーツがあります。

ハードディスクが壊れた際によく故障しているパーツをご紹介します。これらの壊れた箇所の修理・修復を行いデータを再び見れるように復旧を行うのがデータ復旧の専門家の仕事です。

この状況を解決するのが、データ復旧サービスです。これらに関してご紹介をしたいのですが、まずはそもそもデータ復旧って何か?をご説明させてください。

データ復旧って何?

見れなくなったデータ、消えてしまったと思っているデータを再び使用できるようにすることです。動画や写真であれば再び観れるように、重要な書類であれば、再び作業ができるようにすることがデータ復旧をすることで実現されます。ただし、パソコンは再び使えるようにすることはできません。

ハードディスクデータ復元ソフトVSデータ復旧業者

初めてのHDDのデータ復旧、ネット上の様々な情報で右往左往してしまうと思いますし、データ復旧サービスの特性上、全てがクリアになり、データが確実に復旧できる!と思って対処することができる人はいません。

ただ確実に言えることは、データ復元ソフトが有能で万能であるならば、データ復旧業者は存在、存続することはできないということです。それも踏まえてデータ復元ソフトを利用するかデータ復旧業者に依頼するかをお考えいただければと思います。

データ復旧業者に依頼後のHDDがメーカー保証が心配

HDDをデータ復旧業者に依頼してしまったメーカー製品でもメーカー保証内で対応してくれることがあります。例えばAppleでは2018年時点ですでに「ハードドライブが通常の使用条件下で正常に動作しなくなり、データ復旧サービスの専門業者にデータを修復を依頼した場合でも、その後、Apple の保証内修理を受けることができます。」と公式ホームページに記載があります。

落下によるHDDの破損、水没や水濡れは保証外

利用者自身が間違って落としてしまって正常に動作しなくなったHDDやコーヒーや水をかけてしまって水濡れしてしまった場合にはAppleでも対応していませんし、どこのメーカーでも基本的にメーカーは保証していません。

外部サイト:(Apple公式)ハードドライブデータの修復と保証の関係

HDDのデータ復旧依頼前に本当は知っておいた方が良い真実

HDDのデータ復旧、初めてのことでよくわからないですよね。そもそもデータ復旧って何?というところから始まって、このページを読み進めて頂いたかと思います。ここまで読んでいただいて、データ復旧業者に相談もしくは依頼することの必要性は理解していただけたと思います。しかしながら、重要なデータが入ったハードディスクを預けるという意味でも十分な注意が必要です。

データ復旧業者の口コミ・評判を確認してください

飲食店はほぼ全ての方が利用するため食べログやRettyなどのグルメ専門レビューサイトが存在しますが、データ復旧サービスの利用は人生で1回経験するかどうかのトラブルなので、1人当たりの発生件数は多くないため口コミがネット上に集まりづらい傾向にあります。そのため口コミはどこを見てよいのかわからなくなりますが、依頼を検討しているデータ復旧業者の名前でGoogle検索してみてください。

【注意点】高い評価と低い評価に割れている業者

飲食店でも何のサービス提供業者にも当てはまることですが、データ復旧業者の評判を見極め、嫌な思いをしないためにもご確認ください。それによって★の数はもちろんですが、評価の低いレビューのコメントをチェックしてください。そこに書かれている内容は実際に体験した方の具体的な内容であればあるほどサクラ等ではなく、実際にそのデータ復旧業者に依頼した方たちのレビューであることがほとんどです。

まずはデータ復旧業者の無料診断サービスを利用

データ復元ソフトを適切に使用するにはトラブルの原因となるものを特定することと、その原因からハードディスクに起きた障害を推測することが不可欠です。これはデータ復旧専門業者のように何台も壊れたディスクを診断していない限り適切にすることは不可能です。

データ復旧業者であっても破損した実機を見てみないと、実際のところ何が原因で正常に動作しなくなってデータが見れなくなっているのかはわかりません。

データ復旧サービスの料金の決まり方

データ復旧の料金は基本的には壊れたディスクの抱えた重症度に対して必要な技術料、使用する設備の費用などを基に算出されて、見積もりが提示されます。ほとんどの業者がデータ復旧料金を○○○○円~と記載しているのはそのためです。もちろん一律料金でデータ復旧サービスを提供している業者もあります。予算の制約上データ復旧にかけられる費用が限定的であれば、非常に便利なサービスですので、依頼されることをおすすめします。

一律料金のデータ復旧業者は要注意

データ復旧サービスを固定料金で提供している業者があります。もちろん料金は格安で一見良心的に見えますが、注意が必要です。一律の料金でデータ復旧サービスを提供する場合、作業内容を限定的にしなければ提供することはできません。一律料金でデータ復旧サービスを提供している場合にはソフトを使用した論理障害系のデータ復旧だけなのです。そのためハードディスクの実機が物理的にも壊れている複合的な障害を抱えてしまっている場合に、格安データ復旧サービスではデータ取り出しができない可能性がありますし、診断などの際に分解してしまうこともある可能性があります。

データ復旧業者の無料診断注意点

データ復旧をする際にデータ復旧業者の初期診断サービスを活用することの必要性はご理解いただけたかと思います。無料の診断とは言え、データ復旧業者によって行う作業は異なります。注意しなければならないのはハードディスクの分解をさせないことです。ディスクの分解をするかどうか、実際に診断サービスを利用する前にご確認ください。

データ復旧業者の「診断」は2種類存在します

少しややこしいのですが、データ復旧業者の診断サービスは2種類あります。これは一長一短あり、ご自身の状態にどちらが合うかをお考えの上でどのようなデータ復旧業者に依頼するかお決めになってください。

1つは故障ハードディスクを預かり、これまでの事例から最速で状態を診断して、データ復旧に取り掛かる業者です。もう1つは時間は診断に時間はかかるものの、状態から見てどの程度のデータが復旧できるか診断する業者です。

データリストの開示の有無

データ復旧にはデータリストというものが存在します。データリストというのは故障したハードディスクからどのようなデータが取り出せるのかを一覧にしたものです。診断に時間がかかってもデータのリストが開示されるのがいいのか、とにかく大急ぎでやってほしい!など様々なニーズがあるかと思います。特に診断が速いサービスはデータリストはありませんが、データ復旧の可否の判断がとにかく速いので急いでいる方にはデータリストを開示しないデータ復旧業者をお勧めします。診断が速くないサービスであっても特急料金を支払えば最優先でデータ復旧に対応してくれる場合もあるので、問い合わせてみることをおすすめします。

データリストがない業者に依頼する際の注意点

データリストの提示がないデータ復旧業者に依頼する場合は欲しいデータが取り出せないのにも関わらず、費用が発生する可能性があります。また、データ復旧にかかる料金も最大金額から提示されることが多いので、データ復旧サービスは非常に高額だと感じることもマチマチです。

データ復旧を依頼する際に納品データにおけるトラブルや不快感がほぼないのが、データリストを開示する業者です。DATASMARTではデータリストを開示しております。

HDDデータ復旧方法まとめ

データ復旧を確実に行うためにはデータ復旧業者の正しい選定が必要ですし、そのためには実際に電話で相談することが必要だということがご理解いただけたかと思います。データ復旧業者の技術力はもちろんわからない部分が多いですが、サービス提供体制も異なることがおわかりいただけたかと思います。

急いでいるのか、確実にデータを元あった状態に復元したいのかはよく吟味してからデータ復旧依頼をされることをお勧めします。

トップへ戻る