【iPhone(アイフォン)データ復旧・復元】サービス

iPhone データ復旧で大切なデータを取り戻す

もう撮り直せないお子様の成長記録としての写真や動画、大切な人とのLINEのメッセージのやり取り、さまざまなデータがiPhoneには詰まっています。

ある日突然iPhoneが壊れてしまった…そんなときに貴重なデータを何とかして欲しいと言う方のためにあるのがデータ復旧・復元サービスです。

データ復旧は一発勝負に近い面があり、一度でも間違ったアクションを取ってしまうとその後どんな業者に依頼しても二度と復旧できなくなってしまうこともあります。それゆえ、相談するべき業者選びは非常に重要です。正しい行動をすることでデータ復旧成功率は格段に上がりますので、ぜひ、ご一読ください。

本ページの要約

  • データ復旧には間違ったアクションは許されない
  • 削除・初期化データの復旧はほぼ不可能
  • 確実に復旧したいなら「データ復旧業者」に依頼!無料診断はこちら
 

データ復旧・復元とは?

データ復旧業者とスマホ修理の違い

iPhone・スマートフォンに限らずパソコンやHDD、SDカード、USBメモリ、会社で利用している業務用の大規模サーバーでさえ、データの保存されているありとあらゆる電子機器ではどんなに細心の注意を払っていたとしても、意図せぬ操作ミスやヒューマンエラー、不慮の機器故障など様々な原因によりデータが消えてしまったり、データにアクセスできなくなってしまうトラブルが発生します。

これらデータのトラブルを専門的なツールと知識、高度な技術力を使い解決することを「データ復旧」と言います。iPhone自体をもう一度元通り使えるようにするための「修理」サービスではありません。

memo

「データ復旧」の専門企業は日本国内に100社以上あると言われていますが、中には警察などの捜査機関などからも頼られる特に信頼性の高い業者もあり、こういった専門業者であれば復旧に関する専門知識や設備、ノウハウが蓄積されており、より多くのトラブルやシチュエーションに対応できます。

データ復旧業者ではすべてのファイルデータ・アプリデータに対応しています

データ復旧可能なファイル形式一覧

iPhoneには拡張子の付かないファイルではないデータも多数保存されていますが、データ復旧サービスでは全ての種類のデータに対応しています。

  • アドレス帳
  • 画像・動画
  • 音楽
  • 録音・音声
  • メモ
  • メール
  • メッセージ(SMS)
  • 通話履歴
  • パスワード情報
  • カレンダー・スケジュール・リマインダー
  • ブックマーク
  • チャット(LINE等)
  • ゲーム
  • その他アプリ

メディアファイル

JPEG、PNG、GIF、BMP、RAW、TIFFなどの画像ファイル;MP3、WAV、FLAC、AACなどの音楽ファイル;MP4、MOV、AVI、MKVなどのビデオファイル。

ドキュメント

PDFファイル、Excelスプレッドシート(.xls、.xlsx)、Wordファイル(.doc、.docx)、PowerPointプレゼンテーション(.ppt、.pptx)、テキストファイル(.txt)、リッチテキストフォーマット(.rtf)など。

システムファイル

オペレーティングシステムファイル、データベースファイル、システムバックアップイメージなど。

メール・コミュニケーションツール

LINE、SMS、Outlook(.pst、.ost)、Apple Mail、Thunderbirdなどのメールクライアントからのメールデータ。

その他のファイル

ZIPやRARなどの圧縮ファイル、HTMLやCSSなどのWeb関連ファイル、CAD図面、Photoshopファイル(.psd)など。

iPhoneのデータ復旧が必要なトラブル例

  • 水濡れ
  • 浸水・水没
  • 充電ができない
  • 画面に何も表示されない
  • 再起動を繰り返す
  • リンゴループ
  • 起動しない・電源が入らない
  • ディスプレイなど筐体破損
  • 操作が効かない
  • 誤ってデータを削除した
  • パスコードが分からない

データの復旧が厳しい・不可能なケース

どんなトラブルでも復旧できる可能性は必ずありますと言いたいところですが、実際はいくつかのシチュエーションでは復旧が相当に難しい、もしくは不可能な場合もあります。これらのケースでは残念ながら専門業者に相談したとしても解決できるものではなくデータを諦める他ありません。

初期化・削除データの復旧はまず不可能

概ね2014年以後に発売されたiPhone・スマートフォンにおける削除ファイルや初期化済みデータの復旧は、残念ながら不可能です。この不可能というのは難易度が高いという意味ではなく、可能性が0%であるという意味です。よくある写真や動画を消去したというケースですが、復旧はまず不可能です。
これは仮に世界中のどんな専門業者に相談したとしても同じです。詳しい説明は、専門的になりすぎてしまうので後述しますが、端的に言えば暗号化されていることが理由です。気になる方はこちらをご覧ください。

例えば以下のようなケースではデータの復旧はできません。

・操作を誤ってドコモ/au/Softbankのメールを削除してしまった
・「iPhoneを探す/デバイスを探す」から「消去/リセット」してしまった
・以前使っていたiPhoneで写真を消したら、iCloudと連動して今使っているスマホからもデータが消えてしまった
・スマホの調子が悪いので「工場出荷時の設定に戻す」とデータも消えた
・機種変更をしてLINEのデータを移行していたが、うまくいかず以前のトーク履歴が消えてしまった

memo

上記はすべて「ファイル」単位での復旧をする際の話であり、ファイルではないデータ(例えばデータベース内のレコードやフィールド、具体的には電話帳・着信履歴、チャット履歴など)を削除した場合は話は変わります。
また、現在ほど高度な暗号化やメモリ管理システムが搭載されていない世代(概ね2013年・2014年以前)の端末ではファイルデータであっても一部の情報であれば復旧できる可能性はあります。ここで言う一部とはいくつかの完全なファイルデータという意味ではなく、断片的なファイルの切れ端情報の場合もあります。

パスコードが分からない場合も難しい

画面ロックに設定されているパスコードやパターンロックコードが分からない場合、何度も間違えてしまった場合もデータの復旧は非常に難しいです。100%不可能というわけではありませんが、設備だけでも数百~数千万するため対応できる業者も非常に限られ、必然的に高額となります。裁判や社内の調査で必要であったり、どうしてもという場合かつ予算が十分にある場合以外は諦めるほかないでしょう。

memo

例: FBI はロックの解除に1億円以上もの費用を支払っています
FBI Paid More Than $1 Million to Hack San Bernardino iPhone
https://www.wsj.com/articles/comey-fbi-paid-more-than-1-million-to-hack-san-bernardino-iphone-1461266641

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」や「セキュリティロックアウト」の表示が出てこれ以上入力を試すこともできない状態の場合も、データを保護するための強力なセキュリティ機能が働いている状態であり、データの復旧は100%不可能です。これはAppleがデータを保護するために意図的にそう作っているためであり、全くもって正しい挙動です。

どうしても調査をしたい場合はデジタルフォレンジックサービスを

上記記載の通り、削除・初期化されたデータを復旧することは基本的に不可能です。それでも裁判や社内の不正調査のためどうしても調査しなければならないケースはあります。そういった場合には「デジタルフォレンジック」というサービスをご検討ください。

データ復旧サービスの流れ

サービスフローチャート

  • 1お問合せ・お申し込み
    ホームページのお問い合わせフォームから、お見積もりまたはデータ復旧のお申込みをお願いします。
  • 2依頼品の発送
    お申し込みいただいた方に、依頼品の発送手順の詳細をご連絡しますので、そちらに沿って発送ください。
  • 3弊社にて受取・初期診断
    依頼品受け取り後、弊社にて障害状況の診断を行い、お見積り・診断結果をお客様にご連絡します。
  • 4データ復旧作業
    お見積もり、診断内容にご納得いただけましたら復旧作業に入ります。
  • 5データ納品
    復旧したデータは納品用HDDなどに入れてお預かり品とともにお客様に納品いたします。

初期診断とは?

データ復旧業者では必ず「診断」サービスを提供していますが、これは一体何のためのサービスなのでしょうか。確かに業者に問い合わせをするとよく「診てみないと分からない」と言われます。

イメージのしやすいよう怪我や病気をして病院に行ったときを例に挙げて「診断」サービスとは何なのかを説明しましょう。

病院に行くとまずは問診表を書いてそれをもとにお医者様に「問診」や「診察」をしてもらいます。場合によってはX線やレントゲンで「精密検査」をしてもらうこともあるでしょう。そしてこれらの「診断結果」を踏まえてその後の「薬を処方する・手術をする…etc」と何をどう治療していくかが決まり、ようやく実際に治療フェーズへと進んでいくでしょう。

実は「データ復旧サービス」もこれと全く同じ流れでステップが進んでいきます。

そして「問診や診察、精密検査」にあたる機器を詳しく調査する工程が「データ復旧サービス」における「診断」になります。様々な検査や調査・解析をして機器の状態を正しく把握できた段階ではじめて「診断結果」がご案内でき、その後ようやく実際の「復旧作業」というステップに進んでいきます。

当然この「診断結果」によってその後の「治療」つまりは「復旧作業」の内容はまるで変わってきますので、「診断作業」と「復旧作業」は分けて考えることのできないセットで大事なものです。

もし仮に間違った「診断」をしてしまえばどれだけすごい技術や設備があろうが病気が治ることはありませんし、検査もしていないのに患者の自己申告だけでいきなり手術を決めてしまうような病院があれば怖くて仕方ないでしょう。そう考えればどれだけ「診断」が大事なのかが分かるかもしれません。

では実際のところ「診断作業」では何を調査しているのでしょうか。

業者によって表現は異なりますが、基本的には「障害機器種別」「障害状況」「作業難度」「作業工数」といった点をお調べしています。そしてこれら調査結果をもとに、「どんなデータが復旧できるのか」「どこまでのデータが復旧できるのか」「どれくらいの時間がかかるのか」「どれくらいの費用になるのか」をご案内しています。

データスマートでは診断結果として以下の4項目をご案内しています。

  • 復旧可否や見込み
  • 復旧可能なデータの内訳
  • お見積り金額
  • 納期

必ず治さなければならない病気やケガと違い、データの場合は費用や復旧の程度により人によってはデータを諦めるということもあるでしょう。復旧可能なデータの内容や費用、納期を基にご発注いただくかどうかご判断ください。
嬉しいことに通常データ復旧業者ではこれらの診断サービスは「無料」で提供されています。

iPhoneのデータ復旧ならDATASMARTへ

元埼玉県警捜査一課佐々木成三氏推薦
DATASMARTは警察が依頼するデータ復旧サービス。iPhoneのみならず、iPad、Android スマートフォン、Mac、Windows PC、HDD(ハードディスク)、RAID、NAS、業務用サーバーなどその他あらゆる機器を対象にデータを復旧する高い技術があります。埼玉県警をはじめとする捜査機関への技術協力ほか、官公庁や上場企業の実績多数。テレビコメンテーターとして活躍中の佐々木成三氏(元埼玉県警捜査一課)や元SONY技術者でAIBOの治療修理を行なっている乗松信幸氏からも評価・推薦していただいています。

サービス情報

8つの無料①初期診断費用:0円
②分解・取り外し費用:0円
③組み立て費用:0円
④部品費用:0円
⑤復旧後の返送費用:0円
⑥納品用メディア費用:0円
⑦バックアップ作成費用:0円
⑧データ保管費用(1週間):0円
サービスの流れ①お問合せ→②依頼品の発送→③お預かり無料診断→④データ復旧作業→⑤データ納品
おすすめ
ポイント
デジタル捜査のスペシャリスト捜査一課元刑事のお墨付き
業界最高峰のデータ復旧技術
復旧難易度の高いスマホ・タブレットにも完全対応
各県警への捜査協力・技術提供(高度デジタルフォレンジックサービスの提供)
高い技術と捜査貢献を評価され感謝状を受領
埼玉県警より受領した感謝状

データ復旧の専門サービス DATASMART

データ復旧・データ取り出し
専門業者に無料相談

信頼できるデータ復旧業者の選び方

データ復旧において、適切な専門知識と経験を持つ業者を選択することが非常に重要です。特にiPhoneであれば最新モデルに対応できる技術力を有しているかは非常に重要です。診断作業などを行う場合であってもiPhoneに負荷がかかり状態は悪化していきます。破損している端末の状態がさらに悪化することを考えると一番最初に選ぶデータ復旧業者は高い技術力を持った企業にすることをおすすめします。

ISO認証やPマーク取得企業

ISO(ISO27001)認証やPマークを保有するデータ復旧業者を強くおすすめします。これらの認証を取得した業者は、サービス品質、セキュリティ対策、プライバシー保護など、特定の基準を満たしていることが第三者機関によって審査された上で認められています。

ISO認証・Pマークとは

ISO認証は、国際的な品質管理と品質保証の基準を満たしていることを示しています。これは、組織が一貫したサービスを提供し、継続的に改善を行っていることを意味します。特にISO27001という規格は情報セキュリティマネジメントに関しての品質保証のための認証ですので、その取得の有無を確認しても良いかと思います。一方、Pマークは、個人情報の取り扱いに関する法律を遵守し、高水準のプライバシー保護を提供していることを認められています。

診断費用が無料・基本作業費が0円

データ復旧料金について

データ復旧の費用は診断により判定する以下の4つの要素からお見積りいたします。

  • 障害機器種別・・・機器の種類や搭載チップ、ソフトウェアやアプリのバージョンは何か等
  • 障害状況・・・どのような故障・トラブルなのか
  • 作業難度・・・どのくらい難しい作業が必要なのか
  • 作業工数・・・どれくらいの技術者や設備をどれくらい占有するか

お見積もり後に追加で作業費用などを請求することはございません。診断によりご案内するお見積り金額は100%確定した金額です。

納品用メディアを別途ご用意していただいたり、ご購入いただく必要もございません。データをお渡しする際に使用したHDDやUSBメモリ、SDカードなど納品媒体は返却の必要はありませんので、バックアップとしてご活用いただけます。

機器成功報酬 費用目安(税込み)
パソコン/PC55,000円~
スマートフォン・携帯電話55,000円~
タブレット55,000円~
外付けハードディスク(HDD)55,000円~
サーバー・NAS・RAID機器99,000円~
SSD99,000円~
USB フラッシュメモリ44,000円~
SD・micorSD カード44,000円~
CFカード、XDCAM 等44,000円~
CD/DVD/BD/磁気テープ 等77,000円~
レコーダー/監視カメラ220,000円~
ビデオカメラ44,000円~
その他要見積もり
デジタルフォレンジック調査要見積もり

※ 複数の業者で処置済みなど状態によっては作業着手時点で一部作業費用を頂戴する場合がございます。作業費が発生する可能性がある障害に関しては、事前にお客様に状況をお伝えした上で、作業費を発生させて復旧作業に着手するか、そのまま復旧作業に着手せず機器をご返却するかをご判断いただきます。

削除・初期化の復旧が不可能な理由①

iPhoneならびにAndroidスマートフォンではどちらも強力な暗号化機能が標準搭載されています。これはハードウェアレベル、OSレベル、ファイルシステムレベルでのいくつもの仕組みを組み合わせた素晴らしく強固で堅牢な仕組みです。

このおかげで一般人目線では仮に紛失・盗難にあったとしてもデータが漏洩してしまう心配は不要であり、その強力さゆえにメーカー自身でさえも内部のデータにアクセスすることができないほどです。

しかしながら、この仕組みの中でも特に「ファイル暗号化」という特性がデータの復旧を困難としています。「ファイル暗号化」とはファイルの一つ一つを個別に暗号化する仕組みであり、従来一般的であったディスク全体をまるごと暗号化するような仕組みとは全く異なります。つまり各ファイルには独自の暗号化キーが作成され、仮にデータが削除されるとそれと同時にその暗号化キーも削除されます。

十分な強度で暗号化されたデータをキーなしで復号化することは現実的に不可能とされており、この原理に基づいた安全なデータ消去方法は「暗号化消去(Cryptographic Erase)」とも呼ばれ、世界中の専門家から復旧を不可能とする方法と認識されています。
したがって、iPhoneやAndroidスマートフォンでは、削除済みのファイルや初期化済みのデータの復旧は理論上からして不可能となります。

(出典)
Apple Platform Security
暗号化とデータ保護の概要
ハードウェアセキュリティの概要
システムのセキュリティの概要
Appleのセキュリティ認証について
ファイルベースの暗号化 – Android オープンソース プロジェクト
メタデータ暗号化 – Android オープンソース プロジェクト
NIST Special Publication 800-88 Revision 1
媒体のデータ抹消処理(サニタイズ)に関するガイドライン

削除・初期化の復旧が不可能な理由②

iPhoneならびにAndroidスマートフォンではどちらもデータの保存媒体としてNANDフラッシュメモリが使用されています。

NANDフラッシュメモリにはデータの書き換えを効率的に行うために「ガベージコレクション(Garbage Collection)」と「Trim(正確にはTrimという名称ではないが同等の機能)」という仕組みが備わっています。これは削除されたデータは適宜完全消去を行い、できる限り空き領域を事前に用意しておく仕組みです。つまり完全消去される前でなければデータの復旧はできませんが、この適宜までの猶予は体感で1時間もありません。

この猶予内に専門的な知識とツールを用いて対処を行う必要がありますが、これは当然現実的な話ではなく、したがって削除データや初期化済みデータの復旧は事実上不可能となります。

iPhoneデータ復旧依頼時の障害事例

ハードウェアの故障、ソフトウェアの問題、ユーザーによる操作ミス、または物理的な損害(特に水没)により、重要なデータへのアクセスが失われる可能性があります。それらのデータを取り戻すためにはデータ復旧の手段が必要となります。

問題原因
電源が入らないバッテリーの問題、ハードウェアの故障など複雑な障害が併発している
水没水や他の液体による電気系統における物理的な障害として多い
iPhoneがクラッシュまたはフリーズアプリの不具合、iOSの問題、ストレージひっ迫によるメモリ不足など複雑な障害の場合もある
データが消えた誤ってデータを削除、iOSの問題
iPhoneのリセットまたは初期化ユーザーによる誤操作、ソフトウェアの問題
memo

データ復旧は必ずしも100%成功するわけではないので、定期的なバックアップが重要です。Appleのスタッフに確認してもらってバックアップが存在しない、等の回答を得たとしてもデータがバックアップされている事例がありますので、改めて下記の手順にてご確認ください。

リカバリーモード・バックアップから復元実行は要注意

iTunesでリカバリーモードを実行することで初期化される可能性もあります。そのため、復旧見込みがある確証を持ってから行われることを推奨します。これはDATASMART(データスマート)にご相談いただいた事例としても、非正規の修理店に持ち込まれたiPhoneをデータスマートにて復旧したところ、初期化をされていてデータを抽出することができなかったことがあります。

注意

非正規のiPhone修理店による誤った処置です。iPhoneが実際は動いているのにソフトウェア障害であると判断ミスをし初期化してしまい、データ復旧できない状態になってしまいました。

電源が入らないiPhoneの取り扱いは要注意

電源がはいらなくなったiPhone

電源がはいらなくなったiPhoneは取り扱い・対処を誤るとデータが消失してしまいます。そのため、何か試して自分でやってみるというのは非常に危険です。特に「最新のデータのバックアップができていない」、「大切なデータが壊れたiPhoneにしかない」という時は焦らずご自身で色々と処置せずに、まずこのページをご一読ください。誤った処置や行動をすることで取返しのつかないデータ消失となることがあります。

契約先キャリアショップは本体交換のみ

docomo、au、Softbankで契約したiPhoneをお使いの方がほとんどですが、ショップに持ち込んだとしても電源の入らないiPhoneは本体交換の対応となります。そのため、データが何も保存されていない新品のiPhoneになりますので、データはバックアップから復元する必要があります。また、端末補償サービスに加入している場合ではデータは保証されていません。

Apple(メーカー)も本体交換のみ

キャリアの補償に加入していない場合にはアップルを案内されますが、アップルでもキャリアと同様に本体交換対応となります。なぜならばデータ復旧サービスを提供していないためです。ジーニアスバーで電流が流れているかどうかなどの検査はしてもらえるかもしれませんが、修理のみの対応ですのでデータ復旧はできません。基本的にiTunesやiCloudのバックアップからのデータ復元を推奨しています。

電源の入らないiPhoneからデータを取り出す方法

そのため、電源の入らないiPhoneからデータを取り出す方法は「データ復旧」サービスを提供する専門業者に依頼する必要があります。データを吸い出す、抽出するなど、壊れてしまったiPhoneからデータを移行するために必要です。逆にもう一度スマホを使えるようにするだけであれば契約先のキャリアにご相談ください。

水没して電源の入らないiPhoneからデータ復旧する場合

水没してしまったiPhoneを無理やり起動させようとはしないで、落ち着いて読んでください。仮に海水やプールなどに落としてしまったとするとiPhoneにはシステム的に電源が自動的に切れるようになっています。そのため、水没したiPhoneは電源が入らない状態になっています。これはショートなどの発生による致命的な損傷を防ぐためのセーフモードと言うこともできるかもしれません。

水没してしまった場合には自分で何もしない!

水没の場合の対処は非常に難しいので、セルフチェックできることがありません。どちらかと言えば絶対にやってはいけないこと、やっても効果のないことの列挙はできるのでまとめてみたいと思います。まだ電源が入る!という場合に、データ量もそれほど多くないし、バックアップ方法はわかる!という方や費用をかけたくない方はiTunesに繋いでみるのも手ですが、何よりデータが重要!という場合には以下の絶対にやってはいけないことを守っていただければと思います。

極端な話をすると水没してしまったiPhoneに関しては画面に何か表示されている時に電源が入っている場合には電源を落として、触らずに、ベストなデータ復旧業者へ持ち込むことがおすすめです。

iPhone復元ソフトの使用は初期化のリスクが高い

電源が入らないiPhoneは正直何が内部で起きているかわかりません。表面上は壊れているように見えて、実はiPhoneのOSを含めたソフトウェアは壊れていないで、物理的に壊れている場合があります。その場合にソフトウェアを走らせて、データ復旧を試みると初期化してしまうリスクがあります。iPhoneからデータを何とか取り出そうと考えて検索すると、海外のソフトがたくさん出てきますが、日本の会社はiPhoneのデータ復元ソフトを作っているということはありません。


【関連】:iPhone、iPad、iPod を初期化する (工場出荷時の状態に戻す)

電源の入らないiPhoneからはデータバックアップは作成できない

itunesのロゴ

iPhoneのバックアップをiTunesもしくはiCloudにて行っている場合、電源が入っていて、最後に作成したバックアップまでは作成されています。しかしながら、電源が入らなくなったあとにバックアップを作成することはできません。たとえば、新婚旅行中に撮影した写真があるが、水没させてしまってもう一度撮影できないものであったり、仕事で撮影したデータなどの場合であればデータ復旧する必要があります。バックアップはあくまでもiPhoneの電源が入っている間だけ作成することができるとご理解いただければと思います。

注意!iTunesのバックアップがあっても暗号化なしの場合

iTunesにバックアップがあると言っても、暗号化をかけていないバックアップに関しては完全なバックアップということができません。

電源が入らないiPhoneは基本的に今後長期的に使用することはできないと考えて、新しいデバイスを購入することをおすすめします。その際にiTunesでバックアップを作成した際に暗号化なしだとLINEのトーク履歴やアルバムを初め、その他のサードパーティーアプリ(アップル社以外が開発したアプリ)のアイフォンのデータのバックアップが不完全である可能性が高いです。

写真、動画、連絡先などのデータに関してはアップル社が提供しているアプリに保存されている方がほとんどです。iTunesでバックアップは作成されていますので、それらのデータが重要でLINEに重要なトーク履歴がないという場合にはすでにあるバックアップを利用するのをおすすめします。

iCloudに大切な写真はアップロードされてない?

iCloudはとても便利なツールで年々使いやすさが高まって来ています。ただ、iCloudの無料の容量範囲内だけでバックアップをしていると、大切な写真のデータのバックアップはできていない可能性もあります。ただ、実はiCloudにバックアップがある場合がまれにあります。

【要確認】iCloudの契約容量はiPhoneのストレージより大きい?

一方、使用しているiPhoneよりも小容量でiCloudを契約して使用している場合にはフルバックアップができていない可能性が高いです。重要なデータを選択してiCloudにバックアップをしているのであれば問題ありませんが、iPhoneはフルバックアップができていないと、新しいiPhoneに移行する際にデータをすべて引き継ぐことはできません。

iPhoneの初期化は絶対NG

iPhoneに保存されているデータが重要なら、絶対にやってはいけないことは「iPhoneの初期化」です。バックアップがiTunesやiCloudにない状態でファクトリーリセットをかけてしまったiPhoneからデータを復元するのは非常に困難です。そのため、データがどうしても大切で何としても取り出したい!という場合には初期化しないでください。

iOSのアップデートに失敗した場合

iPhoneの電源が入らない状態になった時に唯一自分で試して見ても良いのは、起動しない原因が「iOSのアップデートの失敗」だとわかっている時にはアップデートを再度実行することができます。ただし、リカバリーモードをすることで初期化されてしまうケースもごくまれに発生します。

データ復旧可能な障害事例

iPhoneが起動しない場合

iPhoneが起動しない場合も電源が入らないと思われることもあるかと思いますが、まずは充電ケーブルが壊れていないか、他の端末は充電されるかなどお試しください。以下のページにトラブルの解決策をまとめています。
【関連】iPhoneが突然シャットダウン・起動しない場合の対処法

電源が入らない場合

電源が入らないiPhoneをリカバリーモードにしない

充電ケーブルをiPhoneに挿さないというのとほとんど同じですが、ライトニングコネクターを繋ぐことで電気が流れてしまい、これによってiPhoneがさらに壊れてしまう可能性があります。もし仮に暗号化したバックアップがiTunesにあるとしたら、LINEなどのトーク履歴やアルバムのデータがあるので、パソコンと接続してみてもよいかもしれません。

水没した場合

水没したiPhoneに対しての対処として行ってはいけない対応があります。最も行ってはいけないのはiPhoneに充電ケーブルを挿すという行為です。

充電ケーブルは絶対に挿してはいけない理由

充電ケーブルをiPhoneに挿した瞬間にiPhoneの内部に電流が流れます。それによって、本体の中に汚れや異物があったらそこが焦げ付いたりすることにより、ショートしてしまいます。これによってiPhoneのマザーボードが壊れてしまうとデータ救出できる可能性が非常に低くなってしまいます。
【関連】iPhoneが水没でショートした!?故障基盤の修理でデータ復旧

iPhoneの電源が入らなくなるのはバッテリーの寿命?

余談ですが、iPhoneの寿命はかんたんに言ってしまえば、バッテリーの寿命とだいたい同じです。iPhoneのリチウムイオン電池は3年程度で完全に劣化します。特にコンパクトなSEなどのモデルに関してはバッテリーも小型であることから容量が大きくはありません。

iPhoneの寿命はだいたい3年程度

充電可能回数が1000回程度なので、1年が365日あって、だいたい3年で電池がダメになってしまうという計算です。しかしながら、電池がへたってしまっても、充電ケーブルを挿してもiPhoneの電源が入らない、起動しないのであれば、バッテリーは関係ないことがわかります。

使用方法・環境によって異なる原因

もちろん人によって利用する方法は様々ですし、充電しながら利用する人もいれば、毎回バッテリーが空になってから充電してフル充電する人もいると思います。また、高温多湿になる環境で普段使われる方、真夏の社内にiPhoneを置いたままに何度もするなど、人間にとっても厳しい環境にあるiPhoneはそれだけダメージを受けます。あくまでも目安ですが3年程度iPhoneを使用したのであれば、壊れる、もしくはバッテリーの持ちが悪くなったなどの劣化や故障は仕方のないことです。今後はバックアップを作成するか、バッテリーの劣化具合をこまめにチェックしてバッテリー交換を適切なタイミングでしてください。

iPhoneが突然壊れる時の原因は複雑

自然故障を含めて、出荷台数も含めて考えると5%程度だと考えられます。そもそも出荷された時点では1%程度です。この場合は基本的にAppleCareでほとんどの場合は保証されます。そのため購入してすぐに急に電源が入らなくなったりする場合は製品の初期不良です。1年以上利用して急に壊れた場合には何らかの要因が重なってしまったことが考えられますが、原因は追求しても答えがでません。

そのため、壊れたiPhoneからデータを取り出すことを考えると、信頼できるデータ復旧業者に持ち込むことがベストな選択だと思います。原因がほとんどわからない上に、対処方法の案がわからないので、できる限りの対処を行う必要があります。

iPhoneの動作が重い、フリーズしてしまう場合

フリーズが多発する状態はかなり危険な状態です。フリーズが多発するという状態に陥っていて、1日に1回程度のフリーズであれば、そこまで気にならないと思いますが、何度もフリーズしてしまう状態は原因が複雑に絡まり合っているので、もしかしたらデータ復旧できる可能性がありますが、システムが壊れてしまっていたらデータの救出は非常に難しいです。できる業者がいるとすると、Appleと提携している会社だけだと思います。

いずれにしてもiPhoneが正常に起動しているうちに自分でバックアップを作成されることをおすすめします。

空き容量1GB未満の時は注意が必要

iPhoneの空き容量が0に限りなく近い状態で、1GB未満の時には起動しなくなってしまう可能性があります。ストレージに空き容量がないことが原因でシステムが壊れてしまうことが原因です。これで壊れてしまった場合にはメーカーでの本体交換になる可能性が極めて高いです。システムが壊れてしまった時点でデータ復旧専門業者での取り扱いが非常に難しくなってしまいます。

iPhoneが突然死…シャットダウンしてしまった

まずはiPhoneが突然シャットダウンして起動しなくなってしまった場合に関してです。この症状の場合、バッテリーの劣化が原因でiPhoneが立ち上がることができなくなってしまっている可能性もありますが、突然のことであるとすると修理屋さんに相談をしたとしても原因の特定は困難を極めます。

参考:iPhoneが突然死…シャットダウンし起動しない!バッテリー交換でデータ取り出し

電源が入らないiPhoneをデータ復旧業者に持ち込んだとしても、診断をし、できる限りすべての原因を調査してから作業にあたる必要があります。そんなに重要なデータは入ってないので、費用もかけられない!自分でデータ復旧をしてみたい!という方もいらっしゃるかと思います。その場合であってもセルフチェックでかんたんに判別できるので、下記の方法を試してみてください。

Apple純正メーカーの充電ケーブルの使用を使っていますか?

一番簡単なチェック方法としては、充電ケーブル(ライトニングコネクター)を電源が入らなくなっているiPhoneに接続することです。これでiPhoneに何かしらの反応があれば、iPhone自体は正常に動作する可能性があります。場合によってはケーブルが劣化しているために充電が正常にできなくて、チャージされていない可能性があります。そのため、自宅にある他の充電ケーブルや知人のケーブルなどを借りる、もしくは新規購入することで試すことができます。

この際に注意が必要なのが、充電ケーブルがアップル公式の純正ケーブルを使用していることです。100均でも最近充電ケーブルを販売していますが、純正のケーブルではないので、アップルの認証を通しているかどうかHPや購入店舗に確認しても良いかもしれません。

注意点①充電ケーブルの劣化

充電ケーブルを挿し込んでもiPhoneが反応しない場合には充電ケーブルが壊れている場合が稀にあります。充電ケーブル内部が断線していないかどうかを確認する必要があるので、他のiPhoneに接続してみて確認してみてください。もしくは他に充電ケーブルがあれば、それを試してみてください。

注意点②携帯キャリアショップには持ち込み不可

データを初期化して修理・交換サービスを提供するdocomoショップ、auショップ、ソフトバンクショップなどの契約先携帯ショップへの持ち込みをして修理を依頼するとiPhoneが本体交換となりますので、バックアップがない状態でデータを取り出したい場合には利用を控えてください。

注意点③アップルストアでは対応不可

アップルストアやアップル認定の公式サービスプロバイダー(カメラのキタムラ、クイックガレージなど)にバッテリー交換を依頼する場合も同様に新品と交換となります。そのためデータが何もないまっさらなiPhoneが手元に届きます。また、データ復旧サービスの提供はありません。

【参考】:アップルストアではデータ復旧非対応

注意点④水没はiPhoneショートのもと

もし仮に自分が見ていない環境でiPhoneが水没してしまった場合には電流が流れるとマザーボード(基板)がショートしてしまう可能性が高いので、注意してください。特にお子さんのいる家庭や同棲している方がいる場合には見てないうちに実は飲み物をかけてしまったけれども黙っているという場合もあります。水没したiPhoneに対しての通電(電源を入れて電気を流すこと)によって基板上の重要なチップまで損傷してしまう可能性があります。

関連:iPhoneが水没でショートした!?基盤故障を修理でデータ復旧

データのバックアップの重要性

バックアップを作成しておくことは何かトラブルに巻き込まれた時に非常に有益です。ある意味ではバックアップは保険のようなものです。それを自分でやるか、難しいからと言って先延ばししてしまうか、旅行先でバックアップができなかったという不運な場合もあるかもしれませんが、iTunesもしくはiCloudを使用したバックアップの作成をおすすめします。

よくある質問

iPhoneのデータ復旧についてよくいただく質問と回答をまとめてご紹介します。

電源が入らないiPhoneは起動するようになる?

いいえ。電源が入らないiPhoneを起動するための修理作業は行っておりませんので復旧したデータのみが納品物となります。修理を行うプロセスとデータ復旧を行うプロセスが真逆であるため、修理作業を行うことで状態が悪化し、データ復旧できなくなることを避けるためです。

データ復旧は何をするの?

データ復旧は単純な部品交換や基板修理を行うのではなく、まず専用設備を用いて診断を行います。その結果をもとに、あらゆるデータ復旧作業の中から最もデータ復旧率が高いアプローチを採用します。

iPhoneデータ復旧っていくらかかるの?

iPhoneのデータ復旧は5万円以上の料金がかかります。まずは、ご自身の身の回りにあるもの(パソコン、iCloudの設定、キャリアの契約)をまず調べられることをおすすめします。

何でスマートフォンのデータ復旧技術があるの?

DATASMARTを運営する株式会社ブレイディアでは総務省登録修理業者として登録された日本で初めての街中のAndroidスマホの修理サービス「SMARTFIX」を運営しております。多店舗展開することなく、そこで培った技術力や高いスキルを持ったエンジニアを集結して開発した新規事業が「DATASMART」です。(現在は法人向けスマートフォンの修理サービスのみとなっています。)

診断してからキャンセルはできるの?

無料の診断をご利用後のキャンセルは可能です。データ復旧のプロに依頼するということはそれなりの費用が発生するのも事実です。そのため、データ抽出のためのベストな選択をするのか、諦めるのかを判断することが可能です。

まとめ

電源が入らないiPhoneのデータ復旧は、水没してしまった、アップデートに失敗してしまった、突然死んでしまったなどの症状がありますが、まずは自分で何とかしようとしないことが肝心です。大切なデータを復旧したいのであれば、なおさらに中途半端な対応によって取り返しのつかない悪手になってしまいます。データを取り出せる確率を高めるための選択肢として最もおすすめできるのはデータ復旧専門業者への相談です。

この記事を監修した専門家

データ復旧の専門家
DATASMART編集部
データ復旧において捜査機関をはじめとする行政機関に技術協力をしているDATASMARTの編集部です。

【iPhone(アイフォン)データ復旧・復元】サービス」への2件のフィードバック

  1. お世話になります。
    iphoneの電源が入らないのですが
    中のデータ 特に写真など消さずに 修理することは可能でしょうか。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    1. コメントいただきありがとうございます。
      データを取り出すことはできる可能性がございます。
      一度電源がはいらなくなったiPhoneは修理して長期的に動作する保証がないため、
      データが重要であればDATASMARTにご相談くださいませ。

コメントは受け付けていません。

トップへ戻る