Androidスマホ画面割れで操作できない対処ガイド

Androidスマホをご愛用されている方は、画面が割れてしまった経験がある方も多いと思います。日々タッチ操作をし、落下や衝撃などが加わりやすい部分のディスプレイですので、意外と割れやすい部分でもあります。

例えば、SONY製のXperiaの画面が割れても、画面が割れている以外は通常通り使用出来る場合には良いですが、タッチが一切効かない、部分的にタッチ操作が出来ないなど、操作出来ないという症状になってしまった方も多いと思います。そんな、タッチ操作が効かなくなってしまった場合の対処方法をご案内します。

画面割れスマホの多くはマウスで操作可能!

ご存知の方もいると思いますが、そうなんですXperiaスマホはマウスで操作が可能です。Xperiaは元々、USBの接続に対応しているので、特に設定も必要なく、マウスを接続することで、画面上にカーソルが表示されます。画面にカーソルが表示されたら、マウスで操作が可能となりますので、課金してるゲームアプリから、Lineのデータ、連絡帳、写真、動画などデータのバックアップが取ることができます。

データのバックアップさえしっかり取れれば、メーカー(キャリア)修理、非正規修理業者、または買い替えと、安心して画面が割れてしまったXperiaの今後を考えられますよね。

マウスの接続方法

Xperiaの充電部分とマウスを繋げば接続完了です。今までのXperiaはmicroUSBのmicro Bタイプとういう端子でしたが、最近ではType-Cという形い変更されていますので、新しいXperiaの充電端子部分はType-Cのサイズです。

あとは、マウスを接続できるUSB端子と、ご使用のXperiaの充電端子部分のサイズの端子のケーブルを購入しましょう。

こんな感じの、Xperiaとマウスを接続出来る変換アダプターです。
現時点では、今まで汎用されていたmicro Bタイプのケーブルの方が安く購入が可能です。micro BタイプにType-Cの変換アダプタを接続するのも有りです。

このようなXperiaとマウスを接続出来る、変換アダプタを購入し繋ぐ事で、タッチが効かないXperiaをマウスで操作する事が可能となります。

まずは、何よりもデータのバックアップを確保しましょう!

画面が割れた時には、

・タッチが壊れていない場合にはそのまま使う

・非正規修理業者に依頼する

・メーカー(キャリア)修理に依頼する

・買い替えを検討する

など、どうするかは人それぞれですが、まずはデータのバックアップが取れていないと、何をするにもデータが消えてしまう事は避けたい所です。非正規修理業者での修理の場合には基本的にはデータそのままで対応している為、データのバックアップは不要となりますが、万が一の事を考えるとデータのバックアップは取って起きたい所です。

また、画面割れだけの症状であっても、度重なる衝撃が加わる事で液晶異常が起き画面に何も写し出されなくなったり、割れた部分から液体が浸水して水没となるなど、症状が悪化してしまう可能性があります。また、画面が割れるほどの衝撃がXperiaに加わっている訳ですから、その衝撃によりXperiaの故障が近づいている可能性もあります。

壊れていない状態でもデータのバックアップを取る事は、データを守る為に大切ですが、画面割れなど、何か不具合がある時には必ずデータのバックアップを取るようにしましょう。

データのバックアップがある事で、思い出の写真、動画や取引先との情報、課金して育てたゲームアプリなどを、失うことが無くなります。また、データ復旧がどうしても必要な場合には、高額な費用となる可能性もありますし、必ずしもデータ復旧に成功するとは限りません。データのバックアップを定期的に取る事をお勧めします!

Xperiaの画面が割れて操作が出来ない!

知り合い、街ゆく人で画面が割れたままの状態でスマホを使用されている方を見た事がある方も多いと思います。画面が割れていても、通常通り使用出来る場合には、そのまま使用される方もいると思いますが、症状を悪化させない為に、対処、修理は必要です。

古い機種のXperiaを使用されている方は、画面が少し割れてしまっただけでもタッチ操作が一切出来なくなってしまう可能性があります。それは、ディスプレイの構造によって、画面が割れてもタッチ不良が起きない機種と、多少の画面割れではタッチ不良が起きない機種があります。

iPhoneは画面が割れてもタッチ可能

iPhoneのディスプレイの構造は画面が割れたままでの使用ができる構造です。そのため、画面が割れたままiPhoneを使用し続けているのを見た事がある方も多いと思います。

勝手に操作されるゴーストタッチ現象も

ただし、ディスプレイの構造によって多少の画面割れでもタッチ操作が可能な機種はありますが、損傷がひどい場合には液晶異常を起こす、ゴーストタッチと呼ばれる勝手に操作がされる、タッチ不良が起きる可能性あります。タッチが効くからと放置していると、度重なる衝撃などにより症状が悪化し、液晶の映りがおかしい、タッチが効かないという症状に繋がる可能性がありますので、修理、対処が必要です。

Xperiaのディスプレイの構造は?

Xperiaはモデルによって、ディスプレイの構造が異なります。ご自身はどちらの構造かご確認下さい。

Xperia Zシリーズはタッチと液晶が一体式

Xperia Zシリーズとは呼んで字のごとく、Zの文字が付くモデルです。Xperia Z3,Z4,Z5,Z5Pなどが対象となります。Zシリーズは、タッチパネルと液晶画面が一体式となっています。タッチセンサーが画面に組み込まれていて、そのセンサーが正常に反応する事でスマホの画面上でのタッチ操作が可能となります。

こちらの写真がXperiaの画面です。よく見ると基盤目状がある事が分かると思います。これがタッチセンサーの役割をしているのですが、画面が割れる事で、この基盤目のタッチセンサーにも亀裂が入りタッチ不良を起こします。このモデルの場合には、一部分に亀裂が入るだけで、一切タッチ操作が不能となったり、縦ラインまたは横ラインのタッチ操作が出来なくなる可能性があります。

Xperia Xシリーズからは画面割れでもタッチ可能

Xperia Zシリーズの画面が割れた時の難点を克服したのが、Xperia Xシリーズのスマホからです。Xperia XP,XC,XZなどのXシリーズは、タッチセンサーの構造が変更となり、画面が割れてもタッチ操作が可能となりました。簡単な見分け方は、上記写真の基盤の目状がディスプレイにあるかどうかです。肉眼で確認が可能です。

タッチ操作が出来ない時はどうすれば良い?

画面が割れてタッチが効かないという症状は、基本的にはディスプレイ交換で改善が可能です。早急に直したい場合には、Xperiaの修理に対応している非正規修理業者に依頼すれば、おおよそ3時間ほどの修理時間で修理対応してもらえます。

タッチが効かない、画面が映らないけど起動はしているなど、画面割れ、落下によりディスプレイの異常が起きた時は、重症な故障となってしまったのではないか?修理出来るのか?と心配になってしまうと思いますが、基本的にはディスプレイの損傷の原因が可能性が高いので、ディスプレイ交換で改善する可能性が高いです。

タッチ切れ、タッチ不良、画面割れ、液晶異常など、ディスプレイに由来する故障は様々ですが、修理作業としてはディスプレイ交換となりますので、基本的に修理料金は変わりませんので、まずは相談して見ましょう。

また、画面が割れてタッチ操作が効かない場合でデータのバックアップを取っていないという場合には、修理を依頼するにもデータのバックアップが取れていないから、どうしよう、ということもあると思います。ご安心下さい、Xperiaの画面割れ、タッチが効かない症状の場合には、液晶が映っている限り、データのバックアップを取れる方法があります。

スマホの液晶が割れて映らない場合

スマホが画面割れでタッチセンサーが切れているだけなら、まだまだかわいいものです。マウスで操作できるなら、アダプターでマウス接続して、データを取り出すことも可能ですよね。しかし、液晶が割れて映らない場合は、画面が真っ暗なので、対処に困りますよね。でも、これも外付けモニター等に出力することで何か表示されているかどうかを確認することができます。それによって、タッチ切れを起こしていない場合には真っ暗な液晶をタッチ操作して、データの取り出し等を行うことが可能です。

参考:Xperiaの画面が割れた時の対処と修理方法

参考:【最新版】Xperiaバックアップとデータ復元方法

まとめ

画面割れでタッチ操作不良になるスマホはかなり重症度が高いです。実際にデータのバックアップを作成できたのであれば何よりです。もし実際にこのページを見てデータのバックアップの作成に成功できましたら、Twitter等のSNSでシェアしていただければ嬉しいです。

スマホ画面が真っ暗!電源が入った状態のデータ移行方法

アンドロイドスマホの画面が急にブラックアウトしてしまって、画面が映らなくなってしまった・・・。そんなトラブルに見舞われている方、まずは落ち着いてください。全国ではそういった人がたくさんいるので、安心して、このページにハウツーをまとめましたので対処ガイドとしてお役立てください。

画面が映らないスマホからのデータ移行を成功させるまで

このページでは画面が映らなくなってしまって困っているという方のために情報をまとめました!「データを何とか移行したい」、データを再び見れるようにしたい!という方に対してまとめています。

スマホの画面が真っ暗でもデータはまだ壊れていません

スマホが壊れてしまって、正常に電源が入らなくて不安かと思いますが、データはスマホが壊れても消えてはいませんので、ご安心ください。もちろん画面が真っ暗になった原因にもよるのですが、初期化をしない限りにはデータが消えることはありません。ただし、画面が真っ暗な状態で何か触ってしまうと誤タップによる予期せぬ動作が起きてしまう可能性があります。

スマホ内部のデータが最重要なら強制終了

モデルごとに強制終了の操作方法は異なりますが、強制終了を行うことで「画面が真っ暗なスマホ」に不用意な動作をさせてしまうことはありません。そのためデータが重要であればあるほど早めにスマホの電源を切りデータを保全することが「自分でできるデータ復旧」です。

データ移行のためには壊れたスマホの復旧が必須

画面が真っ暗になったスマホの中にしかデータはありません。壊れてしまったスマホを完璧に修理することはできませんが、一時的に起動するようにして、データを取り出すことはできます。ただし、注意すべき点がいくつかありますので、以下の内容をご確認ください。

画面がつかないスマホに対して絶対やってはいけないこと

スマホの画面が何も表示されない状態というのは、液晶画面に出力されていないので、目には見えてないようになってしまっているだけの場合があります。そのため、実は表示はされているけど、見えないだけということは考えられます。そのため、取り扱いには注意が必要です。データが消えたり、スマホを開くことができなくなったり重篤な事態を避けられるように、以下の内容を守ってください。

画面が映らない状態で壊れたスマホをタッチし続けない

スマートフォンの画面が何も見えてない状態で操作を続けないこと。画面に何が表示されているかわからない状態では、もしかしたら表示されていることを考えると、どのアプリを開いていて、設定画面にいるのか?等わからないことがいっぱいです。
最悪の場合、ファクトリーリセットがかかってしまってスマホ内部のデータが消えることになりかねないので、闇雲にタッチ作業をするのはやめましょう。

メーカー・キャリアへの故障したスマホを持ち込み

メーカーやdocomo,au,ソフトバンク等のショップに持ち込んでしまうとデータは基本的に初期化されてしまいます。個人情報保護の観点からもそのように対応することになっているためです。データが重要でない場合に、キャリアの保証でなんとかする!データはすでにバックアップを取得しているという方はこの限りでは有りませんので、サポートを受けることをおすすめします。データが重要で、今現在もアンドロイドスマホ本体が真っ暗で電源が入らない状態の方はこのまま読み進めてください。

とても重要なデータが保存されている方向け

画面が真っ暗だけど、スマホの電源がついていると判断するにはバイブレーションや着信音がなる状況だと思います。明らかに画面が割れているか水没してしまっている、バッテリーの劣化が見込めている場合であれば、物理障害に分類されますので、データ復旧サービスに真っ先に依頼するという判断をすることになるかと思いますが、電源が入っていると自分で何とかできると思ってしまいますよね。

画面が真っ暗で電源が入っても楽観できません

スマホの画面が真っ暗だけど、薄っすら表示されたり、電源が入っていることがバイブレーションの反応等があることから電源が入ってると判断しているかもしれません。その状態からどのように直せば良いかを考えがちだと思います。しかしながら、データを確実に復元するためには「自分で何かしようとしないこと」がとても重要です。少し長くなるかもしれませんが一読いただき、どのように対処するかご検討されてはいかがでしょうか。それによって「画面が真っ暗だけど、電源がついてる」スマホに保存されているデータへのアクセスを正常に戻すかをお考え下さい。

データ復旧業者への相談をおすすめ

画面が真っ暗になってしまったスマートフォンからのデータを復元したい!という場合には、スマホの修理屋さんが頭に浮かんだり、検索して見るとデータ復元ソフトが目に入ってきたりしますが、どちらもおすすめしません。

そもそもデータ復旧って?

データ復旧は落としてしまって正常に動作しなくなってしまったスマホに対して原因を特定して、正しい処置を行い、依頼主が必要とするデータを届けるサービスです。

スマホ修理屋さんに持ち込んじゃダメなの?

データ復旧を専門とする事業者は少なく、スマホのデータ復旧に関して言えば、スマートフォンの修理業者がスマホ修理の延長線上で提供していますが、スマホ修理とデータ復旧は一部必要とする作業は重なりますが、全然別物なのでノウハウも異なります。一部必要とする作業というのは分解作業のことで、これは人によっては自分でできてしまうのですが、データ復旧に必ずしも必要な技術ではないのです。

スマホ修理店では最悪初期化されてしまう

街中にあるスマホ修理店に持ち込むととてもスムーズに対応をしてくれます。しかしながら、修理店舗を間違うと初期化をしてしまったり、判断を誤って対処してしまうので、注意が必要です。良心的で技術のあるエンジニアに出会うことができれば、自分たちで対応することができない、ということを判断してくれますが、部品交換で「液晶に何も表示されないスマホ」が改善するケースは多くはありません。

総務省登録修理業者の一覧にある業者でもダメなの?

明確なデータ取り扱いの業者ごとのレベルや基準等はありません。スマートフォンの修理関連では総務省登録修理業者などの登録事業者はあるものの、データに関しての取り扱いに関しての基準ではなく、あくまでも電波に悪影響を及ぼす改良を加えない手順でスマホ修理が行える業者が登録しているものです。

データ復元ソフトもリスクが高い

スマホの画面がまったく映らない状態でデータ復元ソフトを使用するのはリスクがとても高いです。データ復元ソフトは基本的には落として物理的な損傷をしたり、水没してしまったスマートフォンでの使用を想定していません。データを誤って削除してしまったりしたケースでのデータ復元ソフトの使用を想定しています。そのため画面が真っ暗な状態で初見のデータ復元ソフトを使用し、ソフトが悪さをしたときにそれを停止する術がないので非常にリスクが高いです。

Androidスマホのデータ復旧業者へ相談を

無料電話診断でデータ復旧が可能かどうかを診断してもらうことが有効です。簡易的な電話での診断であれば、無料で対応しているところがほとんどです。自分で何かを行うよりも、プロに相談されることをおすすめします。スマホだけでなくタブレットでも同じように修理店ではなく、データ復旧業者への依頼をおすすめします。

画面が真っ暗なスマホからのデータ移行もスムーズ

データを取り出したら、どのようにデータ移行をすればいいかわかりやすく説明してもらえますし、別のデータメディアにバックアップを作成して納品してもらうことができます。データ復旧業者に依頼した場合に料金が発生する理由は、「画面が真っ暗なスマホの状態」からきちんと元にあった状態に近づけるために作業時間をかけているからです。

データがそこまで重要でない場合

データがそこまで重要でない場合には修理をしてそのままスマホを使用し続けるか、新しいスマホに乗り換えるかの2択が考えられます。費用を安価に抑え、出費を抑えるのであればスマホ修理屋さんへの持ち込みがおすすめですし、2年以上使用をしていてそろそろ本体交換を考えていた場合にはキャリアもしくは新しいデバイスの新規調達をおすすめします。そのためにもまずは電源を再度入れなおしていくつかチェックしてみましょう!

【チェック方法①】電源ボタンの長押しで起動させる

アンドロイドスマホの画面が映らない原因を考える必要があります。画面に何も映らない場合、物理的な損傷が何かしら発生している可能性が高いです。その場合にはまずは「電源ボタンを長押しして再起動」をしてみてください。それで起動する場合、液晶部品が壊れている可能性が高いです。バイブレーションが「ブルッ」と反応で判断できるかと思います。

【チェック方法②】壊れたスマホに電話をかける

一番確実なスマホの生存方法の確認はスマホの画面が真っ暗で何も表示されない場合には、SIMを入れた状態で電話をかけてみて反応するか、電話がかかるかをチェックしてみてください。それによって、本体の内部が壊れていないかどうかが判断できます。

バイブレーションが反応したとしても…

画面に何も表示されないだけで、バイブが反応した場合には何が理由で反応しているか原因が特定できません。

スマホを落としたことにより画面が真っ暗になってる場合

この場合に関してはまず液漏れによって滲みになってしまっている可能性が高いです。しかしながら、データに関してはソフトのデータなので、液晶から漏れた液体によって水没して消えてしまったりはしませんので、ご安心を!タッチがまだ効くのであれば、データの移行ができるように準備してみましょう。現状の状態を改善するためには液晶交換の修理をする必要があります。これに関してはメーカーやキャリア、非正規修理店への液晶パーツ交換を依頼と言う選択肢があります。

バッテリーのアイコンだけが画面に表示される場合

この場合に関しては充電関連のトラブルである可能性が高いです。落下させてしまったりした場合には基盤上の何かしらの故障も考えられますが、バッテリーの状態が悪化してしまったか、電源ケーブル周りのパーツが破損してしまった可能性があります。これに関しては利用しているスマホのメーカーやモデルによって異なりますので、一概には言い切れませんし、サポートセンターに電話してもそれほど良い解決策は出てこないのではないでしょうか。

スマホの画面が真っ暗な原因はわかる?

スマホの液晶に何も表示されていない状態になっている原因は電源が入っているかどうか、充電ランプが点灯するかどうかによります。原因がわかったとしても自分で修理することができないことが判明することもあります。

画面に何も表示されないが電源が入っている場合

液晶が故障してしまっていることが原因になっている可能性が高いです。再起動をしてみて、電源が入るようであれば、液晶パーツの損傷か液晶出力に関わるチップが故障しているので、基板修理が必要な可能性ももちろん考えられます。

充電ランプが点灯・点滅する場合

簡単な診断としては充電ケーブルを差し込んで「充電ランプが点灯する」か「点滅する」のであれば、電源系統のトラブルは考えにくいです。なぜならば、通電してなければランプが点滅もしくは点灯することがないからです。

自分でスマホのバッテリー交換はNG

データを取り出すためであれば自分で電池交換をするのがもっとも安価に済ませるデータ復旧方法だと考えてしまうかもしれません。何故ならばデータが取り出せる状態にするだけで良いからです。ただし、にアンドロイドスマホの場合にはiPhoneと違って両面テープで接着されていたりして、しっかりと液晶と筐体をくっつけるのは難しいです。隙間から水が入ってしまって、水没!なんてことも有り得ます。そのため、一度分解してしまったアンドロイドスマホを長期間利用し続けるのはおすすめしません。

自分でスマホのバッテリー交換をするのは「画面が真っ暗で何も表示されない場合」には得策ではないことがおわかりいただけたかと思います。

充電ランプが点灯するか、バッテリー充電中の表示があれば・・・

今データを取り出したい端末をもう使っていないか、新しい機種を購入済みである場合に自分でバッテリー交換を試しにやってみよう!という知的好奇心を満たすためであれば、自分でバッテリー交換をしてみるのも悪くないかもしれません。

というのも、バッテリーが原因でデータ復旧をする場合にはほとんどの場合、充電ケーブルを繋げれば、充電ランプが点灯するだけでなく液晶画面に充電中のアイコンが表示されるはずです。少なくとも電池の電圧が低すぎたとしても充電ケーブルを挿し込めばスマホはバイブするか何かしらの反応があるのが一般的です。

データが重要でなければスマホ本体交換

スマホの画面が真っ暗で映らない、もしくは起動しない場合は、自然故障ではほとんどそのような状態になることはあり得ません。ごく稀に街中のスマホ修理専門店のウェブサイトやブログでバックライトが故障していると判断している情報をご覧になったとしたら、ほとんどの場合「水没」が原因であると考えられます。

水没したスマホはお早めの本体交換を

水没してしまったスマホの長期的な利用はおすすめできません。自動車に例えるなら、水没してしまった場合には程度にもよりますが、修理費用の方が高くなってしまうので、廃車されます。環境のことを考えると廃車は良くはないですが、どこが壊れたかわからない製品を使用し続けるには自動車は危険すぎます。そのため、新車の購入をした方が良い!というようになります。スマホにも同じように言えます。生活インフラとしてなくてはならないスマートフォン、急に壊れたら連絡も取れなくなってしまって大ごとになってしまいます。

そのため、iPhoneであれ、アンドロイドのスマホであれ、水没してしまった端末を修理して使うのはいつ壊れるかわからないスマホを持ち続けるということなので、修理して長く使うという発想はしない方が懸命です。

キャリアとの契約期間次第では修理して使っても◎

ただし、キャリアとの契約期間の縛りがあって、まだ機種変更ができない、といった場合には修理して使用するのも手ですので、状況に応じて最適な行動をされることをお勧めします。もちろん、画面が真っ暗なスマホを動作させるように処置して、新しいスマホを購入するなどしても良いかもしれません。

完全に真っ暗で起動しない、だけどデータが大事

この場合が一番問題がある状態です。これまで書かれた内容を読んで、解決しなかった方がご覧になっているかと思いますが、
起動しなくなってしまって、電源が入らない状態はトラブルの原因の発見が非常に難しいです。そのため、この状態でキャリアにスマホを持ち込んでしまうとデータは全て削除されてしまうので、絶対にしないでください。

データが重要な場合にはスマートフォンをデータ復旧ができそうな事業者を探して依頼をしてみることを検討しましょう。この場合にはスマホの修理が単にできるだけではなく、データ復旧や大学、公共機関への協力の実績等がある事業者に依頼するのをオススメします。

画面が映らないスマホデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課デジタル捜査班 佐々木成三氏
DATASMART KNOWLEDGE編集部ではDATASMARTをおすすめします。日本国内でアンドロイドのデータ復旧サービスを提供している業者は多くありません。DATASMARTではさらにタブレット、SDカード、監視カメラ、HDDなどのパソコンからのデータ復旧まで対応している総合型データ復旧サービスです。詳しくはこちらからご確認ください。

まとめ

スマートフォンが真っ暗になってしまって、気分が落ち込んでしまったかもしれませんが、全国、さらには全世界には同じような体験をしている方がたくさんいるので、安心して、適切な対応を心がけてください。上述している内容にしたがって行動をしてもらえれば、かなりの確率で良い結果に繋がると思います。水没させてしまった場合など、ほぼ確実にデータ復旧が必要になる場合に関しては別のページでまとめていますので、そちらをご覧ください。

Arrowsの画面が真っ暗!対処法・ベストガイド

パソコンメーカーとしても馴染みのあるFujitsu(富士通)のスマホブランド「Arrows」。壊れづらいなど機能面に特徴のあるスマホを販売して日本国内で人気を博しています。そんなArrowsフォンも壊れてしまうことがあります。その場合にバックアップを取っていない!そんな時にどうすればいいのかをまとめてみました。

画面が真っ暗、電源が入ってなさそう、水没してしまった・・・様々な理由があるかと思いますが、このページを見ればどのような対応をするのが良いのかがわかると思います。

アローズフォンの画面が真っ暗

電源が入る状態であっても画面に何も表示されなければどうすることもできませんよね。おそらく画面が真っ暗と判断しているのは、着信音がなったり、バイブレーションが反応したりするからなのではないかと思います。このような状態において、データが最優先であれば、自分で何かしようとしないことが重要です。

アローズフォンの初期化のリスク

誤タップにより、ロックがかかってしまう、初期化してしまうなど、さらに大きな問題に発展するリスクがあります。そのため、基本的に本体に触らないようにされることをお勧めします。それでは画面が真っ暗になってしまったアローズフォンに対してどのように対処すれば良いのでしょうか。

Arrowsのデータ復旧の方法と依頼先

Arrowsのデータ復旧をしようとする場合の選択肢としてはメーカー公式のデータ復旧サービス、データ復旧専門業者が挙げられます。ここで疑問と思うのはほとんどの方が契約しているdocomoショップ、auショップやソフトバンクショップが候補にあがっていないということです。

キャリアショップはデータ復旧サービスを提供していない

docomoショップ、auショップ、ソフトバンクショップ、Yモバイルショップに関しては基本的に交換修理を行なっています。

症状別Arrowsフォンのデータ復旧の難易度

アローズスマホの状態によって、データ復旧の難易度があります。症状によってどのような処置が必要かは異なってくるからです。ここが一番気になるところかと思いますので、それぞれまとめてみます。

反応はするが、液晶画面が真っ暗

充電ランプが点灯するが液晶に何も表示しない場合には、液晶交換をすることでデータを取り出すことが可能かもしれません。また、自宅に外付けモニターとケーブルがあれば、それらを利用して他の表示装置で操作をすることができる可能性があります。また、bluetoothに対応していれば、マウスを利用して接続することでタッチ切れが起きていても対応することができると思います。

マウスと外付けモニターで操作することで自分でデータを取り出すことができる可能性があります。

キャリアショップではデータ消去されてしまいますので、データを取り出してから契約先のdocomo、au、ソフトバンクの各キャリアショップに行って、交換修理サービスを受けてリファビッシュ品に交換してもらってください。

誤ってデータ消去した

操作ミスで写真のデータを消去してしまった場合にはデータ復元ソフトの利用が有効である可能性があります。だいたいのソフトがまずは無料で使うことができるので、パソコンにインストールして、操作してみてください。ほとんどのデータ復元ソフトが同じようなレベルですので、どれがおすすめ等は特にはありません。

パソコンが自宅にない場合には街中のデータ復旧業者に依頼しても良いかもしれません。その際にはデータを誤って削除してしまったと伝えればスムーズだと思います。

Arrowsロゴがループする

Arrowsのロゴが何度も表示されてしまって、そのまま何も進めなくなってしまう場合には論理障害に分類されます。これに関してはソフトウェアトラブルなので、メーカー公式データ復旧サービスにまずは相談されることをおススメします。

電源が入らない、起動しない

電源が入らない、起動しない場合にはバッテリーが原因になっている場合もありますが、その場合には充電ケーブルに繋ぐことで状況がわかるかと思いますので、まずは自宅の充電ケーブルで試してみることをおススメします。それで何も反応しない場合には、取り出したいデータによって、メーカー公式もしくはデータ復旧専門業者に相談してください。

水没した・基板がショート

Arrowsスマホを落としてしまって水没させてしまった場合には物理障害に分類されます。そのため、これは分解してみないとわかりませんし、マザーボードも腐食している可能性が高いです。自分でデータを取り出すことは不可能な状況です。そのため、データを復旧するためには富士通公式サービスを利用するかそれ以外のデータ復旧専門サービスの利用をすることになります。

写真や動画などのデータが重要である場合には公式データ復旧サービスの利用がおすすめです。それ以外のLINEなどのデータに関してはデータ復旧専門業者に相談することをおすすめします。それぞれのメリット・デメリットは以下で紹介していますので、ご覧ください。

Arrowsスマホからのデータ復旧は難しいの?

Arrowsのスマートフォンに関しては日本国内でしか流通していません。そのため非常にデータの取り出しが難しいAndroidスマホに該当します。しかしながら、富士通がスマホのデータ復旧サービスを提供しているので、最終手段としてはここに依頼すれば復旧できる可能性が極めて高いです!

そういう意味でも、バックアップとかめんどくさい、そして、日本メーカーのブランドが良い!という場合にはFujitsuのArrowsシリーズはかなりおすすめできるスマホと言えます。

富士通のスマホデータ復旧のメリット・デメリット

スマートフォンのような歴史上ないくらいに小型化されたデバイスに関しては、これまでのパソコンやガラケー(パカパカケータイ)などと比較することができないくらいの精密さでできています。そして、小型化・薄型化することも極めて難しいですし、その端末が急に動かなくなってしまったり、水没してしまったりして壊れた状態からデータを取り出すのには、良質なパーツ、スマホの設計図などの正しい情報と技術が求められます。

ただし、メーカーのデータ復旧サービスにもメリットとデメリットがあります。

公式データ復旧サービスのメリット

メーカーにはその全てが揃っています。そのためArrowsのデータ救出をする場合に富士通のメーカー公式にデータ復旧を依頼することがベストな解決方法です。
街中のデータ復旧業者や、ほとんどのスマホ修理屋さんが持ち合わせていないマザーボードを含めたコアな情報を持っているのはメーカーしかありません。
これはどのandroidスマホ、iPhoneであっても同じことが言えます。

また、個人情報の保護の観点からもセキュリティレベルの高い環境下でデータ復旧作業を行なっています。

公式データ復旧サービスのデメリット

デメリットとしては、料金が高いということです。ただ、メーカーの高いレベルのサービスを受けて、かなりの確度でデータを復旧することができる可能性があるのであれば、妥当な料金であると言えるので、富士通という会社が高いデータ復旧サービスを提供しているというようなネガティブな捉え方はしないで欲しいと思います。

そもそもで言うと大切なデータのバックアップができていない状態で壊れてしまっていることが問題なので、データのバックアップを取っていればお世話になることのないサービスなのです。それに対してメーカー公式でデータ取り出しサービスを提供しているのは、かなり誠実さを感じます。もちろん自然故障は困ったものなのですが、電子機器である以上には避けられないことだと考えられます。

対象機種・データの種類と注意点

富士通のメーカー公式のデータ復旧サービスが対応している範囲は以下の通りです。

対応機種:メーカーブランド製品 ARROWS M01、arrows M02/RM02/M03/M04
対象データ種別:画像、動画、音楽、電話帳データ、メモ帳データ

ここで注意が必要なのは、LINEや個別のアプリのデータ取り出しには対応していないということです。そのため、暗号通貨(暗号資産)アプリなど、どうしても本体として復旧が必要な場合にはメーカー公式のデータ復旧サービスは利用できないということです。

公式:富士通製スマートフォン データ復旧サービス

Arrowsのデータ復旧の料金(公式)

2019年8月現在での概算の料金ではありますが、11万円〜13万円(税別)ということを確認しました。そのため、最大でも13万円を支払えば、画像や動画などのデータは取得することが可能なのです。そのため40万などの請求をしようとする業者がいたとするとかなり足元を見ている可能性が高いので注意が必要です。

もちろん上記のデータ復旧にかかる費用はあくまでも参考として、ご自身のお持ちのモデルによって異なる可能性もございますので、直接お問い合わせされることを推奨します。

Arrowsのデータ復旧はDATASMARTへ

Arrowsのデータ復旧をするならDATASMART
がおすすめです。Androidのデータ復旧に力を入れているだけでなく、iPhoneやSurfaceなどのスマートデバイスのデータ復旧を成功報酬で行なっています。埼玉県警からの感謝状を受けるなど、公共機関からの実績もあります。チップからのデータ取り出しまで対応しています。

Arrowsのデータ復旧のまとめ

いかがでしたでしょうか。アローズスマホはデータ復旧のしやすさで言えば、他のandroidスマホよりは比較的ポジティブであることがわかっていただけたかと思います。メーカー公式のデータ復旧サービスがあるのはとても嬉しいことですが、LINEやゲームアプリなどそういったデータに関しては公式のデータ復旧サービスではなく、データ復旧専門サービスの利用が必要になることもご理解いただけたかと思います。

Arrowsユーザーの方の大切なデータの取り出しに協力できたら嬉しく思います。その際にはぜひFacebookやTwitterでシェアいただければ嬉しいと思います。

ギャラクシーの画面が真っ暗の場合の対処法

SAMUSUNGのスマホブランド「Galaxy」の画面が真っ暗になってしまった場合、突然の出来事でどのようにすれば良いかわかりませんよね。
基本的に画面が真っ暗になってしまったものに関しては「自分で何とかしようとしない」ことが重要です。データが重要であればあるほど自分で何もしないことをおすすめします。

ただし、自分で何かできないかというのは考えたいものですよね。そこで対処法をまとめましたので、ご覧ください。

画面真っ暗な場合の対処法

画面が真っ暗になった場合にはできることは限られます。状態を悪化させることがないように順を追ってリスクの少ない順に確認していきましょう。

液晶表示異常の確認

場合によっては表示する際の液晶表示異常による光度が著しく低くなっている可能性があります。

画面に薄っすら何か表示されているか確認

懐中電灯や他のスマホのライトなどを当てて、液晶表示異常じゃないか確認をしてみてください。

充電器を確認

正しく充電ができてない場合がありますので、充電器を確認してみましょう。ただし、充電器から通電させることで電気を流すことになりますので、ショートして状態が悪化する可能性がありますので、十分に注意してください。

普段使用している充電器をチェック

他にギャラクシーのスマホを持っている場合には他の端末でチェックしてみてください。もしくは近くの家電量販店や契約しているキャリアショップで充電器を借りて確認することができます。

強制再起動

電源ボタンを押しても反応がない場合には強制再起動を実行してみてください。これを行うことで画面が真っ暗な状態から抜け出すことができるのではないでしょうか。

強制再起動の方法

Galaxyスマホの場合は電源ボタンと同時に「ボリュームダウンボタン」(音量を下げるためのボタン)を15秒以上長押しすることで強制的にスマホを再起動することができるはずです。

ギャラクシーの公式修理がおすすめ

上記の対処法を実行しても改善しない場合にはスマホを修理する必要があります。修理をする場合にはギャラクシーの公式修理がおすすめです。東京の原宿駅近くにありますが、郵送で全国対応しています。ただし、基本的にデータのバックアップをしてもらうことを前提としているので、データの保全をしてもらうことはできません。そのため、データのバックアップを作成していないギャラクシーは公式修理での利用も難しいかもしれません。

非公式の修理店の利用はおすすめしません

非公式修理のメリットはデータをそのままに修理をするということです。液晶が表示がされた状態で画面が割れた、といった物理的な損傷であれば、当日修理を行ってもらうことができる非常に便利なサービスです。しかしながら、ギャラクシーの画面が真っ暗になっている場合には、何が起きているか正確に診断することは難しいです。すでに様々な対処を行ってトラブルの原因を追求してもわからなかった場合には修理屋さんでも何が起きているかわからない可能性があります。

最悪の場合データが初期化されてしまう

画面が真っ暗になったギャラクシーは取り扱い方を間違えてしまうと、最悪の場合初期化されてしまいます。さらに、画面が真っ暗な場合にはバックアップの作成ができないのが悩みの種です。写真が欲しい、動画データが欲しいという場合にはデータ復旧サービスの利用をおすすめします。

データ復旧サービスって?

データ復旧は「アクセスできなくなってしまったデータに再びアクセスすることができるようにする」サービスです。そのため、画面が真っ暗で何が起きているかわからない端末のトラブル原因を特定して、データを復旧し、保全し依頼主に納品してくれるサービスです。

まとめ

画面が真っ暗になったギャラクシーは正確に何が起きているか起動できるまでわかりません。そして、メーカー公式修理では場合によっては部品交換でデータを以前同様に使えなくなってしまう可能性もありますし、非正規のスマホ修理サービスでは初期化してしまう可能性があることを説明させていただきました。

そのため、画面が真っ暗なGalaxyに対してはまずはメーカー修理に問い合わせて、データを確実に復元できるかわからない、と言われてしまったらデータ復旧サービスに相談をしても良いかもしれません。

スマホのデータ復旧ならDATASMARTへ

日本橋(東京)にてデータ復旧・デジタルフォレンジック事業を展開しているDATASMARTへのご相談をオススメします。
埼玉県警への捜査協力の実績など、公共機関からの依頼もあり、技術力には自信があります。これまではiPhoneを中心にデータ復旧を行ってきましたが、Android修理からサービスを開始し、Xperia Z3(SONY製)では総務省の登録修理事業者になっていることもあり、修理する環境に関しても配慮しているサービスです。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警)も推薦しています。

店舗情報

住所:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6
電話番号:050-1744-5752
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:土日祝日

トップへ戻る