iPadを落として壊れた…どうする?

iPadを落としてしまって、壊れてしまった。そんなときにどうすれば良いかを解説します。

iPadの中のデータをバックアップしている場合

iCloudもしくはiTunesにあるバックアップからデータの復元をかけましょう。この時にパスワードがわからないとデータ復元することができませんので、十分に注意をしてください。パスコードがわからない場合には壊れたiPadを一時的に動くようにしてデータ取り出しをする必要があります。

Apple Care plusに入っている

アップルケアプラスに入っている場合でもiPadの所有者の過失である場合には無償での対応になりませんので注意が必要です。それであっても新規購入よりは圧倒的にコストセーブできるので、確実にアップルケアプラスを使用した方が良いです。

iPadの交換修理にかかる費用

Apple Care plus for iPadに加入している場合には4400円で修理してもらうことができます。修理という名目ですが、実質的には交換修理になりますので、初期化された状態、すなわちデータが消えた状態となります。

データをバックアップしてない場合

データのバックアップをしていたと思ったら出来てなかった、もしくはiCloudで有料契約をしてなかったので、実際は全てのデータのバックアップを復元することができなかったという場合には、一度落として壊れたiPadをデータ取り出しができる状態にして、データ復旧を行う必要があります。

画面がつかない場合

iPadの壊れてしまった程度にもよるのですが、画面がつかない場合というのは重度の障害に分類されます。起動しない、画面に何も表示されない状態だと何が筐体内で起きているかわかりません。落下させたことによって画面がつかない場合には電源系統のチップが剥離してしまったか、充電系統でのトラブルが起きているか、液晶表示系統のトラブルが起きているか、というところで原因の特定に時間がかかります。

画面は真っ暗だけど、動いてる

iPadの画面には何も表示されないけど、動いている場合(音がなる、バイブレーションが反応する等)には少し厄介ではありますが、液晶表示機能の損傷もしくはソフトウェアのトラブル、マザーボードの損傷が考えられます。基本的に状態の悪さはさておき動いているので、電流自体は流れていると考えられるので、電源系統は正常に動作していると予想されます。

壊れたiPadからデータ復旧

落として壊れてしまったiPad、起動しない、画面がつかない・・・そんなときに「どうしてもデータが取り出したい」はデータ復旧サービスの利用が必要です。何故かというとアップルではデータ復旧サービスを提供しておらず、公式のテクニカルサポートはデータトラブルにおいて存在しません。データ復旧サービス?となる方も多いかと思いますので、それに関しても解説いたします。

データ復旧サービスって?

データ復旧サービスは修理と異なり、データを最優先に取り出し、保全するサービスです。壊れてしまったiPadからデータを取り出せるようにして、動いている間にデータを抜き出し、バックアップとしてデータを保全します。そのため、iPadの修理は行いません。しかしながら、データ復旧の過程で一部修理作業を行うので、その後正常に動作するようになる可能性があります。

修理と何が違うの?

電子機器の修理に関しては基本的には応急処置をし、デバイスを動くようにします。iPadで言えば、一旦動くようにしますが、一度壊れて電源が入らなくなった場合には故障個所の特定が不可能です。そのため修理して使用を継続するよりも本体は交換した方が良いですし、それに関してはアップルの公式修理サポートでも、iPadは本体交換修理となっていることからも明らかです。

どこにお願いすれば良いの?

データ復旧サービスは修理店と違い、それほど多く存在しません。iPadの修理に対応している修理店舗もそもそもそれほど多くはありません。基本的にすべてのデータ復旧業者は相談無料、診断費用無料でサービス提供を行っています。まずは相談されることをおすすめします。

どうやって選べば良いの?

データ復旧業者を選ぶときには初めてのことでよくわからないことだらけだと思いますが、Google Mapの口コミを活用されることをお勧めします。データが消失しそうになる経験は何度も経験することがないですし、周りの知人に聞いてみても体験者が非常に少ないです。唯一ネット上の口コミで参考になるのがGoogle Mapの口コミです。
【参考】:壊れたiPadからデータ取り出し!復旧業者vs復元ソフト

まとめ

修理して使えるかどうかで言えば、バックアップを取っているかどうか、もしくは重要なデータがはいっていないかどうかによって選択肢は変わってきます。データに関しての心配事がない場合にはApplestoreや契約先のキャリアにて交換修理の対応をしてもらうことを推奨します。撮りためた写真や動画などが重要でどうしても取り出したい!という場合にはデータ復旧サービスの利用が欠かせません。

【復旧事例あり】壊れたiPadのデータ取り出し!

このページでは今後さらに便利になることが予想されるiPadが壊れてしまって、そこからデータを取り出したい!という方のために情報をまとめてご紹介いたします。また、おすすめできるiPadのデータ復旧業者やソフトの使用についてデータ復旧の専門家が解説致します。

iPadとは?今後どうなるのか

iPadはApple社からiPhoneよりも後に発売されました。iPhoneと比較して液晶の大きさが魅力的でガラケーと一緒に利用すると便利なタブレット端末です。また、近年では軽量化が進んでいることやiPad専用のOSも開発されたことによって、より一層便利になって行くので大切な写真や制作物などの画像データを保存して行くようになるのではないでしょうか。

iPadが壊れてもデータはそのまま

iPadを落としてしまった、水没させてしまった!そういった物理的なトラブルに関してはデバイス関連のトラブルで最も多いのではないでしょうか。しかし、安心してください。物理的に壊れてしまって、画面が真っ暗になってしまったとしても初期化をしていない限りにおいて、データが消えて無くなってしまうということはありません。

iPadを水没させてしまってもデータは無事

コーヒーや水をかけてしまって、iPadが水濡れ状態になってしまったとしてもデータは水に流されるなんてことはありませんので、ご安心ください。ただし、非常にデータへのアクセスが悪くなり、最悪の場合にはショートしてしまっているので、電源ボタンを押してしまったり、充電ケーブルを挿してしまったりしないようにしてください。

iPadが物理的に壊れた場合にデータ復元ソフトは使えない

フリーソフトなどでデータの復元ができれば一番良いのですが、iPadにとって最高のソフトウェアがiTunesです。パソコンを使用してiTunesを繋ぎこんでトラブルシューティングを行ってみることが個人でできる対処方法ですが、これで反応がない場合には自分でデータ取り出しを行うことはできないと考えていただいた方が良いかと思います。

iPadが壊れ方によるデータ取り出しの難易度

iPadが水没することはそれほど多くはないかと思いますが、コーヒーをこぼしてしまったなどの水没からのデータ取り出しは成功率が高い部類のトラブルだと思います。また、iPadを落下させてしまった衝撃で内部破損が起きた場合に関してもデータ復旧ができる可能性が高いと思います。

iPadのデータ取り出し難易度が高いもの

iOSやiPadOSのソフトウェア関連のトラブルによるものは比較的データ復旧が難しくなります。どのような症状がソフトウェア的なトラブルかと言うと以下の状況です。

  • 最新のOSにアップデートする際にアップデートに失敗した場合
  • データ容量がいっぱいまで使われていてソフトウェア的なトラブルが発生してしまった場合
  • 突然ある日電源が入らなくなってしまった場合(バッテリーの劣化の場合は充電ケーブル繋いだまま操作可能)
  • 突然電源が入らなくなったiPad

    もしiPadが突然電源が入らなくなってしまった場合にその直前に何かしていたかどうかが判断する際の鍵になります。もし直前までにiOSなどのソフトウェアアップデートを行っていたとしたら、そのアップデートが失敗してしまって起動しなくなっている可能性が高いです。このような場合には原因の特定は難しいので、データが大切な場合には電源を自分で入れたりせずに専門業者に持ち込むことをお勧めします。

    iPadの画面がバリバリで蜘蛛巣のようになって大破している場合

    iPadの液晶が大破していてフレームが歪んでしまっていてもiPadの修理が可能な業者であれば、データを取り出すことは可能です。また、電源が入る状態であればご自身でバックアップを作成することは可能かと思います。ただ、とにかく自分で何かやったら壊れてしまうのではないか?と思う方は自分で何か対処をせずにiPadに強いデータ復旧業者に持ち込むことを推奨します。

    壊れたiPadはデータ復旧業者へ依頼を

    iPadが壊れてしまった場合には、データ復元業者への依頼をおすすめします。写真などの重要なデータにアクセスできなくなるのは非常に不便ですよね。そして、このようなトラブルは何度も起きるものではありません。自分で誤った処置をしてデータを消去してしまったり、壊れたiPadの状態をさらに悪化させてしまうと結果は悪いものになってしまいます。

    iPadのデータ復旧業者もどこがいいかわからない

    iPadのデータ復旧に関してもどの業者が良いかわかりません。おすすめしたいのはGoogleマップの口コミやレビューを確認することです。また、基本的に初期診断は無料ですので、電話相談をしてみることを推奨します。どの製品・デバイスのデータ復旧でもそうなのですが、ほとんどすべての人にとって初体験のデータトラブルです。自分で解決しようとするよりも、専門家に依頼することをお勧めします。

    データ復元ソフトの使用は非推奨

    iPadのデータ復元で検索をするとフリーソフトがかなりたくさん検索結果に表示されるかと思います。そして、どのソフトがデータ復旧を成功させるか判断するのは至難の業です。DATASMART KNOWLEDGE編集部ではデータ復元ソフトの使用をおすすめしません。データ復旧専門業者であれば、どのソフトが有効かどうかのノウハウを蓄積していますし、そもそもソフトを使うべきかどうかを判断してデータ復旧を行います。

    日本企業によるiPadのデータ復旧ソフトはない

    パソコン等と異なり、日本の企業からiPadのデータ復元ソフトは販売されていません。なぜならば、iPadのデータ復旧をするのに復元ソフトによってデータを救出することができないことがわかっているからです。

    iPadのデータ復旧はDATASMARTがおすすめ

    iPadのデータ復旧はDATASMARTがオススメです。これまでSMARTFIXではスマホの修理サービスを提供していましたが、そこから技術的に追求し、データ復旧ノウハウを蓄積しました。iPhoneのデータ復旧やパソコンのデータ取り出しなど幅広いデータ復旧業務で得た高い技術でスマートフォンのデータ復旧率も高い水準で保っています。また、警察からの感謝状を受けているのも水没による本体復旧の技術が評価されてとのことです。成功報酬制なので、データ取り出しに失敗したら作業費用がかからないのもポイントです。実際にデータ復旧に成功した事例をご紹介しますので、ご参考になっていただければ幸いです。

    大破したiPadのデータ復旧の成功

    電動ベッドに挟まれて歪んだiPad Air
    DATASMARTでは電動ベッドに挟んでしまって損傷したiPadからのデータ復旧に成功しています。お客様のご要望としては写真、動画データの取り出しをご希望されていましたが、全てのデータの復旧に成功しました。
    【参考】:大破し歪んだiPad Airからデータ復旧

    店舗情報

    住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
    電話番号:050-1744-5752
    営業時間:9時00分~18時00分
    定休日:土日祝日

    まとめ

    iPadが壊れた、と言っても破損の仕方には色々あります。ただし、そのトラブル発生時にバックアップを取っていないとしたら、データを何としてでも取り出したいのは変わりませんよね。自分で何かを無理矢理やろうとすればするほどiPadのようなスマートデバイスのデータ取り出しは難しくなって行きます。データの取り出しを専門で行っている専門業者へ持ち込みされることをお勧めします。

    電池の持ちが悪いと思ってバッテリー交換をしたら起動しなくなってしまうこともあります。もしまだiPadの電源が入る状態である場合には、バックアップをiCloudもしくはパソコンに接続してiTunesにバックアップを作成されることをおすすめします。

    トップへ戻る