Surfaceのキーボード修理!故障・壊れた場合の交換方法

サーフェスラップトップのキーボード

Surfaceのキーボードが壊れてしまった。動作がおかしくなって困りますよね。特に仕事で利用される機会が増えてくると思います。会社で新しいパソコンをSurfaceにするなんて話も聞きますし、カフェ等で作業をしている方。営業の方は嫌がったりするようですが、、なんとなく気持ちはわかります。


おかしい?打てない?Surfaceのキーボードの不調

実はSurfaceってパソコンのようなタブレットなんです。新しいコンセプトのパソコンで、キーボードと液晶が別売りになっています。
そして、キーボードではなく、タイプカバーと呼ばれています。これもまた新しいですね。そのため、基本的にはタイプカバーでタイピングが可能なモデルは修理ではなく、新しいタイプカバーの購入をオススメします。

タイプカバーの修理はできるの?できないの?

残念ながら、タイプカバーの修理をすることはできません。タイプカバーが反応しない・・・困ったという場合には家電量販店かECサイトで新規購入しましょう。タイプカバーの値段も1万円台なので出費には変わりありませんが、消耗品ですので新規購入で対応されることをおすすめします。

Surface Laptopはキーボード修理はマイクロソフトの公式サポート

Laptopモデルに関してはMicrosoftに問い合わせが必要です。また、surface laptopはキーボードと液晶が一体になっているので、タイプカバーではない一般的なノートPCと同じ構造になります。そのためキーボード部分だけ交換修理ができれば良いのですが、キーボードの修理が可能なのはマイクロソフトの公式サポートしか存在しません。
キーボード以外の修理も難易度が高いSurfaceの修理。実はバッテリーの交換も非常に困難です。これに関しては別のページにまとめていますのでご覧ください。

関連:電池持ちが悪い?Surfaceのバッテリー交換方法・費用まとめ!

公式サーフェス修理のデメリット

マイクロソフトの公式修理のデメリットとしては初期化されてしまうことが最大のデメリットではないでしょうか。本体交換修理になるためデータのバックアップがない場合にはすべてのデータが消えてしまいます。本体交換修理はリファビッシュ品とキーボードが壊れたサーフェスと交換になります。

修理ではなくタイプカバーの買い替え可能なモデル

Surface book、Surface Pro、Surface Goはタイプカバーが購入時にセットで付いてくるものなので、キーボードを修理しようとしたらボロボロになってしまいます。そのため、買い替え交換を行う必要があります。

買い替えするなら家電量販店かAmazon、楽天で

壊れてしまった場合の購入は買い物に行く時間がなければAmazonや楽天で買うのが良いのではないでしょうか。
Surface3には使えてもPro3には使えない場合があるので、タイプカバーのサイズが異なる場合や世代が異なる場合には注意しましょう。
不安な方はヨドバシカメラやビッグカメラの家電量販店に行って、店員さんに教えてもらって購入されることをオススメします。

まとめ

Surfaceのキーボードが壊れてしまった時の対処はモデルごとに異なります。Surfacelaptopの場合には基本的にはメーカーにまずは問い合わせて交換修理、SurfaceProやSurfacebookなどのモデルの場合にはタイプカバーを新規購入されることで今まで通りにタイピングができるようになります。メーカー公式修理に依頼に出す際にはくれぐれもデータのバックアップは確実に作成してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る