iCloudから削除したデータの復元

iCloudから削除したデータの復元は状況によって可能です。以下にいくつかの方法を紹介します。

1. 最近削除した項目からの復元

iCloudには「最近削除した項目」という機能があり、一定期間(通常は30日間)内に削除されたデータを復元することができます。この期間内であれば、以下の手順で復元が可能です。

iPhoneまたはiPadから

  1. 設定アプリを開く。
  2. [ユーザー名] > iCloud > ストレージを管理 > バックアップを選択。
  3. 最近削除した項目から復元したいデータを選択し、復元をタップ。

iCloudウェブサイトから

  1. iCloud.comにアクセスして、Apple IDでサインイン。
  2. iCloud Drive写真などのアプリを開く。
  3. 最近削除した項目フォルダを開いて、復元したいファイルを選択し、復元をクリック。

2. iCloudバックアップからの復元

iCloudバックアップを有効にしている場合、デバイス全体を以前のバックアップから復元することができます。ただし、この方法はデバイスをリセットしてからバックアップを復元する必要があります。

  1. 設定アプリを開く。
  2. [ユーザー名] > iCloud > ストレージを管理 > バックアップを選択。
  3. 利用可能なバックアップを確認し、復元したいバックアップを選択。
  4. 設定 > 一般 > リセット > すべてのコンテンツと設定を消去を選択し、デバイスをリセット。
  5. 初期設定の際に、iCloudバックアップから復元を選択。

3. サードパーティのデータ復元ソフトを使用する

iCloudからのデータ復元が困難な場合、サードパーティのデータ復元ソフトを利用することも一つの手段です。ただし、これにはウィルス感染やデータの上書きのリスクが伴うため、信頼性の高いソフトウェアを選択することが重要です。

注意点

  • データ復元の成功率は、削除後の経過時間やデバイスの使用状況に依存します。
  • デバイスのバックアップを定期的に行い、重要なデータを保護することが最善の方法です。

まとめ

iCloudからデータを削除した場合にはデータ復元は非常に困難でデータ復旧の専門業者であっても不可能な可能性が高いです。削除したあとに操作をそのまましているとデータが上書きされてしまうことでさらにデータが消失してしまったり、ファイルが壊れたりします。

iPhone(アイフォン)データ復旧サービスについて詳しくはこちら

トップへ戻る