【ノートPC データ復旧】起動しないパソコンからデータを取り出す方法

起動しないパソコンからデータを取り出す方法

パソコンが起動しなくなってしまった、電源が突然入らなくなってしまったという状況に陥ると困り果ててしまい、為す術がない方がほとんどです。

一方で選択を誤ると致命的なトラブルである「データ消失」に繋がりかねません。大切なデータを復旧するためにはデータ復旧業者に依頼することがおすすめです。

このページでは起動しないパソコンからデータを取り出す方法を徹底的に解説致します。

本ページの要約

  • 壊れたノートPCのデータを取り戻すにはデータ復旧サービスの利用が必要です。
  • あらゆる故障・障害を抱えたノートPCに技術力の高いデータ復旧サービスは対応。
  • 自分で触るのが怖い方は、専門家(データ復旧会社)での無料診断がおすすめです。

データ復旧って?修理との違いは?

データ復旧業者とメーカー修理の違い

データ復旧とは壊れてしまったパソコンなどのデータを保存している製品からデータを取り出すサービスです。一方でパソコン修理サービスではパソコン自体を再び使えるように修理をしています。データ復旧サービスの注意点及びデメリットとして捉えられるのはパソコンそのものが使えるようにはならないということです。

データ復旧業者はなぜ存在するの?

パソコンの製造元であるメーカーではデータ復旧技術は持ち合わせていないという点とデータの重要性が非常に高く、壊れたパソコンからしかデータを取り出すことができないからです。

パソコン自体は新しく購入すれば初期設定こそ必要ではありますが、パソコンが起動しなくなる前と変わらない状態にすることができます。一方でデータに関しては壊れたパソコンからデータを取り出す他元の状態に戻す方法はないのです。

メーカー修理とデータ復旧の違い

パソコンの修理は各メーカーによってなされますが、その際の目的は壊れた製品をきちんと動くようにすることです。初期化をし作業を行うため、データが消失してしまいます。一方でデータ復旧はデータを救出するためには壊れた製品にさらに負荷をかけながらも、データ復旧させることです。

データ復旧 メーカー修理
データ 〇 救出可能 × すべて消失
手元に戻ってくるもの データ+壊れた機器 新品同様の機器

データ復旧サービスの流れ

サービスフローチャート

パソコンが起動しない・電源が入らない場合の対処法

特にこのページではWindowsパソコンが故障してしまった場合についてご紹介しております。焦りは禁物ですが、一度起動しなくなったパソコンは放っておけば自然と起動する可能性も0ではないものの、それを待っていることで機会損失や何かしら負荷をかけることでデータが取り出せなくなってしまいます。参考までにパソコンが起動しなくなる原因を下記に列挙いたします。
  • 電源系統の故障(デスクトップPCの場合)
  • 電源ケーブルの接続不良(ノートPCの場合)
  • 発熱(ノートPCの場合)
  • 経年劣化や製品寿命による故障

故障個所や原因が判明しても取るべき対応は1つだけ

パソコンが起動しなくなってしまってデータを取り出したいという場合には、データ復旧業者に依頼するのが最もデータを多く取り出すことができる選択肢です。そのためデータ復旧業者を見つけて、相談し、信頼できるデータ復旧業者に診断してもらうことをおすすめします。基本的にデータ復旧業者への相談や診断作業は無料で提供されています。データ復旧業者を初めて目にする方も多いと思いますので、ご説明いたします。

パソコンが起動しなくなる原因

パソコンが起動しなくなる原因は非常に複雑ですが、どのあたりに原因があるかは正しくはデータ復旧サービスの中の診断作業をすることで判明します。もちろん物理的に故障している場合もあれば、実際のところはソフトウェア的な障害が発生している場合もありますので、一概に申し上げることはできませんが、参考までにご覧ください。

電源系統の故障(デスクトップPCの場合)

電源ユニットの故障によって、パソコンが起動しなくなっている可能性があります。電源ボタンが損傷している場合などがあります。使用している最中に勝手に電源が落ちてしまったり、電力供給が不安定になっていることで起動していない可能性があります。たこ足配線のマルチタップ電源ケーブルを使用している場合には、コンセントに直接電源ケーブルを挿し込んでみてください。

電源ケーブルの接続不良(ノートPCの場合)

コンセントから充電ケーブルが抜けていないか、ACアダプターが抜けていないか、本体自体に正しくケーブルが接続されているかご確認ください。また、マルチタップの電源ケーブル等を使用している場合には電力不足の可能性もありますので、直接コンセントに挿し込んでください。

発熱(ノートPCの場合)

PC本体がかなり高い熱を帯びている場合、排熱処理がうまくできていな可能性があります。本体の温度が下がってから再度電源ボタンを押してみてください。この際に冷蔵庫に入れたり、保冷剤を入れたりすることは本体内部に水分が入ることで別のトラブルを引き起こす可能性がありますので避けてください。

経年劣化や製品寿命による故障

マザーボード(ロジックボード)と言われる基板部分が損傷している可能性があります。これは製品寿命であることも考えられますし、何かしらの負荷がかかったことでパソコンが壊れてしまったことが考えられます。特にSSD搭載の薄型ノートPCの場合には基板を修復した上でSSDに保存されたデータを取り出す必要があります。

物理障害は専門家に要相談

パソコンの電源ボタンを押しても起動しない場合には以上の原因が考えられます。基本的にご自身でできる対処は「再度電源ボタンを押して立ち上げる」しかありません。起動しないという状況は「物理障害」に分類され、専門家に相談をした上でどのような対処をするかの意思決定をすることを推奨しております。

データ復旧業者か修理サービスへの相談が必須

起動しないパソコンに対してはご自身でできることは電源ケーブルがきちんと刺さっているかどうかというところです。そのため専門家に相談を一度する必要があるのですが、選択肢としては2つです。「修理店」もしくは「データ復旧専門業者」です。基本的にどちらの業者も相談料は無料ですのでまずは相談されることを推奨します。

パソコン修理サービスの利用メリット・デメリット

パソコン修理に関しては基本的にはメーカーによる修理を推奨しています。ただし、メーカーによる修理は「起動しないパソコン」の「正常な動作」ですので、正常に動作するためには保存しているデータを消去せざるを得ないです。これはデータを取り出したい方にとっては最大のデメリットになります。

パソコン修理店の利用メリット・デメリット

メーカーのパソコン修理サービスよりも柔軟なのが「パソコン修理店」です。起動しないパソコンは単純な故障でない限り、修理をして以前通りに使うことは難しいです。また、修理作業によって最悪の場合データが取り出すことができない可能性もあります。修理作業中に損傷させてしまい、状態を悪化させることが考えられるためです。

データ復旧業者の利用メリット・デメリット

起動しているパソコンの故障原因はここまでにご紹介した通りですが、ご自身で見ただけで判断することは非常に難しく、データ復旧の専門家であれば実機を見なければ正確な診断はできないですが、使用年数、直前の動作や経緯などから推測することができます。そのため最大のメリットは大切なデータを復旧する確率を最大限高めることができることです。一方でデータ復旧業者のデメリットは本体を再度「動作」することは行いませんので、この点はデメリットになる方もいらっしゃるかと思われます。

復旧可能なデータファイル例

イメージファイル(写真、動画)、ビジネス用ファイルであるドキュメントファイル、エクセルファイルだけでなく、拡張子がつくあらゆるファイルのデータ復旧に対応しています。 データ復旧可能なファイル形式一覧

ノートPCからデータ復旧するならDATASMART

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏 DATASMARTにまずはご相談ください。元警察官の佐々木成三氏が推薦するデータ復旧サービス。高い技術で公共機関への協力実績もあるDATASMART。iPhoneのデータ復旧の復旧率は90%以上、Androidなどのスマホやそれ以外のあらゆるデータストレージ製品の総合的なデータ復旧の技術力の高さに自信があります。

サービス情報

8つの無料 ①初期診断費用:0円 ②分解・取り外し費用:0円 ③組み立て費用:0円 ④部品費用:0円 ⑤復旧後の返送費用:0円 ⑥納品用メディア費用:0円 ⑦バックアップ作成費用:0円 ⑧データ保管費用(1週間):0円
サービスの流れ ①お問合せ→②依頼品の発送→③お預かり無料診断→④データ復旧作業→⑤データ納品
おすすめ ポイント デジタル捜査のスペシャリスト捜査一課元刑事のお墨付き 業界最高峰のデータ復旧技術 復旧難易度の高いスマホ・タブレットにも完全対応 各県警への捜査協力・技術提供(高度デジタルフォレンジックサービスの提供) 高い技術と捜査貢献を評価され感謝状を受領
埼玉県警より受領した感謝状

データ復旧の専門サービス DATASMART

データ復旧・データ取り出し
専門業者に無料相談

メーカー別パソコンが起動しなくなるトラブル

パソコンが起動しなくなるトラブルはどのメーカーのどのパソコンでも起きてしまいます。また、デスクトップパソコンかノートパソコンかによってもデータ復旧作業は異なりますが、データが取り出したいのであれば行うべき対処は同じです。それぞれのメーカー別にコンテンツを書き下ろしていますので、そちらをご参照ください。
【関連】:富士通のパソコンの電源が入らない!起動しない中での対処ガイド
【関連】:NEC製パソコンで電源が入らない!修理かデータ復旧

カチカチという音がしたり、データを読み込まない場合

パソコンの電源は入るが、ファイルやフォルダを読み込まない場合には内蔵ストレージの損傷の可能性もあります。この場合にはハードディスクが壊れている場合もあります。データ復旧においてハードディスクは基本です。 データ復旧業者がおすすめするハードディスクデータ復元完全ガイド

まとめ

起動しないパソコンに対してご自身で試しても問題のない対処としては電源ボタンを押すことや強制再起動に限られます。それでも起動しない状態が改善せず、データを取り出したいという場合にはデータ復旧業者に相談をし、無料診断サービスを利用されることを推奨します。誤った行動を取ることでデータ消失してしまうリスクは高まります。大切なデータが入ったパソコンだからこそ慎重に正しいアクションを取っていただければと思います。
トップへ戻る