iPhoneが水没して充電できない!水濡れ時のiPhone対処法

iPhoneが水没して充電できない! 水濡れ時のiPhone対処法マニュアル

iPhoneを水没させてしまって、どうするのが良いのかわからない!正しい対処方法が知りたい!という方のために対処法をまとめてみました。iPhoneが水濡れするということはそんなに多く起きるトラブルではありませんので、iPhoneの水没なんて慣れたものなんていう方はほとんどいないと思いますのでご安心ください。

iPhoneの水没トラブルのご相談を受けている中ではトイレやプール、洗濯機や海などが水没する場所としては多い印象があります。一度水没してしまうとiPhoneは正しい動作をしなくなってしまいます。

充電できない、まったく反応しない

充電できない、という状態に対しては実際のところは充電はしない、というのが正しい対処方法です。このページではプールに落ちたiPhoneXを例にわかりやすく解説させていただきます。

水没し挙動がおかしくなる場合

iPhoneがプールに落ちるとライトが点灯してしまってどうすることもできなくなってしまいます。ライトがついていたためにiPhone本体が発熱してしまうということもあります。

水濡れ時の応急処置まとめ

iPhoneが濡れてしまった時には冷静に以下に列挙した対処方法を行っていただければかなりの確率で大きなトラブルへの発展を防ぐことに成功します。

【処置①】電源をオフにする

プールに落ちてしまったiPhoneを拾い上げても水に濡れています。筐体内部の浸水はさらにひどいものだと思います。濡れた後には拭き上げたい気持ちに駆られると思いますが、まずはiPhoneの電源を切ってください。完全に筐体内部まで乾くのを確認するまでは電源を切ったままにすることをお勧めします。

【処置②】アクセサリー(ケースやイヤホン)を外す

ケースやカバーの材質によっては浸水したことによって水分を含んでいる場合があります。
iPhoneの筐体内部から水が出にくくなることや逆に内部に水が入ってしまうことを防ぐためにもケースやカバーを外してください。また、イヤホンジャックにイヤホン等が刺さっている場合には取り外してください。

【処置③】SIMカードの取り出し

プールに落とした場合にはかなりの確率で本体内部まで浸水していると考えられます。
iPhone本体からSIMカードを取り出してください。

【処置④】濡れた水分を除去

iPhone本体に着いている水分を除去するために吸水性の高いタオルで包んでください。このときに強く擦ったり、拭き上げる必要はありませんので、出来るだけ衝撃を与えないようにしてください。

【発熱時】保冷剤等で温度を下げる

iPhoneが水没してしまうと発熱する場合があります。その場合には保冷剤をタオル等で包んで水分が行き渡らないようにした上で、iPhoneの発熱部に当ててください。それにより熱暴走を落ち着かせることができます。

水濡れしたiPhoneが復活しない場合は買い替えが必要

一度水に濡れてしまったiPhoneはたとえiPhoneXなどの防水モデルであっても耐水性能程度しかないので、浸水してしまいます。そのため水没した後に普通に使える、というラッキーな人がいれば水没したら挙動がおかしくなって今まで通りに使えないという方もいます。

アップルケアプラスの保証なし

プールのみならず液体による損傷はアップルケアプラスでも保証対象外ですので、アップルの修理サービスを受けることはできません。詳しくは別ページでまとめていますので、ご確認ください。
【参考】:【Apple Care】水没したiPhone・Macの保証は?交換の条件やデータ

iPhoneの基板修理・データ復旧はDATASMART

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTにまずは無料相談されることをおすすめします。データ復旧サービスでは公共機関への協力実績もあるDATASMART。iPhoneのデータ復旧だけでなく、Androidなどのスマホも含めて総合的にデータ復旧もできる技術力の高さは信頼して依頼することが可能です。詳しくはこちらからご確認ください。

トップへ戻る