iPhoneの水没復旧率を高めるベストガイド

水没しているiPhoneのイラストイメージ

iPhoneが水没してしまって、電源が入らなくなってしまった場合にまずどうすれば良いのか?というところかと思いますが、次に考える必要があるのがどのように復旧させるかという問題です。このページではどのようにすれば復旧率を高めることができるかをまとめて解説させていただきます。

iPhoneの水没復旧率って?

iPhoneの水没復旧率というものが気になる方には様々なニーズがあるかと思います。iPhone本体として復旧したい場合、iPhoneの中に入っている大切なデータを復旧したい、というニーズが大きくわけて2パターンかと思いますので、それぞれご説明させていただきます。

iPhone本体として復旧したい場合

水没したiPhoneを本体として復旧する場合の復旧率ですが、これはデータ復旧をする場合においても本体として動作させることになりますが、長期的な復旧率を具体的に何パーセントか回答するのは難しいです。そのため、その後の長期間に渡って水没したiPhoneの使用を続けられるかは保証がないので、筐体内部の損傷の度合いと水没の度合いによっては水濡れ程度に水分が少しかかってしまったなど、ケースバイケースで運良く長期的な使用が可能というところです。

大切なデータ復旧したい場合

水没したiPhoneから大切なデータを復旧したい場合に関してですが、データ復旧をする際に本体を一時的に正常に動作するようにさせます。そして、一時的に起動しているときのデータ復旧を試みます。その場合に壊れてはいけない致命的な箇所がいくつかあり、それらが壊れていなければ復旧率は100%に限りなく近付きます。

これ以降のコンテンツは水没による「データ復旧率」および「一時的な本体復旧率」に関して情報をまとめていきます。

水没復旧率は初動が早ければ早いほど100%に近付く

水没してしまったiPhoneに対してはフリーのデータ復元ソフトを使うことができないため、逆に誤った復元ソフトの使用を防ぐことができるという意味合いで水没復旧率は高いと言えるのかもしれません。最初のアクションを間違わずに、適切にすることで水没復旧率は格段に上がり100%に近付きます。
では、水没iPhoneに対して何をすれば良いのでしょうか。

水没iPhone、画面が映っていたら電源を切る

水没しても普通に使える場合があるのですが、しばらく経ってから起動しなくなってしまったり、データにアクセスすることができなくなるケースがあります。水没して普通に使える場合には確実にバックアップを作成しなければなりません。どれくらいの期間起動しているかわからないので、できるだけ速い対応が求められます。

電流が流れることが水没iPhoneには致命的

確実にデータを復旧するために本体を一時的に復旧させることが必須だということをご理解いただけたかと思います。そして、意外かも知れませんし、業者のポジショントークなのでは?と思われてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、水没したiPhoneに一番悪さをするのが電気なのです。その電気が流れないようにするために電源を切って欲しいと考えています。

自分で何かしようとしないことが大事

iPhoneの電源を落とすことで、ご自身で何か水没したiPhoneにできることがなくなります。そのため、充電しようとして状態を悪化させたり、電源ボタンを何度も押したり、などの状態を悪化させてしまう行為を極力防げるという点でも水濡れしたiPhoneにとっては有効です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。水没したiPhoneの復旧率を高めるためには最初に電源を切るというところから、信頼できるデータ復旧サービスの利用をすることでデータ復旧率を90%以上にすることができます。一番最初に相談すべきは近くのiPhone修理店ではなく、データ復旧専門業者です。すでにどこかのiPhone修理屋さんのデータ復旧メニューを利用してしまった場合でも、データ復旧技術力の高い専門サービスに依頼をすることで復旧することができる可能性はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る