壊れたブルーレイレコーダー・故障HDDデータ取り出し

壊れたブルーレイレコーダーからのデータ復旧方法

子供の運動会や幼稚園の行事の動画がたくさん詰まったブルーレイレコーダー(BD)やDVDデッキが壊れてしまった。そんなときにどのように対処すべきか、どこに依頼すべきかはなかなかわからないものですよね。このページでは大切な動画をブルーレイレコーダーから救出するためのベストな方法やデータ復旧についてまとめて解説させていただきます。

この記事を監修した専門家

データ復旧の専門家
山田弘幸
元パソコンメーカーのエンジニア。日本支社から唯一アメリカ本国に製品改善提案をし、退職後にiPhone修理業者として起業。日本で最初にiPhoneのデータ復旧に成功報酬制を導入した。パソコンのデータ復旧では米国駐在時に船舶に搭載されたマシンからのデータ復旧実績もあるスペシャリスト。

ブルーレイレコーダーの製造メーカー・モデル

テレビ番組や映画の録画だけでなく、ホームビデオの録画をしている方も多いかと思います。DVDレコーダーを使用している方もいるかと思いますが、DVDレコーダーの後継機にあたります。日本国内で人気のブルーレイレコーダーとして人気のモデルは4メーカーから販売されています。

  • SONY
  • Panasonic DIGA(ディーガ)
  • TOSHIBA REGZA(レグザ)
  • SHARP AQUOS(アクオス)

世界で最初にブルーレイレコーダーを販売したのがSONYです。
※販売当時はハードディスクドライブがついていませんでした。

どこのメーカー製品でも基本的に「録画したTV番組のデータの取り出し」が目的である場合にはメーカーに依頼することは難しいです。

ブルーレイレコーダーが壊れた!メーカー修理はデータ消去

ブルーレイレコーダーが壊れてしまって、メーカーに修理に出そうと問い合わせると「初期化をするため内蔵データは消去します」といった回答をされてしまいます。そのため、ブルーレイレコーダーに大事なデータが入っている場合には、メーカーを頼りにすることはできません。

ブルーレイレコーダーの故障の原因

ブルーレイレコーダーは基本的にはテレビの下にあると思います。iPhoneなど持ち運びができるデバイスに関してはプールに落としてしまう等の水没によるものがありますが、アクシデントというよりは長期間使用していることによる何かしらのトラブルが原因があります。

HDDの劣化による故障

ブルーレイレコーダーでテレビ番組の録画などもしていると、動画を記録しているハードディスク(HDD)が劣化していきます。
これによってシステムが壊れてしまうことによる「システムエラー」が故障の主な原因です。
この場合にはブルーレイレコーダーの液晶パネルに「SYSTEM ERROR」や「E○○○○」などのエラーコードが表示されている可能性があります。

経年劣化による故障・障害

また、長期間の使用による経年劣化や寿命の場合もあります。ブルーレイディスクレコーダーが正常に起動しなくなるのも原因の1つです。この場合には電源コードを抜き差ししても反応が全くなくなってしまいます。

自分でブルーレイレコーダーのデータ取り出しはできるの?

結論からお伝えすると、個人での修復やデータ復元はできません。データのフォーマット形式がパソコンとは異なるので、パソコンにケーブルを繋いで差し込んだとしても正しく認識しないためです。また、HDD自体が壊れてしまっているので、データの認識障害を起こしている可能性も考えられます。DVDデッキを分解してハードディスクを取り出すのはお勧めしません。

ブルーレイレコーダーの物理故障に復旧ソフトはNG

「ブルーレイレコーダー データ取り出し」などのキーワードで検索すると、非常に多くのフリーソフトのサイトが表示されるかと思いますが、ブルーレイディスクレコーダーの故障に関してはフリーソフトが活躍することは残念ながらありません。まずは故障し、障害を抱えた状態からソフトなどが使える状態にまで復旧することが必要です。そこからようやくデータ復元ができるようになります。

データ復元ソフトはデータを誤って削除してしまった場合などに有効な場合があります。ただし、データ復元ソフトを使用する場合にはそのデータ復元ソフトを信用できるだけの情報ソースを手に入れてからにしてください。くれぐれも検索結果で上位に表示されていたから、という理由でソフトを使用して初期化などデータ復元が困難な状態にならないようにしてください。

テレビ番組の録画のデータ取り出しは不可!?

NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSなどの日本のキー局はもちろんですが、テレビ局に出演したデータが保存されていたので、それらのデータを取り出したい!という方もいるかと思います。しかしながら、それらのデータは著作権法に抵触してしまうので、データ復旧の依頼を受けてくれる業者は多く在りません。この場合にはテレビ局に問い合わせていただいてから、対応が不可能な障害であるという回答を得ることを優先されるのをお勧めします。

過去のテレビ番組の映像データはアーカイブ

過去の放送番組をアーカイブしている場合もあるので、それらの情報を有償にはなるかと思いますが、提供してもらえる可能性はあります。

ビデオカメラからのデータ復元も

多くの方がブルーレイレコーダーから取り出したいデータとしてはビデオカメラで撮影した運動会やお遊戯会などの動画なのではないでしょうか。この場合には、ブルーレイレコーダーからどうしてもデータ復旧できない場合には、ビデオカメラ(復元希望のデータを撮影した)から取り出すことができる可能性があります。

撮影した映像データの初期化はNG

ただし、初期化してしまったビデオカメラに関しては、これまで撮影した映像データを全て消去した上で、その後ホームビデオ等を撮影していると上書きされてしまい、本来取り出したいデータを救出することができない可能性が高まります。

成功報酬制のデータ復旧業者がおすすめ

データ復旧業者は東京に多く在ります。また、大阪にもあります。郵送料が発送元住所によって異なるので、出費を考えると比較的近い場所に送りたくなる気持ちはわかりますが、成功報酬制でデータを取り出すことができれなければ料金が支払われない業者に依頼することをおすすめします。なぜならば、成功報酬なので、データを取り出すためにできる限りのことを行うからです。

ブルーレイレコーダーのデータ救出業者はDATASMART

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMARTは東京にあるデータ復旧専門サービスです。成功報酬制なので、データが取り出せなかった場合に発生する費用は郵送費用だけです。また、県警に対しての技術協力をしており、高い技術が求められるiPhoneやAndroidなどからの動画、写真のデータ等を復旧しています。それだけでなく、SurfaceやMac、iPadなどの最新デバイスのデータ復旧にも対応していて、幅広いデバイスのデータ復旧を行っています。詳しくはこちらからご確認ください。

サービス情報

復旧費用 ご相談からお見積もりまで無料
復旧データ容量に関わらず:180,000円~
8つの無料 ①初期診断費用:0円
②分解・取り外し費用:0円
③組み立て費用:0円
④部品費用:0円
⑤復旧後の返送費用:0円
⑥納品用メディア費用:0円
⑦バックアップ作成費用:0円
⑧データ保管費用(1週間):0円
サービスの流れ ①お問合せ→②依頼品の発送→③お預かり無料診断→④データ復旧作業→⑤データ納品
おすすめ
ポイント
デジタル捜査のスペシャリスト捜査一課元刑事のお墨付き
業界最高峰のデータ復旧技術
復旧難易度の高いスマホ・タブレットにも完全対応
各県警への捜査協力・技術提供(高度デジタルフォレンジックサービスの提供)
高い技術と捜査貢献を評価され感謝状を受領
埼玉県警より受領した感謝状

データ復旧の専門サービス DATASMART

データ復旧・データ取り出し
専門業者に無料相談

まとめ


ブルーレイレコーダーに入っている大切なホームビデオの録画データはメーカーではなく、データ復旧専門業者に依頼することで取り出すことが可能になります。もちろん復旧率が100%ではないですが、データを取り出すことができる可能性があることが有難いですよね。
ブルーレイレコーダーから取り出しが行えない可能性があるので、その場合にはビデオカメラも一緒に依頼先のデータ復旧業者に郵送することが最善の方法です。

HDDを搭載しているので、パソコンと同じと思いきや特殊な方法が必要です。パソコン修理屋さんではなく、データ復旧専門業者に依頼することをおすすめします。

トップへ戻る